1万語英語多読(2‪)‬ 9+

Ahwin Co., ltd.

iPad対応

    • 2.5 • 2件の評価
    • ¥320

スクリーンショット

説明

■リーディング(読む)の画面操作
・ページめくり(ページを進める)
 画面の右端をタップ
・逆のページめくり(ページを戻る)
 画面の左端をタップ
・ホームに戻る
 左スワイプ or 画面左上のbackボタンをタップ
--------------------------------------------

英語の多読をするならこの多読応援アプリです。
Vol.1〜3までは、どれからでも始められます。

かんたんな英語の絵本や童話を読んで、多読をすすめられます。
英語の絵本・童話と言ってもこの多読応援アプリには「3匹のこぶた」「3匹のくま」「小人のくつ屋」など全部で11話が収められていて総語数は1万語に及びます。
絵本なので初心者向けですが、個人差もございますのでご購入の前にスクリーンショットで絵本の画面をご確認ください。

SSSの推奨する英語の100万語多読を実践している人にはオススメのアプリです。
SSS式多読の効果を裏付ける3原則になるべく沿うかたちでできているからです。

【SSS式多読の3原則】
1.辞書は引かない
2.分からないところは飛ばして前へ進む
3.つまらなくなったら止める

もうひとつのオススメの理由は、私も経験しているのですが、初心者の場合、100万語多読のスタートは1冊数ページ(1000語程度)のペーパーバック(洋書)から始めることが多いのですが・・・。この数ページのペーパーバック1冊の値段がだいたい500円程します。
つまり1,000語程度の洋書を読むのに約500円かかり、最初の1万語をクリアするのに5,000円もかかる計算になります。
この金額が100万語を目指す多読初心者には重荷ではないかと思います。
その一助にでもなればと思い作成したのがこの多読応援アプリでもあります。
ひとつのアプリで1万語をクリアできます。

600語程度のストーリーがいくつもあるので、電車での移動、一人で食事をしている時間や寝る前の5分といったスキマ時間を使った多読が可能になります。


※レベル的にはSSSの読みやさすレベル1に近い絵本を用意するように心掛けていますが
パブリックドメインの絵本を使用していますので、古い言い回しや難しい単語などもあるため少し難しく感じるかもしれません。
ただ、単語一語一語を訳すのではなく、なんとなく全体をつかむのが多読です。挿絵も入っているのでストーリーの内容もお楽しみいただけると思います。
※100万語多読とは、自分の英語力に適した難易度の英語の本を、100万語を目指して読んでいくうちに英語の力が身につくという学習法です。

コンテンツ(絵本:11本/総語数:10081)

100万語多読の一助にこの多読アプリを有効活用いただければとても嬉しいです。

新機能

バージョン 3.3

各ページからホームに戻る際のタップとスワイプ反応の改善。

評価とレビュー

2.5/5
2件の評価

2件の評価

Ryuuuspin

内容はとてもいいです

しかし、新しい仕様はダブルタップでページ一覧を出せても戻せなかったり、出せないときがあったりと不便です

jun.s.n

ページがめくれません

最新のiOSではまともにら動きません。ページがめくれないです。
売るのやめるか直すかしてください。

むぅちょ~

スマホと多読は相性がいい

多読のアプリがあるとは。セールで知り購入。
1話あたりの語数が1000前後なので電車の中で読むにはちょうどよい。
各話、表紙に語数が記載されているので多読の記録にも困らない。
電車での移動が多いので、スマホで多読ができるのはありがたい。

Appのプライバシー

デベロッパである"Ahwin Co., ltd."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

エンターテインメント
エンターテインメント
教育
教育
教育
教育

他のおすすめ

教育
教育
教育
教育
教育
教育