スクリーンショット

説明

豊かな生産性と直感的なデザイン。操作するのはあなた自身です。2 週間の無料体験。

魅力的なグラフィック、ダイアグラム、工程図、Web サイトやアプリのワイヤフレームなど、シンプルなものから極めて複雑なものまで、OmniGraffle 7 内でデザインして構築できます。正確で美しいグラフィックを作成できる、このスケーラブルで使いやすいアプリは、あなたの創造性を具現化するためのツールです。

現在 OMNIGRAFFLE をお持ちの方へ - アップグレードの割引に関する重要なお知らせ:

OmniGraffle 7(Standard と Pro の両方) へのアップグレードを無料または割引でご利用いただけるのは、以前のバージョンを App Store から購入されたお客様のみです。App Store アプリの「購入済み」タブで、前のバージョンを App Store から購入されたことをお確かめください。ご不明な点がございましたら、sales@omnigroup.com 宛のメールでその旨をお知らせください。

OmniGraffle 7 は、タイポグラフィにおける個々のベジェポイントの調整から新しいアートボードまで、さまざまな機能が強化されたまったく新しいバージョンです。一新されたサイドバーや機能が向上したインスペクタを使って、無限キャンバスをエレガントに整理できます。

無料体験版

2 週間の無料体験版を使えば、何も購入することなく、Standard や Pro のすべての機能をお試しいただけます。体験期間後も、そのまま無料で OmniGraffle を開き、書類を表示できます。

新機能(アプリ内課金を通じて利用可能)

- 統合されたサイドバー:新たに編成されたサイドバーでは、オブジェクト、レイヤー、およびキャンバスとの相互作用性が向上しました。 
- 点エディタツール:図形のすべての点にすばやくアクセスできます。
- 新しい書き出しパネル:ほんの数回のクリック操作で、グラフィックを複数の解像度で書き出し、名前を付けて、整理できます。バッチ書き出し、指定寸法、プレビューの機能も含まれています。
- 無限キャンバス:キャンバスが 1 方向、2 方向、3 方向、またはすべての方向に自動的に広がります。
- キーボードショートカットセット:希望のショートカットを使えるようにメニューバーの各コマンドやツールをカスタマイズしたり、よく使われている他のアプリからいくつかの異なるセットを選択したりできます。
- SVG の読み込み:SVG コードをペーストしたり、SVG ファイルを OmniGraffle に直接読み込んだりできます。 

PRO の新機能(アプリ内課金を通じて利用可能)

- アートボードレイヤー:アートボードを使って書き出し可能な要素を設定できます。また、キャンバスを整理するための手段としても使用できます。
- テキストを図形に変換:テキストを図形に変換して、調整を加えたり、複雑なスタイルを追加したりできます。
- 線を図形に変換:簡単に編集できるベジェポイントを使って、線のストロークを図形に変換できます。
- その他:
- 共有可能なキーボードショートカット
- アートボードツール

PRO の機能(アプリ内課金を通じて利用可能)

- Visio の読み込み/書き込み:Microsoft Visio® 書類(VSD または VDX)、ならびに Visio ステンシル(VSS)やテンプレート(VST)を OmniGraffle 内で直接開くことができます。また、Visio XML 書類(VDX)に書き出すことも可能です。
- 共有レイヤー:複数のキャンバス上に表示したい共通の要素を簡単に更新できます。また、標準レイヤーと共有レイヤーを切り替えられるようになりました。
- 新しいコントロールを使用して、オブジェクト内のどの端点または中心がジオメトリインスペクタに反映されるようにするかを指定できます。また、選択した頂点の X 座標と Y 座標を設定できます。
- 非分解型の図形の組み合わせ:既存の図形の組み合わせ(結合、交差、減算)を使用して新しい図形を簡単に作成できます。また、組み合わせた図形を元の図形に分解できるようになりました。
- 解像度に依存しない表示スケール:100% ズームのときに Apple ポイント、PostScript ポイント、または画面ピクセルを反映させることができます。
- Photoshop への書き出し機能では、OmniGraffle レイヤーを Photoshop レイヤーに書き出すことができます。
- 表:表を使って図形をグループ化できます。これにより、テンプレート図形の新しい行や列を簡単に追加できます。
- Xcode の読み込み:Xcode プロジェクトのクラス図を自動的に生成できます。

完全なマニュアルについては、弊社の Web サイトをご覧ください。

サポート

不明な点やご意見などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。弊社は無料の技術サポートを提供しております。お問い合わせには、メール(omnigraffle@omnigroup.com)、お電話(1-800-315-6664 または +1 206-523-4152)、あるいは Twitter(@omnigraffle)をご利用いただけます。

ありがとうございます!

新機能

バージョン 7.10.2

• Alignment — Added a new option to the Canvas preference pane to control the alignment behavior. You can now toggle between Align to first-selected object and Align to selection.
• Align Bottom Edges — Fixed a bug in the Align bottom edges option that caused it to align to the left-most object.
• Text Selection — Fixed a bug that sometimes made it difficult to select text that was right or left aligned when the Click through objects with no fill preference was enabled.
• SVG Export — Fixed a bug that caused text in SVG exports to not be positioned correctly when objects or text were rotated.
• Variables — Fixed a bug that prevented Object Data fields from being edited when the Canvas Name variable was used on a Shared Layer.
• Connections to Groups — Fixed a bug that caused lines to draw to the center of a group when initially connected to a group.
• Magnets — Fixed a bug that prevented Magnets from appearing reliably when hovering over an object with the Magnet Tool.
• Stability — Fixed a couple of crashes that were reported. Thank you for sending us those reports!

不明な点やご意見などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。The Omni Group は無料の技術サポートを提供しております。メール(omnigraffle@omnigroup.com)、お電話(1–800–315–6664 または 1–206–523–4152)、または Twitter(@omnigraffle)でお問い合わせください。

OmniGraffle がお客様のお役にたちましたら、ぜひ App Store でのレビュー投稿をお願いいたします。お客様からいただいたレビューは、他の人々に OmniGraffle を検討していただく上で役立ちます。

評価とレビュー

4.0/5
1件の評価

1件の評価

のりかづ

スタンダードのアップグレード版(6,000円)の購入に手間取りました。

たぶん、App Storeからダウンロードしたものをそのまま「開く」とした場合、英語版が起動するのでしょうか?
旧バージョンのアプリがある場所を指定するダイアログも英語記載(価格もドル表示のままです)です。
また、そのまますすんでも購入に至りません。(私の場合、App Storeの日本国内版のみ有効のApple IDである旨が表示されました。)

そうやって起動してしまったものは一旦修了し、改めてアプリのフォルダから新しくダウンロードした物を起動すると日本語版のダイアログ(円の記載)がでてきます。
旧バージョンに応じたメニューを選ぶと、下方に旧バージョンアプリが格納されてる所を指定するような趣旨の指示が出ますので、そこから選ぶとディスカウント価格が表示されます。

ご参考までに。

ちぐー

新機能でより便利になりました。でもお値段高めかも。

テキストのアウトライン化やポイントエディタによる自由な多角形の作成、
解像度に応じてサフィックスをつけて複数書きだせるなどなど
いくつかの新機能の追加でかなり便利になりました。

以前のバージョンから使っていてステンシルバリバリ使っていれば
アップグレードの価値はあると思います。
でも全くのご新規さんにこの価格はちょっとおすすめしにくい感じかなー?

bigshibainu

これを超えられるツールの存在がないが、作業共有ができないのが難点

ネットワーク構成や、WEBページの構成案作成に利用しています。
動作がとても軽く、数十ページに及ぶ構成を書く場合でもストレスなく作業ができます。
最近のバージョンではパス機能が強化され、デザインぽい使い方も可能です。

他のクラウド型のダイアグラムツールなども利用しましたが、このツールに比べるとショートカットが不足していたり、動作が重かったりするため、オムニグラフを使い続けています。

問題点としては、Macのみで利用者が少ないため編集ファイルを共用しての共同作業がしにくい点です。
ライセンスパッケージ版で社内であれば複数アカウントをボリュームディスカウントできるプランがあればよいかと思います。

情報

販売元
The Omni Group
サイズ
80.2MB
互換性

macOS 10.13 以降、64ビットプロセッサ

言語

日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語、簡体字中国語、英語、韓国語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2000-2019 The Omni Group
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp