スクリーンショット

説明

MediaInfo is a convenient unified display of the most relevant technical and tag data for video and audio files.

The MediaInfo data display includes:
- Container: format, profile, commercial name of the format, duration, overall bit rate, writing application and library, title, author, director, album, track number, date...
- Video: format, codec id, aspect, frame rate, bit rate, color space, chroma subsampling, bit depth, scan type, scan order...
- Audio: format, codec id, sample rate, channels, bit depth, bit rate, language...
- Subtitles: format, codec id, language of subtitle...
- Chapters: count of chapters, list of chapters...

The MediaInfo analyticals includes:
- Container: MPEG-4, QuickTime, Matroska, AVI, MPEG-PS (including unprotected DVD), MPEG-TS (including unprotected Blu-ray), MXF, GXF, LXF, WMV, FLV, Real...
- Tags: Id3v1, Id3v2, Vorbis comments, APE tags...
- Video: MPEG-1/2 Video, H.263, MPEG-4 Visual (including DivX, XviD), H.264/AVC, H.265/HEVC...
- Audio: MPEG Audio (including MP3), AC-3, E-AC-3, AC-4, DTS, AAC, xHE-AAC, MPEG-H 3D Audio, Dolby E, AES3, FLAC, PCM...
- Subtitles: CEA-608, CEA-708, DTVCC, SCTE-20, SCTE-128, ATSC/53, CDP, DVB Subtitle, Teletext, SRT, SSA, ASS, SAMI...

MediaInfo features include:
- Read many video and audio file formats
- View information in different formats (text, tree)
- Export information as text, XML, JSON, EBUCore...
- Graphical user interface, command line interface, or library (.dylib) versions available (command line interface and library versions are available separately, free of charge, on the editor website)
- Integrate with the shell (drag 'n' drop, and Context menu)

The small fee is for helping us in the development costs of the macOS version, and contains all the features cited above.
This version also contains an In-App Purchase (choice between a yearly subscription and a one time purchase) with more features including more preference settings, the comparison of several media files, and more to come.

Some frequently asked questions can be found at http://mediaarea.net/MediaInfo/Support/FAQ

新機能

バージョン 21.09

- Graph view for 3D audio streams (thanks to graphviz)
- Update to MediaInfo library 21.09 with bug fixes, see https://mediaarea.net/MediaInfo/ChangeLog for more details.

評価とレビュー

3.0/5
3件の評価

3件の評価

Deeeezede

120円ならいんばいざーかな?

日本語で使えるのは良いのですが、複数比較などできない模様。
であれば無料?でしたかな?でつかえるいんばざーの方がいいかも?
あと、いんばいざーもおなじだけどエクスポートがUTF8に固定されているよう。
これがかえられて複数ファイルに対応があるといいですね。
あと、フォルダー単位でのボリューム確認なんかもあるといいですね。
そうすると趣旨がかわるのでしょうか?
まあ、いずれにせよ。日本語表示対応だけいいかも?

1028追伸。
Appleがだんだん悲しい製品を排泄している昨今でも
メディアインフォは、まだOS10.6.8で機能しました。
ただTXT出力でのUTF8設定は、今も変わらずです。

余談ですが、今さら気づいたことが1点。
VTR尺の表記、長さがひらがな表記なんです。

他は漢字表記で情報とかあるのに。ちょっとおちゃめです。

いずれにせよ。日本語表記の見やすさはいいです。
新しい映像フォーマットがでればすぐに対応するところもいい感じです。

JUNØworld

課金せよと通知がきた

980円課金ときてガッカリしています・・・

précis_deux

"movieinfo"で検索して

AppStoreで発見できました。すべてのファイル形式は試していませんが、シングルウィンドウでツリーorテキストリスト形式のinfo表示ができます。

良い点:日本語化(多言語リソース追加)されました。(2012/06)
    プレーンテキスト形式での書出し

足りない点:複数ファイルの一括ドロップには対応していません。複数ファイルで比較するには順次ドロップする必要があります。
      スクリーンショット上部の対象ファイルの表示切替プルダウンは現状機能しません。代わりにアプリメニューバーの「最近使った項目」で切替できます。

Appのプライバシー

デベロッパである"MediaArea.net"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp