noteCafe Stylo 4+

Kunio Takeuchi

    • 1.0 • 1件の評価
    • 無料

スクリーンショット

説明

 noteCafe Styloはリッチテキスト(RTFD)で編集可能なテキストエディタです。フォント、フォントカラー、フォントスタイル、フォントサイズを簡単に変更することができます。見出しも簡単に設定できます。また画像やファイルを添付することができます。プレビューで確認しながら画像のサイズを変更することができます。
 noteCafe Styloはリッチテキスト(RTFD)で保存されます。iCloud Driveをサポートしています。noteCafe Styloはサンドボックスに保存することもできます。
 ミーティングモードをサポートしています。リストに登録されたページをフルスクリーン表示します。
 アプリケーション「noteCafe」をお使いの場合は、noteCafeに保存することができます。noteCafeはカテゴリとタグでページを管理できるアプリケーションです。ページ一覧や豊富な検索機能を使って目的のページを素早く見つけることができます。

+++
主な仕様
・macOS 64-bit プロセッサ
・サンドボックス対応
・iCloud Drive対応
・ダークモード対応

主な機能
読み込み可能なファイル
・ファイル:      rtfd, rtf, txt, pdf, html
・画像:        jpg, png, tiff, gif
・動画とサウンド:   mov, m4v, mp4, m4a
・添付可能なファイル: keynote, pages, numbers

・標準のオープンパネルが使用できます。iCloud Driveをサポートしています。
・noteCafe Styloはサンドボックスから読み込むことができます。(RTFDファイルのみ)
・共有拡張で共有されたファイルを読み込むことができます。(RTFDファイルのみ)
・アプリケーションアイコンにファイルをドロップすることでも読み込めます。
- 複数のファイルをドロップできます。

フォント編集
・フォント、フォントカラー、フォントスタイル、フォントサイズを編集することができます。
・見出しを設定することができます。

イメージ編集
・イメージサイズを変更することができます。
・マークアップ機能を利用できます。
・イメージキャンバスをページに挿入することができます。マークアップ機能を利用できます。

リストと表
・リストを挿入することができます。
・表を挿入することができます。

ファイル参照
・他のファイルを参照することができます。
・ビューにファイルをドロップすることでも読み込めます。

検索
・ページを検索(検索して置換)することができます。

保存
・リッチテキスト(RTFD)で保存することができます。
・標準の保存パネルを使用できます。iCloud Driveをサポートしています。
・noteCafe Styloのサンドボックスに保存することができます。
・アプリケーション「noteCafe」に保存することができます。(noteCafe バージョン2.4.0以降が必要)

共有拡張機能
・noteCafe Styloの共有拡張機能が利用できます。
 ほかのアプリケーションからnoteCafe Styloに情報を簡単に送ることができます。
・noteCafe Styloの共有拡張機能はアプリケーション「noteCafe」と共通です。
 noteCafe StyloとnoteCafeのどちらからでもアクセスすることができます。

ミーティングモード
・ミーティングモードをサポートしています。リストに登録されたページをフルスクリーン表示します。

noteCafe StyloのIOS版も利用可能です。

+++
アプリケーション「noteCafe」について
noteCafeはApp Storeから購入できます。App Storeで「noteCafe」を検索してください。

noteCafeの概要
noteCafeは、日々の出来事や気になるWebページ、思いついたアイデアを記録して、後で参照することができます。豊富な検索機能や絞込み機能、ページ一覧を使うと、素早く目的のページを見つけることができます。
noteCafeは、iCloudとローカルをサポートしています。
iCloudを使用すると、お使いのiPhone、iPad、Mac間でデータを共有することができます。

新機能

バージョン 2.2.0

1.表示しているページを画像として書き出すことができます。
・画像の書き出しはCommand キーを押しながら保存ボタンをクリックします。
・ファイル名は自動生成されます。また、ファイル名は任意に設定することもできます。
・書き出す画像タイプは環境設定で変更できます。アドバンスボタンをクリックすることで環境設定を表示します。
2.ドロップしたファイルのディレクトリを保持するようにしました。
・保存パネルで保持されたディレクトリが選択されます。
3.PDFビューのユーザーインターフェイスを改善しました。
・ライトモード時のアピアランスを修正しました。
・ページ移動用のボタンが使えます。
・また、次のコンビネーションキーを使用してページを移動できます。
- 最初のページへ移動:Command キー + Up Arrow(↑)キー
- 最後のページへ移動:Command キー + Down Arrow(↓)キー
- 次のページ:Option キー + Down Arrow(↓)キー
- 前のページ:Option キー + Up Arrow(↑)キー
4.表示しているPDFページを画像として書き出すことができます。
・ファイル名は自動生成されます。また、ファイル名は任意に設定することもできます。
・書き出す画像タイプは環境設定で変更できます。アドバンスボタンをクリックすることで環境設定を表示します。

評価とレビュー

1.0/5
1件の評価

1件の評価

Appのプライバシー

デベロッパである"Kunio Takeuchi"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

このデベロッパのその他のApp

ライフスタイル
写真/ビデオ
ライフスタイル
ライフスタイル
教育