スクリーンショット

説明

「ランチャー」は、ウィジェットを起動するオリジナルアプリで、今もベストアプリです!

ランチャー 5 はこれまでで最大のアップデートであり、これまでにない方法で iPhone のホーム画面をカスタマイズできます。 そうです。iOS 14 ではホーム画面にランチャーの強力なウィジェットが備わっています! (iPhone のみ)

80 か国以上で仕事効率化アプリのトップ 10 にランクイン!

「1 回スワイプするだけでお気に入りのアプリにアクセスできるので、すべての iDevice ユーザーにお勧めします」- AppAdvice.com
「現在公開されている最もフレキシブルなウィジェットの 1 つです。」 - Gizmodo.com
"iOS の使用を実際の方法でスピードアップします。" - Tidbits.com
「現在公開されている時間節約のための最高のアプリの 1 つです。」" - BusinessInsider.com

ランチャー ウィジェットでタップするだけで、次のことができます:

- 最も頻繁に連絡する人たちに電話をかける/メールを送る/Facetime でチャットする。
- 特定の場所への道順を取得したり、近くのビジネスを検索する。
- お気に入りの Web サイトにすばやくアクセスする。
- さまざまなアプリ内で色々なアクションを実行する。 ショートカットを使用したり、メールやメッセージを送信したり、ツイートする。
- ミュージック ランチャーでお気に入りの音楽をすぐに再生する。
- お使いのデバイス上のあらゆるアプリを起動する。

ランチャー プレミアムでは、これらの機能のロックが解除されます:

- 日、時間、場所に基づいて自動的にウィジェット アイコンを変更! 朝、週末、自宅、仕事、ジムなどの特定のウィジェット ビューを設定して、 1 回スワイプするだけで常に適切なランチャーにアクセス。
- アイコンのサイズを最小から最大までのサイズに変更。
- アイコン ラベルを削除して、よりクリーンな外観にする。
- ウィジェットを互いの上に配置してスペースをより有効に利用。
- iOS 14 用の無制限の数の新しいウィジェット!

無料機能:

- アイコンや背景をカスタマイズ。
- 壁紙をインポートして、シミュレートされた透明なウィジェットの背景を作成します。
- ショートカット ランチャーは、ランチャーをさらにパワフルにします。 ショートカット アプリの機能を簡単に活用できます。
- お使いのデバイス上のすべてのアプリを起動します。 制限はありません。
- 「設定」ショートカット ランチャーを使用すると、設定アプリのほとんどの画面で起動できます。
- WiFi、Bluetooth、低電力モード、おやすみモード、携帯データ、機内モードのオン/オフを切り替えるためのワンタップ ランチャー。
- 別の Web ブラウザで Web ランチャーを開くオプション。
- Apple Watch 用のランチャー:手首につけて通話、メッセージ、地図の道順、音楽を開始。
-ランチャー トリガー:設定された時間または場所でアプリを起動するための通知を受け取る。
- まだサポートされていないアプリやアクションに対してカスタム ランチャーを作成。
- 視覚障害者の方のためにアクセスが向上されました。
- Siri ショートカットのサポート。 音声でランチャーを実行します。

iPad を使用している場合、または iOS 14 を使用していない場合でも、「クラシック」通知センター ウィジェットでこれらの機能をすべて利用できます。さらに、アプリ内での 1 回限りの簡単な購入で次の機能を利用できます:

- 動的に変化するマジック ランチャーで、現在の天気や天気予報、Uber の到着予定時刻、運転時間または交通機関の所要時間の予測、世界時計、およびネットワーク/ディスク/バッテリー状態などを次々に表示できます! (Pro バージョンのみ)
-フォルダ。 ランチャーをフォルダにグループ化することによってスペースを節約し、ランチャーを整理できます。

新機能

バージョン 5.1.1

- バグ修正およびパフォーマンス向上。

評価とレビュー

4.4/5
1,595件の評価

1,595件の評価

klnvs

ホーム画面ウィジェット(11/24追記)

通知が来る系のアプリはランチャーアイコンにバッジがつかないので
完全にライブラリに移すわけにはいかない。
欲を言えばバッジがつくようにして頂きたいけど
仕様的に無理なのかもしれませんが。

ホームウィジェットで一番小さいサイズに対応されましたが
なんと置けるアプリは1つのみ。
これはAppleの制限によるものだそうで今後の解除に期待するしかありません。

アプリ4つ分を消して1つのアプリを置くのは、人によっては需要もあると思いますが、中・大サイズと同様にいくつかアプリを置けたら使い勝手がよくなるところだったので残念ですが仕方がありません。

追記
iPhone12proMax使用
ウィジェット背景に自分で用意した画像をセットしていますが右端に白い線が現れます。
まだ新型iPhoneのサイズに対応していないと思いますが
参考までに書いておきます。

レモンドロップ1021

自分で調べよう

「対応アプリを増やせ」とか「iPhoneの設定が登録から消えた」とか言ってる人は、まず自分でurlスキームの事を調べましょう。
大体のアプリはカスタムランチャーでurlスキームを登録すれば使えるようになります。
urlスキームはネットで調べれば書いてあるサイトもあるし、urlスキームを調べるアプリもあります。
見つからない場合はアプリ名(半角英数字) + 「 :// 」で登録出来るアプリが多いです。
urlスキームは全てのアプリにある訳では無く、どうしても登録出来ないアプリは、そもそもそのアプリ自体にurlスキームが存在しません。
これはアプリ開発元がurlスキームを作成していないだけなので、それぞれのアプリ開発元にurlスキームを作るように依頼するしか方法はありません。

iPhoneの設定関係についても、これはApple側が登録出来ない仕様に変更したためで、ランチャーアプリ側でどうなる問題ではありません。

使えない、とか言ってる人は まず自分の知識と行動力の無さを自覚しましょう。
このアプリはランチャーアプリの中で一番使えます。

すた

クイックアクションの見直しをお願い

iOS14によるクイックアクションの仕様変更により、3DTouchやHapticTouchによるクイックアクションからウィジェットの起動が出来なくなってしまったため、ランチャーアプリ系の利便性が激減してしまった。

OSアップデートで機能を復活してくれれば一番良いのだがそれは望み薄なので、Launch Center Proのように直接クイックアクションをカスタマイズ出来るような機能を追加してほしい。

利便性もあるが、ホームにごちゃごちゃアプリやウィジェットを置かずにスッキリさせたい。

追記:クラシックウィジェットならば、4つまではクイックアクションを設定できた。これ以上は仕様で不可なのだろうか?

Appのプライバシー

デベロッパであるCromulent Labsは、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。 詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ