スクリーンショット

説明

KQ Dixieは1980年代に登場したシンセサイザーを基にした6オペレーターのFM音源アプリです。

FMシンセサイザーとは、音の波形を周波数変調(Frequency Modulation)にて変調して出力するシンセサイザーです。
それまでのアナログ方式では得られない、リッチでブリリアントな音色が楽しめます。
この変調方式はラジオに用いられているものと同じで、複雑な波形を少しの変調で得ることができます。
1980年代にこの方式のシンセサイザーが発売されてからブームが起き、一世を風靡しました。
日本では少し前まで携帯電話の着信音などに使われていました。

当アプリは、156個のボイスパラメーターを編集して、自由な音作りを可能にしております。
マルチティンバーとフィルター、ディレイ以外のほとんどすべてのパラメーターはDX7と互換性があります。

32ビットのデバイスでの動作は保証できません。(おそらく動きます。)
*** iPhone 4Sではレイアウトが崩れます。 ***
Audio Unit v3に対応しています。
Audiobusに対応しています。
Inter-App Audioに対応しています。
32種類のアルゴリズムを実装しています。
外部のMIDI入出力機器を用いてDX7と接続すると、DX7の音色を管理することができます。
DX7のシステムエクスクルーシブメッセージ(SysEx)及びsyxファイルに対応しています。
Zipファイルに対応しています。
外部/バーチャルMIDIに対応しています。
インターネットで互換性のあるボイスデータが大量に見つかるかもしれません。
マルチティンバーとユニゾン機能があります。

DXはヤマハ株式会社の商標です。
作者はヤマハ株式会社とは一切ビジネス的な関係がありません。

もしバグがありましたら、Dixie Performanceを私まで送ってください。
https://www.kiraqtech.jp/blog/contact-ja/

新機能

バージョン 2.0.6

バージョン2.0.5:
いくつかのバグを修正しました:
- Zipファイルのサブフォルダー内でアンドゥができませんでした。(アンドゥ・リドゥを使うと音色を選ぶのが簡単になります。)
- Quick-Saveができない場合がありました。
その他小さな修正をしました。

バージョン2.0.6
ティンバーの消音時にXを表示します。
Dixie Performance読み込み時に消音状態をリセットします。

評価とレビュー

4.8/5
17件の評価

17件の評価

CafeExpressoOnly

editor

音質バッチリ。ちょいマイルドな仕上がり。
フィルターも嬉しい、FMしてると欲しくなることがありますね。
編集インターフェースもそうそう!っていいたくなる再現度。
音量はアイフォーンのスピーカーじゃなくて
イヤフォンとか外部スピーカーならふつうかと。
あとはSysEXが本家とやりとりできたら嬉しいところ。

デベロッパの回答

レビューありがとうございます。
設定のMIDIデバイスから、MIDIの送信先を選択すれば、SysExを外部に送信できます。

ken_ichit

出音が小さい

音はとても良いのですが、出音があまりに小さすぎて、ライブ演奏には使えませんでした。制作に使うのには非常に良いのではないのでしょうか。

デベロッパの回答

レビューありがとうございます。
バージョン2.0から、音量ブースト機能を搭載しました。また、マルチティンバーで音を重ねると、それだけ大きな音が出ます。
音割れの可能性は上がりますが、ぜひお使いください。

情報

販売元
Ryouta Kira
サイズ
5.8MB
カテゴリ
ミュージック
互換性

iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2018-2019 KIRA Ryouta
価格
¥480

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ