スクリーンショット

説明

AppleのテレビCMで取り上げられました

Notionは、簡単なタッチ操作で音楽制作が行える利便性を提供する、iOS8を実行するiPad/iPhone/iPod touch用の記譜エディターおよび再生ツールです。音楽を愛するあらゆるユーザーのための優れた作曲アプリであるNotionでは、スコアの作曲、編集、および、ロンドン交響楽団の演奏、アビー・ロード・スタジオでのレコーディングによるリアルなオーディオ・サンプルを使用した再生が行えます。音楽のアイデアをいつでもキャプチャでき、便利なアプリケーションをどこへでも持ち出すことができます。

ユーザーフレンドリーなインターフェースと、シンプルで直感的なピアノロール、フレットボード、ドラムパッドを搭載したNotionなら、作曲を簡単に始められます。また、Notionに搭載されている豊富な先進機能を使用し、iOSデバイスで音楽アイデアをまったく新たなレベルに引き上げることができます。

記譜エディターとしてのほか、非常にリアルな演奏を実現するオーディオ・サンプルを使用して作成した曲を再生させることもできます。Notionには、アビー・ロード・スタジオで録音されたロンドン交響楽団の演奏によるピアノ・サンプルとオーケストラ・サンプル、および、ギター、ベースなどさまざまなサンプルが付属しています。アプリのダウンロード時にはピアノのみ付属していますが、デバイスにインストールしたいサウンドを選択してダウンロードしたり、クラウドに格納したりできます。

シンプルなスコア設定ツールを使用するか、テンプレートを選択して、プロジェクトをスタートさせましょう。MusicXML、Guitar Pro、MIDIファイルを開くこともできます。アーティキュレーション、発想記号、強弱記号を使用して、スコアに変更を加えたり、スコアを演奏させることができます。また、フル機能のマルチトラック・ミキサーとエフェクトを使用して、パーフェクトなバランスを作成することも可能です。

満足のいく作品が完成したら、Notionファイルを送信して公開しましょう。MIDIファイルやMusicXMLファイル、オーディオやPDFファイルを送信することもできます。iCloudやDropboxを使用して、デバイス、Windows用Notion、およびMac用Notion間でスコアを同期させることも可能です。

Notionの機能:
- 手書き機能(iPadアプリ内購入)
- 記譜、タブ譜、またはその両方を入力、編集、再生
- アビー・ロード・スタジオでレコーディングされたロンドン交響楽団の演奏によるオーケストラ・サンプル
- ピアノ、キーボード、エレクトリック・ギター、アコースティック・ギター、エレクトリック・バス
- お気に入りのMIDIデバイスを使用したMIDIステップ入力
- リアルタイムMIDI入力をスコアに録音
- 試聴モード:画面のバーチャル楽器を使用して、スコアに入力する前にサウンドを試聴可能
- クリーンで直感的なユーザー・インターフェース
- Retinaディスプレイに対応
- 指またはスタイラスでノートをタップ
- インタラクティブなピアノロール、24フレットのギター・フレットボード、ドラムパッドでステップ入力またはリアルタイム入力が可能
- すばやく選択できるシンプルなパレット
- ディストーション、リバーブの各エフェクト
- フル・オーディオ・ミキサー
- 幅広いオーケストラ機能とアーティキュレーションを内蔵:スタッカート、フラッター・タンギング、トリル、ビブラート、その他多数
- 幅広いギター機能とアーティキュレーションを内蔵:ベンド、ビブラート、スライド、ハンマリングオン、プリングオフ、ミュート、ワーミーバー、ベース・スラップ、ハーモニクス、その他多数
- スコア内のアイテムのドラッグ(強弱記号など)
- 楽器の切り替え
- 移調
- テキストの挿入
- リハーサルマーク
- 歌詞
- コード記号とダイアグラム
- リズムスラッシュ
- 大譜表楽器の五線をまたぐ連桁
- スウィング
- 連続表示とページ表示
- すばやい[元に戻す]と[やり直す]機能
- 和音モードとメロディ・モード
- 簡単な削除と消去機能
- タイトルと作曲家情報の入力、編集
- オーディオファイルの保存
- .notion/MIDI/MusicXML/GuitarPro 3-5ファイルのインポート
- .notion/PDF/MusicXML/.WAV/AAC/MIDIファイルをエクスポート/メールで送信
- iCloud、Dropbox、iTunesファイル共有を使用した同期
- AirPrint対応プリンターに出力
- ワンタップで全パートをPDFにエクスポート
- ヘルプ・ファイル
- その他数々の機能を搭載

新機能

バージョン 2.0.183

メールまたは他のアプリからファイルをインポートできない不具合を修正
iOS 10.3で生じた、音符入力時にカーソルがジャンプすることがある問題を修正
音符入力時に再生ボタンを押すまで音符が聞こえないことがある問題を修正
残りの古いフォント選択肢ダイアログを更新
テキストボックスの選択/サイズ変更時にクラッシュすることがある不具合を修正
テキストボックスをドラッグできない不具合を修正

評価とレビュー

2.9/5
139件の評価

139件の評価

はらねこ

欲しかった音楽アプリだけど。。。

(2017.8.22追記)
久しぶりに使ったら、音源データ(m4r)をメール送信すると、音程が下がり速度も遅くなりました。(レコードの回転が遅くなったみたいに)7月に送信した時点では正常でした
とても使い勝手のいいアプリなのに、不安定になることが多く残念です。
(2016.5.3追記)
いろいろバグ等、紆余曲折ありますが、とりあえず私は使うのには問題ありません。
私は、自分のオリジナルの楽譜、音源化と、(もちろん自分自身で楽しむため)オリジナル音源が見つからない既存作品のコピーなど、それらをプレイリストに入れたり着信音、通知音、アラーム音にして楽しんでいます。
いずれはnotionパソコンソフトも欲しいのですが、やはりアプリで持ち歩けるのは今の私の生活形態ではうれしいです。
ただ、小さいバグを許しているわけではありません。さらなる改善を期待しています。
(2015.10.14追記)
昨日iPhone対応版アップデート後2度目のアップデートがあり、少し安定してきたようです。(まだ少し不安定。打ち込んだ楽譜がスクロールできなくなったり鍵盤が固まります。)
このアップデートまでの間に、「デベロッパーにメールを」という案内が日本語で出たので、「1日も早く元の安定したアプリになってほしい。」旨日本語でメールしたら、英文で長い返信をいただきました。(読解に難儀しましたが、翻訳アプリにも助けてもらって…)
1度目のアップデートでマニュアルが英文に戻りましたが、昨日の2度目のアップデートで日本文に対応し私としては安心しています。
ということで、今後の期待を込めて星4個にします。
(9月8日追記)なかなかアップデートしていただけないので、iPhoneは対応しなくなるけど前のバージョンに戻そうかと思いだしました。
(8月16日追記)バージョン2.0.129ここ半月使ってみて、今までになかった「いきなり落ちる」(私は打楽器を入力、確認中に)ことが多いです。また、スコア設定からスコアに戻る時、何かのはずみで戻れなくなりました。とてもいいアプリなのに、これは困ります。
改善を期待して、それまでは星3つに。

(7月30日記)ついにiPhoneにも対応。
早速試してみました。すでにiPadでのユーザーです。
日本語対応になり、今までと配置がやや変わり戸惑いましたが、iPad、iPhoneともに、試しに単旋律を入力してみました。
入力はやってみると使いやすいのですが、ちょっと戸惑う所も。そのうち慣れるでしょう。

それから、2G近くあったサイズが136MB、というのは標準楽器がピアノだけになったからですか?それともなにかクオリティの面で削ったものもあるのでしょうか。
標準楽器がピアノだけで軽くなって、ユーザーそれぞれが必要な楽器を入れる、ということならとても合理的だと思います。
ただ、ほしい楽器を入力中は画面が暗転してロック画面になるとダウンロードが止まってしまい、容量が大きい楽器は「ながらダウンロード」していると結構手間取ります。

まだ私自身五里霧中のため、また追記します。
万一ユニバーサルアプリ化を大義名分にしてクオリティを下げていたら、ちょっと悲しいけど、そういうことはないと信じて。

それから、アップデート前に作った音源を再生したらいくつかのパートが違う音色になっていました。(理由今のところ不明)←8.1追記アップデート前に無料で追加した楽器を今回のアップデートで落ちたまま元に戻していませんでした。

というわけで、今回の評価はアップデート前同様★5つにします。

私にとってNotionはワクワクするアプリです。

新米エヴァンゲリスト

iPadProとApple Pencilでの利用は快適です

デモ画像見て、機種変更とApple Pencilの購入に踏み切りました。
個人的には大正解です。

ピアノが弾けない自分にとっては、写譜(Apple Pencilによる手書き)と音の確認が同時にできるのは有難いです。

操作には多少癖がありますがすぐに慣れました。

手書きで時々、認識がおかしくなる時がありますが、ソフトを再起動すれば問題ありません。

デスクトップ版も購入しようかと検討中です。

追記
手書きで確定した音符が、後ろに音符を続けると、勝手に変わってしまいます。
連符の入力では頻繁に現れていましたが、使い続けていくうちに、単純な付点音符でその付点が後ろに続く音符のスタッカート記号に変わってしまうのは、単なるバグでしょうか?

それと音符を重ねる際にも、確定しているのに、その後ろに休符なり音符を加えると音高や臨時記号が勝手に変わります。
写譜でも、そこそこストレスが溜まるので、これで音楽を作っている人のストレスはかなりなものでは?

対応を願います。ひとまず星を二つ減らしました。

2017年8月28日追記
Apple Pencilでの入力で、五線譜より下にCを入力すると、オクターブ下になるバグが発生中。OSのアップデートなどによる影響なのか不明。
上記の現象、調性をG♭メジャーにすると確実に発生します。

2017年12月21日追記
Ges-dur でCを入力すると、オクタブーブ下に勝手になってしまうバグが放置されています。改善をお願いします。

2018年10月31日追記
AACやWAVの吐き出しで、ピッチが下がってしまいます。
原因はおそらく、iOSのアップデートが関係していると思われます。改善をお願いします。

ryushiro

そこそこ

音源作成よりも楽譜を書くことを1番の目的で買いましたが、思ってた以上に書けない内容がありました。リピートの括弧について、1.3や2.4など連続しない数字の括弧の作成ができません。
また括弧の線自体がリピート位置までずっと連続して書かれます。たとえば3ページ目から1ページ目にリピート、1括弧が1ページ目にあった場合、括弧の線は3ページ目まで表示されます。なので2
ページ目は全ての段組の間に線が入り、実に見づらいものになります。あとデフォルトでD.Sが段組の上に表示されるのはいかがなものかと、、、
見やすい譜面を作成するには少々配慮しないといけません

2017年6月のアプリのアップデートでカーソルが訳の分からないところに飛んでしまうバグ、休符の位置やD.S等のマークが動かせないバグは解消されました。
ですが、現在のところドラムスコアを書く際に、シンバルを直接表記できないという新たなバグのある状態になっています。たとえばハイハットを表記する際、シンバルの音符の形状を選択して入力しますが、シンバルの形を選択していても入力すると強制的に通常の音符の形で入力されてしまいます。なので再度それぞれの音符を選択して形を変換しなければならないというとてつもなく面倒臭い作業が必要になってしまいました。
テクニカルサポートには連絡しました。早めの修正を願います

2017年6月11日追記
テクニカルサポーからの連絡があり、シンバルの表記に関する問題は日本語設定にしているipadのみで発生しているとのことでした。ipadの言語設定を英語に変えたところバグはありませんでした。ただ、全て英語なのでそれに慣れる必要はあります。修正を待ちます

デベロッパの回答

Thanks for the feedback – we should have this fixed in the latest version, (2.0.183), which went live today. Please let us know if it’s still an issue, and if we’ve fixed it, we’d really appreciate your rating!

情報

販売元
Notion Music, Inc.
サイズ
223.6MB
カテゴリ
ミュージック
互換性

iOS 8.2以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、英語、韓国語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© PreSonus Audio Electronics, Inc.
価格
¥1,800
App内課金有り
  1. Handwriting ¥960
  2. All Sounds Bundle ¥3,600
  3. Marimba ¥120

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ