iPadスクリーンショット

説明

*** APPLE DESIGN AWARD WINNER 2017 ***

受賞経験をもつタスク管理Appが新しくなって再登場しました。タイムレスな新しいデザイン、ワクワクする操作性、そして考え抜かれたパワフルな機能を搭載して。


THINGSの機能について

Thingsは初めてですか。基本のワークフローをご紹介しましょう:

1.アイデアを集める
頭の中にあるものをすばやく書き出しましょう。Thingsのアクション機能拡張をAppから使用する、またはSiriに話しかけると、受信にTo-Doを追加できます。

2.整理する
目標や目的が決まったら、それぞれをプロジェクトに作成して、To-Doを追加して始めましょう。見出しを使ってプロジェクトに構成を持たせ、よりわかりやすくしましょう。また、プロジェクトを自分の役割のエリアに合わせてグループ化しておくこともできます: “家族”、“仕事”、“アクティビティ”…など定期的にこれらを確認して、管理しましょう。

3.時間管理
あなたの時間を効率的に管理しましょう。To-Doと一緒にカレンダーイベントを表示して、週単位の計画を立てましょう。習慣にしたいことは繰り返しTo-Doとして作成すれば、Thingsが目標を達成するお手伝いをします。

4.1日を最大限活用する
毎朝、コーヒーを飲みながら、今日1日のマスタープランを立てませんか。前に計画したTo-Doを確認し、取り組むべき課題をすばやく決断する。プロジェクトから今日完了したい項目を選んだら、1日の始まりです。“今日”のリストを作成してしまえば、あとは1日それを確認するだけ。

5.ワークフローをカスタマイズ
カスタムタグを利用してTo-Doにタグを割り当てましょう。“重要”、“用事”、“オフィス”にいる間に済ませたいこと、“ケイト”との共同作業など、使い方は自由自在です。タグを使えば、リストをフィルタしたり、全リストから検索するのも簡単です。


THINGSをオススメする理由

1.邪魔にならない。
Thingsを使い始めると、すべての機能がシームレスに連係し、整理整頓された集中しやすい環境になっているかをすぐに気づくことでしょう。不必要なおまけの機能はありません。あなたとあなたのTo-Doだけです。

2.すべてはTo-Doを中心に回っています。
ThingsにとってTo-Doは特別なものです。リストには、チェックボックスとタイトルがもっともコンパクトな形で表示されています。しかし、開くと、美しい白紙のスペースとなってあなたのアイデアを書き留めておけます。また、必要に応じてチェックリストやタグ、リマインダーや期限を追加することもできます。

3.裏技もご紹介しておきましょう。
リストのどこにでもTo-Doを挿入できる魔法の“+”ボタンのように、ドラッグ&ドロップでもTo-Doを追加できます。多くのTo-Doを1度に操作できるので簡単です。または、自然な言葉で日付を入力すると解析されます。例えば、“明日”、“4日後”、“次の水曜日”などと入力すると、変換が開始されます。

4.Thingsはもっとも精巧に作られたiOS Appの1つです。
最新のiOSテクノロジーと完全統合されています: “今日”ウィジェット、Slide Over、Split View、キーボードショートカット、アクション機能拡張、Handoff、カレンダー、リマインダー、および通知。ここに挙げていないその他の機能もあるでしょう。

5.その他数々あります。
皆さまのお気に入り機能をすべて紹介するのは不可能です。弊社webサイトからユーザのみなさまのThingsの好きな点をご覧ください:thingsapp.com


このバージョンの新機能をすべてご覧ください

以下の“新機能”のセクションでは新機能をご紹介しています。ぜひご覧ください。


IPHONEとAPPLE WATCHとMACでプロダクティビティを

Things for iPhoneとThings for Apple WatchとThings for Macを入手してプロダクティビティを上げてください (別売り)。すべてのAppは、Thingsのための無料の同期サービスThings Cloud経由でアップデートされます。


ご質問ですか?

ご質問、または問題がある場合はいつでもお問い合わせください。Thingsのことならなんでもお答えできる世界一流のプロのサポートチームが対応しています。喜んでお手伝いします。

新機能

バージョン 3.10.7

• 不具合を修正し、安定性が向上しました。


THINGS 3.10

皆さん、こんにちは。素敵な夏をお過ごしでしょうか。

Appleのデベロッパーカンファレンス以来、PadOS、iOS 13、およびwatchOS 6に対応する、秋のアップデートに向けてせっせと仕事を続けてきました。今回のアップデートは多くの新機能を搭載したとってもエキサイティングなアップデートです。どうぞお楽しみください!



複数のウインドウ
このすばらしい新機能をサポートするために、iPadバージョンを完全に見直しました。新しく、Macのように、複数のウインドウを同時に開くことができます。
• 新規ウインドウを開くには、Dockから画面の端にAppアイコンをドラッグしてください。
• これらのウインドウには、Split Viewで他のAppとThingsを、Split Viewで2つのThingsウインドウを、またはSlide OverでThingsをパネルとして表示することができます。
• 2つのThingsウインドウで作業中には、2つのウインドウ間でTo-Doをドラッグ&ドロップすることができます。
• 開いているThingsウインドウをすべて表示するには、Appアイコンをタップして押したままにし、“すべてのウインドウを表示”を選択してください。
• Macのようにキーボードショートカットを使用できます:新規ウインドウには、“Cmdキー+Ctrlキー+N”を、 ウインドウ間をタブするには、“Cmdキー+` ”を、ウインドウを閉じるには、“Cmdキー+W”を使用してください。

ホーム画面上のTHINGS
iPadOSは新しく、ホーム画面の左側にウィジェットをピンできるようになったので、いつでもウィジェット表示しておくことができます。Thingsのウィジェットを細部まで調整したので、ライトモードとダークモードのどちらも美しい仕上がりになりました。

ショートカット
ショートカットが今年、大幅な見直しがなされたことに伴い、それらのすばらしい新機能へのサポートを追加しました。従って、これまで作成されたショートカットはすべて再構築される必要があります。
• 新しく、“ショートカット”Appに4つの正式なThingsのアクションが含まれています:To-Doを追加、To-Doを表示、リストを表示、Things URLを実行。
• “設定” > “Siri&ショートカット”と進み、最初のショートカットの作成方法についてのヒントをご覧ください。
• “ThingsのTo-Do項目を追加”という古いアクションは“ショートカット”Appにまだ表示されていますが、 使用しないでください (いずれ削除されます)。

新しい、共有機能拡張
他のAppからThingsに共有する機能拡張は、これまでアクション機能拡張でした (グレーのボタンの共有シートの列にありました) 。新しく、それが共有機能拡張に変換され、代わってカラーのAppアイコンの行から利用できるようになりました。
• 新しく、App内の新規To-Doのポップオーバーのような表示なりました。
• 新規To-Doのターゲットリストを選択できるようになりました。

システムのダークモード
新しく、OSがシステム全体に使用できるダークモード設定を採用したため、そのフルサポートを追加しました。
• つまり、Thingsの画面の明るさを基にした切り替えが削除され、新しく、システム全体の設定を採用しました (但し、 Thingsのモードを手動で切り替えるように設定している場合は、その限りではありません。手動で切り替えるオプションはまだ利用できます).
• iPadOSの複数ウインドウの環境のカラーパレットを入念に調整しました。

新しいジェスチャ
ThingsはiPadOSおよびiOS 13の新しいテキストジェスチャをサポートしています。これらのジェスチャを使うと、選択、コピー、およびペーストがさらに簡単になります。また、スワイプを使ってタイプ入力を取り消すことができます。詳しい情報は Appleのドキュメントを参照してください。

リマインダーのインボックス
今年、Appleの“リマインダー”Appにかなりの変更が加えられました。ThingsのインボックスにTo-Doを追加する既存の機能にもリメイクを施しました。

リマインダーを読み込む
また、“リマインダー”のデータベース全体をThingsに移行したいユーザのために、新しく“リマインダーの読み込み”機能を追加しました。この機能は、“設定” > “読み込む”から利用してください。

アクセシビリティ
新しく、ThingsはVoice Overおよび新しい音声コントロール機能のサポートを改良しました。特に、リストの操作とスクロール、To-Doの編集、およびTo-Doの並べ替えに関する機能が改良されました。

評価とレビュー

4.7/5
387件の評価

387件の評価

ぞうのおはなはながいのね

感謝

ダークモード、素晴らしいです!新たな気分で日々の務めに向き合うのは、大切だと思います。Thigsは、私の生活から切り離せない重要なツールになっています。心から感謝いたします。
今のままでも十分なのですが、各タスクを指定日時まで完了させるのに役立つ機能が追加されるなら、最高です。タイマーや、ストップウォッチのような機能を通して、「日」という単位の管理だけでなく、「リアルタイム」の管理ができるなら、最強のパートナーになります。
2018年、素晴らしいサービスを提供してくださり、ありがとうございました!

Robert Inglott

OmniFocusと遂に決別、シンプルな画面でat a glance!

Thingsはとにかく見やすいです。長年OmniFocusを使ってきましたが、現状をat-a-glanceで認識するには複雑すぎてあまりうまくないな…って正直思ってました。でもOmniのアプリを使いこなしてるという自己満で苦しみながら?使ってきたというのが実際でした。Thingsはずっと持っていたのですが、Ver3にアップデートしてから本格的に使い始めました。To-Doの中に作れるエリア、チェックリスト…とても使いやすくて、本日OmniFocusからの移住が完了しました。しっかりビジネスに、パーソナルに使い倒していくつもりです

10月の

使いやすいが細かいところで不満も

この手のタスク管理アプリは初めてで3ヶ月ほど使ってみました。
良い点は頭の中が整理されると言う点ですね。
ボトムアップ型ながら地道に目標に近づける実感があります。
不満な点はバッジの数字が当日に何故か出てこないことがある部分と、繰り返し設定で毎月第2月曜みたいな細かい設定が出来ないという点があります。
アプリにしてはそこそこ高額なものですしなんとかならないものでしょうか?

情報

販売元
Cultured Code GmbH & Co. KG
サイズ
49.6MB
カテゴリ
Productivity
互換性

iOS 12.0以降。iPad対応。

言語

日本語, イタリア語, スペイン語, ドイツ語, フランス語, ロシア語, 簡体字中国語, 繁体字中国語, 英語

年齢
4+
Copyright
価格
¥2,440

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

  • Siri

    声だけを使って、このアプリ内でタスクを片付けよう。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ