iPadスクリーンショット

説明

「肝臓いきいきおいしいごはん 秋」は、久留米大学の専門医が企画監修した秋味満載の2作目アプリ。1作目アプリより読みやすい文字にしました。 日頃の生活習慣を見直し肝臓を元気にしたい方や、肝臓がんになるリスクを減らし、がんの予防に取り組みたい方をサポート。肝臓病の正しい知識と食事によるがんの予防知識を学びながら、理想摂取エネルギーに沿って献立を提供する教材です。あなたの健康管理や病気の予防にぜひご活用ください。
食事療法が肝臓のはたらきを改善し、肝臓がんの予防として大切な治療法の1つであることがわかってきました。食事療法は、自分で実践できる治療法です。そのためにも、理想摂取エネルギーや食事量を学習し、正しい栄養知識を身につけましょう。
本アプリは、肝臓を正しく理解するための基本知識(「肝臓病のまめ知識」)と具体的に役立つ献立(「一日分の献立を考える」)の2部構成で、理論と実践を学ぶことができます。医療従事者が患者さんに説明を行う場合の補助ツールとして利用することもできますし、患者さん自身で学習することもできます。
一度、インストールすれば、インターネット環境がなくても利用可能です。

■ 特徴
・専門医が考案した国内初のアプリ
・秋バージョンは、夏の疲れを吹き飛ばす献立をご紹介!
・使い方はとっても簡単!
・何をどのくらい食べれば、理想摂取エネルギーに近づくのかをゲーム感覚で学ぶことができます。
・料理の写真をタップすると、別の料理と交換することも簡単ですし、作り方も表示されます。
・理論と実践の2部構成
・「肝臓病のまめ知識」では、肝臓病と肝外病変に関する基本的な知識を学べます。
・肝臓がんになる人・ならない人の違いがわかります。

■ 機能
・年齢・性別・身長を入力して、簡単に一日の理想摂取エネルギーを設定できます。
・肝臓病を患っている方は、肝臓病に適した理想摂取エネルギーを設定できます。
・食材を選べば、一日分の献立が自動的に表示されます。
・理想摂取エネルギー量を超えると、わかりやすく警告されます。
・料理を取り替えて、エネルギー量を調整できます。
・組み立てた献立のレシピが見られます。

・・・・
■ 企画・監修・著作
・長尾 由実子(久留米大学医学部消化器疾患情報講座 准教授)医学博士、口腔外科専門医
・佐田 通夫(久留米大学医学部消化器疾患情報講座・内科学講座消化器内科部門 教授)医学博士、肝臓専門医、消化器病専門医

■ 献立企画(久留米大学病院 管理栄養士)
・大塚 百香
・内田 夕希
・永松 あゆ

■ 調理(久留米大学病院 調理師)
・久松 栄治
・堤 良行

■ アプリケーション設計
・(株)アリスマジック
・(株)SAT
・・・・
肝臓を元気にしたい方、肝臓がんを予防したい方、医療従事者の方々に便利にご利用いただくため、随時改善に努めております。
本アプリケーションにて提供している情報データの内容及び機能につきましては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。本データは参考情報としてご利用ください。
また、ご利用に基づくいかなる損害に対しても一切責任は負いかねますので予めご了承ください。

新機能

バージョン 1.2.5

iOS11に対応しました。

評価とレビュー

5.0/5
1件の評価

1件の評価

患者サポーター

まってました!

食欲の秋、食材も豊富な秋の食事で大変参考になります!
冬が楽しみ!

情報

販売元
SAT, Inc.
サイズ
27.1MB
カテゴリ
メディカル
互換性

iOS 10.0以降。iPad対応。

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© KURUME UNIVERSITY
価格
¥1,800

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp