スクリーンショット

説明

近代の日本および台湾の歴史を、詳細な解説と当時の貴重な写真や動画で読み解くビジュアルコンテンツアプリケーションです。
コンテンツはアプリ内で購入・閲覧することができます。

■第一弾として、「台湾・霧社事件」の謎に迫る、革新的なビジュアルコンテンツが登場!
映画『セデック・バレ』でも描かれた、この衝撃的な事件はなぜ起きたのか。

1930年10月27日、日本統治下の植民地台湾の霧社で、セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心に台湾原住民の男たちが日本人を襲撃し、女・子供を含む約140人を殺害した。
「霧社事件」と呼ばれるこの凄惨な事件は、なぜ起きてしまったのか。
日本の軍隊と警察はどう対応したのか。
そして、この事件はその後の日台関係に何をもたらしたのか。
霧社事件研究に長年取り組んできた春山明哲氏が、各方面の研究結果をビジュアルコンテンツとして1本のアプリにまとめた。
膨大な歴史資料から見えてくる真実とは・・・。

□ 「霧社事件」前史から戦後史に至るまでの流れを詳細に解説
□ 160点以上に及ぶ写真資料から、図版、史料、当時のニュース映像までを収録
□ 事件に関係する位置情報を表示する地図表示モード
□ 地図の位置情報から関連する記事を直接アクセス可能
□ 事件発生当日の襲撃経過を地図上で解説
□ 「霧社事件」に関係する人物の詳細プロフィルを収録
□ 学術・研究の参考用、および歴史授業の教材として最適

著者
春山 明哲 (はるやま・めいてつ)
1946年東京都生まれ。東京大学大学院工学研究科修士課程(応用化学)。
1974年に国立国会図書館入館、国会分館長、調査及び立法考査局専門調査員
を経て、2007年退職。その後、早稲田大学非常勤講師、一橋大学非常勤講師、
日本台湾学会理事長などを経て、現在は早稲田大学台湾研究所客員上級
研究員を務める。専攻は台湾史、近代日本政治史、図書館文化史。
著書に『近代日本と台湾』(藤原書店、2008年)がある。

目次
・序章 日本と台湾のかかわり
・第1章 霧社事件の前史
・第2章 霧社蜂起と山岳戦の展開
・第3章 昭和史の中の霧社事件
・第4章 霧社事件の戦後史
・人物プロフィル
・参考文献と関連ウェブサイト

機能
・素早く、簡単に操作できるビジュアル目次
・紙の書籍をめくるような操作感を提供するページサムネイル
・各記事に連動した写真のスライドショー表示

新機能

バージョン 1.2.0

・64bitデバイスに対応しました。
・空き容量に起因する不具合を修正しました。

評価とレビュー

1.0/5
1件の評価

1件の評価

ちょう〜ひまじん

ありえない

アップデートしたら開くとすぐ落ちる!

情報

販売元
PICO HOUSE CO.,LTD.
サイズ
8.6MB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
このアプリケーションのダウンロードは、17才以上の方が対象です。
頻繁/極度な過激バイオレンス
Copyright
© Pico House Co.,Ltd.
価格
無料
App内課金有り
  1. ビジュアルコンテンツ 台湾・霧社事件への招待 ¥1,200

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ