LadioCast 4+

Yosirou Sawayanagi

    • 4.1 • 44件の評価
    • 無料

スクリーンショット

説明

LadioCastはMac OS X上で動作するインターネットラジオ放送ソフトウェアです。以下のような特徴を持っています。

* Icecast, RTMP, SHOUTcast形式の音声放送
* 複数のサーバーへ同時に音声ストリーミングを送信することが可能
* エンコーディングフォーマットとしてOgg Vorbis・MP3・AAC・HE-AAC・Ogg Opus・Ogg PCMに対応
* 4イン/4アウト/4バスのミキサーを装備し、入力デバイスから出力デバイスへオーディオデータを自由にルーティング
* AppleScriptにより接続イベントをコントロール可能
* SSL対応

新機能

バージョン 0.13.0

• 入力のステレオチャンネルを個々にパンできる機能を削除
• マルチチャンネルオーディオデバイスの任意の入力チャンネルをステレオにマッピングできる機能を追加

評価とレビュー

4.1/5
44件の評価

44件の評価

@no_numberer_gh

起動しながら持ち歩くとバッテリー切れ

基本的な利用に関しては大変満足している一方で、利用していない時にはプロセスごと落とさないと痛い目を見ます。

LadioCastは、アクティビティモニタで見ていると「エネルギー」タブの中で「Preventing Sleep」がYesの唯一のAppとして分類されており、起動時にはMacがSleepしません。
特に持ち歩き時に起動しっぱなしにしてしまうと、Macを閉じていてもバッテリー切れになることがあります。

スリープを妨げないようにできるアップデートを期待しています。

Sakipapa

Apple Silicon対応を

Rosetta 2で動作しているのですが、Apple Siliconでネイティブ動作すれば、さらに素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれると期待しています。
仮想音声デバイスはBlackHoleもApple Siliconに対応していますし、良いパフォーマンスを発揮してくれています。
Audio MIDI設定で複数出力装置を設定すれば、似たようなことはできないわけでもないのですが、やはりLadio Castほどかゆいところに手が届きません。

Clomy17

突然

SoundFlowerが反応しなくなった。まだ使って三日なのに

Appのプライバシー

デベロッパである"Yosirou Sawayanagi"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。