スクリーンショット

説明

視差効果に対応した「ロック中の画面」用にカレンダー付きの壁紙を作成するアプリです。

使い方 :

※ 最初にアプリ内の設定にある "視差効果を減らす" スイッチを、iPhone (iPad) の設定にある "視差効果を減らす" スイッチと同じにしてください。

1) 写真ボタンをタップし、壁紙に設定をしたい画像を選択します。
 写真の移動と拡大・縮小ができます。
 "静止画 / 視差効果" を切り替えて iPhone を傾け、調整してください。

2) 画面上のカレンダーをタップすると、カレンダーの移動と拡大・縮小ができます。
 表示されているカレンダーを長押しすると年月を変更できます。
 [ + ] ボタンでカレンダーを追加できます。表示したい月を選択してください。(日はいつでも OK)

3) 一番右の "アクション" ボタンをタップして写真アプリのカメラロールに保存したり、Twitter や Facebook、LINE などでシェアできます。

4) 写真アプリで保存した画像を "壁紙" に設定するか、設定アプリで "壁紙" に設定します。

機能 :

· 視差効果に対応した壁紙の保存に対応しています。

· 作成した壁紙を Twitter や Facebook、LINE などにシェアできます。

· 日本とタイ王国は2016年12月まで、アメリカとフランスは2017年の12月までの祝日に対応しています。2017年以降のカレンダーと祝日情報は今後の更新で対応予定です。

· 週の始まりの曜日を変更できます。

· フォントを設定できます。

· 平日 / 日曜 (祝日) / 土曜日の文字色を設定できます。

· 月の表示言語は iOS が表示できる全ての言語に対応しています。現在ご利用の言語以外を使用する場合、次のステップを行ってシステムに言語を追加する必要があります。

1. 「設定」アプリを開きます。
2. 「一般」から「言語と地域」に移動します。
3. 「ほかの言語...」をタップして、使用したい言語 (英語) にチェックを入れて、右上の「完了」をタップし、「日本語を使い続ける」をタップします。

※ iOS の制限により、本アプリケーション上から壁紙の変更をすることはできません。

新機能

バージョン 4.9

• 2018年の祝日を反映しました。
• iPhone X に対応しました。

評価とレビュー

2.8/5
56件の評価

56件の評価

お腹いっぱいでしあわせ

こ時間と日付

壁紙に固定するということは、カレンダー部分以外の時間、今日の日付は自動で更新されないということなのかな。
また、ウィジットでさらに表示されればもっといいなと思うけれど。
一番初めのiPhoneは、ロック画面で西暦、月、日が確認できたのに今は月と日にちだけしか表示されなくなってしまったので、それに代わるものを探しています。
ロック画面で、西暦、和暦、月日、曜日、全てが確認でき、さらに毎日更新しなくても大丈夫なものを探しています。
なかなかないですね。。。

hyamasak

写真の回転機能があれば

カメラロールの写真を選ぶとほとんどが逆さまになってしまう。
写真が回転できればもんだいないのだが…

bookcollecter

カレンダーの月の変更方法がよくわからない

アプリの詳細には、カレンダーを長押しすると月を変更できる。とありますが、カレンダーを長押ししても壁紙変更のメニューが出てきてしまい、月の変更をすることができません。

色々と試すうち、以下の方法で変更することができました。
カレンダーと、カレンダーの外の空いているスペースを同時に、それぞれ違う指で長押しすると出てきました。
私の場合は、親指でカレンダーを、人差し指でカレンダーの外を同時に長押しすると、親指で押さえているカレンダーの月変更画面が出てきました。

カレンダーの月変更方法を見直すか正しい方法の案内を載せて欲しいです。

それ以外についてはとても綺麗にカレンダーを作成できるのでとても満足しています。

情報

販売元
Stylegraph Inc.
サイズ
21.6MB
互換性

iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、 簡体字中国語、 繁体字中国語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ