スクリーンショット

説明

“ロケットを通して、魂を天へと送り届ける”

終末の世界、忘れ去られた宇宙葬はいつ再開されるのか。人々の希望は叶うのか?

東京ゲームショウ2016「センス・オブ・ワンダーナイト」ベスト8選考作品であり、Nintendo Switchでも大人気を博した「OPUS 地球計画」を産んだ台湾のインディーズゲームスタジオ「SIGONO」が全身全霊の力で放つ冒険譚第2弾!

= ストーリー =

積もった白雪を踏みしめ、荒涼とした大地を越え、彼らは願う。いつの日か、星まで届くロケットを作れるようにと。——これは目の前で繰り広げられる、長く孤独な旅のお話。

「ロケットの発射が成功したら、奴らがもう見えなくなるんだよな?」と困った顔でヨハンが聞けば、

「もちろんよ!私達の目標は、彼らを銀河へ送る事でしょ!」とフェイが自信満々で答える。

世界は一度終わった。最悪の疫病によるパンデミック後の世界、廃墟と化した街のいたる所で彷徨う霊魂達。この世界でたった2人生き残った「巫女」のフェイと、「ロケット技師」のヨハン。

ゲームの中であなたは2人の代わりにこの荒唐無稽な夢を実現させる事になる。魂を載せるロケットを製作し、銀河の果てを目指して打ち上げよう。そして霊魂を「宇宙葬」を通じて、全ての生命の起源―――宇宙へ連れて帰ろう。

= メディアレビュー =

「愛に満ちたSFストーリーと、静けさを紡ぐサウンドが心に染みます。」
-レビュアーナム子<ファミ通 No.1513>

「ある大災害をきっかけに荒廃した世界でのストーリーも魅力のひとつだが、『OPUS 魂の架け橋』の世界観を支える美しいBGMや、効果音、そして、温かみのあるイラストにも注目したい。」-ファミ通App

= ゲームの特徴 =

▼終末後の世界を探索しよう
雪に覆われた大地、町の廃墟、遺跡…荒廃した険しい世界を探検するには状況に合わせた装備が必要です。唐突に襲い掛かるトラブルにも知恵を絞って対応し、目的のロケットの材料を収集しよう。

▼繊細で暖かい物語
暖かさと寂しさを経験し、主人公と一緒に成長しよう。その過程で、心の奥底に眠る記憶が呼び覚まされます。廃墟の瓦礫の下に眠る数々のストーリー。そこにはあの終末の真相が隠されている…。

▼目指せロケットマスター
世界各地に散らばる材料を集め、宇宙を目指すためのロケットを製作しましょう。この冒険を進めるためにはスノーブーツ、サーチライト、猟銃等の探索ツールも開発しなければなりません。

▼濃厚なゲーム体験をお約束
空を舞う雪、昼夜で変化する光、退廃的な遺跡…全てが終焉の世界ならではの美しさを表しています。シーンに合わせて用意された音楽は30曲以上、更に各状況にあわせて特別に作り出された音響効果が、あなたをゲームの世界へと引きずり込みます。

= キャラクター紹介 =

▼ヨハン=メイソン
疫病後は一人で留まる事を選び、十数年間工場で生活してきた。マルクスタウンに残った数人の中で最後の一人でもある。疫病後に別れた両親を許せず、その過去に反しロケット技師という職業を憎んでいる。

▼ヨハン=メイソン(幼少期)
ロケット工場に生まれた一人っ子。家族に誇りを持っており、疫病発生後は亡き人たちの為にロケット技師になる事を心に誓った。

▼ヨハンの父親
兄弟と一緒にオプスロケット工場を営んでいた。厳格で寡黙、特にヨハンには厳しい態度をとる。疫病発生後は全身全霊で宇宙葬に取り組むが、ある部品を探しに行く途中に消息を絶った。

▼リン=フェイ
疫病発生前から地球教で、将来の巫女候補として嘱望されていた。地球教の使命を帯びてコールドスリープに入るが、30年後の目覚めた先が崩壊後の世界であるとは、誰も想像だにしていなかった。

▼リン=フェイ(幼少期)
僅か11歳で教会に選ばれた神童。小さい時から教会で同じく選ばれた子供たちと育った。愛と信念に満ち、大人になったら素晴らしい巫女になれると信じている。

▼地球教会長老
地球教会の最高責任者。女性主人公「フェイ」の母親の様な存在。疫病発生後は人類の精神的主柱として奮闘したが、疫病発生から6年後力尽きて倒れる。

ゲームに温度を感じた事が有りますか?台湾のスタジオを発ち、世界中100万人を超えるユーザーに好評を得た「OPUS 地球計画」の精神を継承し、全身全霊で作成した本作も、きっと皆様に感動をお届けできる事でしょう。

こだわりの美麗グラフィックがプレイヤーの皆様を満足させます。我々は信じています。ゲームの存在は人々を幸せにする事であると。

新機能

バージョン 4.6.3

Minor bug fixes

評価とレビュー

4.7/5
1.2万件の評価

1.2万件の評価

卯月丸

ファンになりました

序盤無料で、続き(完全版)は有料でした。今まで、続きは有料と分かると萎えてしまって、購入しませんでしたが、これはどうしても続きがやりたくて、アイテムとペット付きの¥480を購入。(完全版パックは4種類。私の購入したのは二番目に安いもの。ストーリーだけなら¥240円。)
心底買って良かったと思える内容でした!物語も、音楽も、本当に素晴らしかった。
ウロウロ探索して進めるゲームなので、サクサク進めたい人には不向きかも。
個人的には凄く好きなタイプなゲームなのと、最後感動したので☆5です。
これからも、素敵なゲームを作って下さい。楽しみにしています!!

gejpjm

服と犬猫...

※このレビューは内容がネタバレかもしれせん。

プロローグ後のストーリーを進める為に
モノクロームのおしゃれな服とただ部屋の中を左右してる犬と猫の絵のおまけ付きで課金するゲーム。ちなみに主人公達が課金前にどんな服を着てたか憶えていない。せっかくの犬猫もフィールド探索についてこないから存在を忘れる。
ストーリーの世界観は想像力が働くけど、いざゲームを進めると回想シーンの使い回しが多すぎて、またかよってなる。シャイなメンヘラメンズの主人公がなぜ特殊なのか物語の中では語られない。
雰囲気ゲームだけど、その雰囲気とストーリーをもっと作り込んでアプリ内課金ではなく買い切りアプリにして欲しいと思う。240円で続きのストーリーのみ課金するのがいいかな。服と犬猫類はプラス数百円の存在感はない。
個人的な感想。

(*_*)T

うーん、なんだかなぁ…

一通り終えてみて、そういう感じ。
テーマも壮大そうにみせて、結局あのふたりはその後どうするの?ってホントのエンディングがわからない。(続編に期待させる狙い?)
登場人物たちのやりとりの、なんというか型にはまった対応に新鮮さを感じない。意外性、展開の自由度の無さ。音楽で盛り上げるって、それだけじゃダメじゃんって感じがものすごくある。
ゲームとしては、限定的な俯瞰の行動が、確かに実際に歩いてしか移動できない制約の中では理解もできるが、限られた日中の移動時間の中でマッピングもできないというのは、限られたメモリのゲーム世界の狭さの言い訳でしかないと思う。特に高低差が分かりにくいのはわざとそうしている感じがする。ああ、そうか、一日の時間が早く過ぎるのも同じ理由だ。
一作目で物足りなさを感じたので、二作目も買ってみたが、これではもう期待が持てない。

Appのプライバシー

デベロッパであるSIGONO INC.は、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。 詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ