Microsoft Authenticator 4+

Microsoft Corporation

    • 無料

スクリーンショット

説明

Microsoft Authenticator を使用すると、多要素認証、パスワードレス、またはパスワード オートフィルを使用して、すべてのオンライン アカウントで簡単かつ安全なサインインを行うことができます。また、Microsoft 個人、職場、または学校アカウントに対する追加のアカウント管理オプションもあります。

多要素認証の概要

多要素認証 (MFA) では、第 2 層のセキュリティが提供されます。有効にすると、ログインする際にパスワードを入力した後、ご自分が本当に本人であることを証明するための追加の方法を求められます。Microsoft Authenticator に送信された通知を承認するか、アプリによって生成されたワンタイム パスワード (OTP) を入力します。 OTP コードでは、30 秒のタイマーがカウントダウンされます。このタイマーは、同じ時間ベースのワンタイム パスワード (TOTP) を 2 回使用する必要がなく、番号を覚えておく必要がないようにするためのものです。OTP では、ネットワークに接続する必要がなく、バッテリが消耗されることもありません。Facebook、Amazon、Dropbox、Google、LinkedIn、GitHub などの Microsoft 以外のアカウントを含む複数のアカウントをアプリに追加することができます。

パスワードレスの概要

Microsoft アカウントにログインするには、パスワードではなく電話を使用します。ユーザー名を入力して、電話に送信された通知を承認するだけです。指紋、Face ID、PIN により、この 2 段階の認証プロセスで第 2 層のセキュリティが提供されます。2 要素認証 (2FA) でサインインすると、Outlook、OneDrive、Office など、お使いのすべての Microsoft 製品とサービスにアクセスできます。

オートフィルの概要

Microsoft Authenticator アプリでは、パスワードを自動入力することもできます。個人の Microsoft アカウントを使用して Authenticator アプリ内の [パスワード] タブでサインインし、Microsoft Edge に保存されているパスワードを含むパスワードの同期を開始します。既定のオートフィル プロバイダーを Microsoft Authenticator に設定し、モバイルでアクセスするアプリやサイトのパスワードの自動入力を開始します。パスワードは、アプリでは多要素認証を使用して保護されています。携帯電話のパスワードにアクセスしてオートフィルを行うには、指紋、Face ID、PIN を使用して本人の証明を行う必要があります。Google Chrome やその他のパスワード マネージャーからパスワードをインポートすることもできます。

Microsoft の個人、職場、または学校アカウント

特定の組織のリソースにアクセスする際に、職場または学校で Microsoft Authenticator をインストールするように求められることがあります。アプリを使用してデバイスを組織に登録し、職場または学校アカウントを追加する必要があります。Microsoft Authenticator では、デバイスで証明書を発行することにより、証明書ベースの認証をサポートしています。これにより、サインイン要求が信頼されているデバイスからのものであることを組織が認識できるようになり、それぞれにログインしなくても、新しい Microsoft アプリやサービスにシームレスかつ安全にアクセスできるようになります。

新機能

バージョン 6.8.11

新機能の追加、バグ修正、パフォーマンスの改善は継続的に行われています。最適な認証エクスペリエンスのためには、常に最新のバージョンに更新してください。

評価とレビュー

4.5/5
2.4万件の評価

2.4万件の評価

sexy ohshita

Googleより良い

バックアップ出来るので、機種変更の際は楽に移行できる。Googleはできないはず。

Google,Amazon,Microsoft,Azure,Dropbox,Evernote と複数アカウントを使っているので、移行問題は重要です。

2段階認証の仕組みを理解できない人が、不思議な日本語でレビューしていますが、使い始めてから全く支障はありませんでした。

MS系はアプリが自動で切り替わり、ログインが便利です。

中村あ

不快

最も不快なのは、スマホのパスワードまたは生体認証を利用しないと使えない点です。Microsoftさんだから大丈夫とは思っていますが、職場のアカウントと個人的な情報が結びつけられる気がして非常に不快です。それも、アプリを開くたび、つまり職場のアカウントにログインするたびにスマホのパスワードを求められるので、不快な上に煩雑で不便です。

なるべくこのアプリは使いたくないので、ログインするときに「今後90日間このメッセージを表示しない」にレ点を入れますが、数時間後のログインで全く同じ画面が表示されます。一体何にレ点したのかわかりません。

また、ログイン時、「現在オーセンティケーターを使用できません」のリンクに飛んでも、やはりオーセンティケーターを使用する選択肢しか表示されません。これでは、スマホのバッテリーが落ちたり、何らかの理由で手元にないとき、PCも使えなくなるのかと今から不安でしかありません。

最後に、同意事項が多すぎる点です。職場がシステムを導入した以上、こちらは同意して使用するしかないのに、この同意に効力はあるのでしょうか。それも、一般には一読して理解できる内容ではありません。自分は、職場からの強制とMicrosoftさんへの信頼の下でこのアプリを使っていますが、どちらか欠けたら絶対に使いません。

mxopDF32

MSアカウントと同期すると保存したパスワードが全部消滅する

これまで何回かやられているのですが。こちらが何かしたわけでもないのに、このアプリとブラウザ用のMS Autofillを、自分のMSのアカウントと同期すると、保存してあったパスワードが全部消滅するという珍現象が起きます。バックアップでリムーバブルメディアに保存してある分以外は跡形もなく消えるので、うっかり自動生成した複雑なパスワードをバックアップせずに使っていたりすると、大変なことになります。出先でバーコード決済をしようとしたら、決済アプリが勝手にログオフされていたりするのに出くわしたりした瞬間も、パスワード全部消滅あるあるでかなりヤバいです。Windows11の内部処理のバグのせいで、AppleのiCloud Password for Windowsが2段階認証できずに使えない現状では、このアプリが代替の最適解のはずだっただけに、全パスワード消滅とか、ヤバすぎて使えないのは残念です。MSはパスワード管理ソフト事業は諦めて譲渡した方がいいと思います。

アプリのプライバシー

デベロッパである"Microsoft Corporation"は、アプリのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります。

  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません。

  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

このデベロッパのその他のアプリ

Microsoft Word
仕事効率化
Microsoft Excel
仕事効率化
Microsoft Teams
ビジネス
Microsoft Outlook
仕事効率化
Microsoft PowerPoint
仕事効率化
Microsoft OneDrive
仕事効率化

他のおすすめ

SafePass: Accounts Manager
仕事効率化
LastPass Authenticator
仕事効率化
Authenticator App ©
仕事効率化
Zscaler Client Connector
仕事効率化
The Authenticator‎ App
仕事効率化
PingID
仕事効率化