スクリーンショット

説明

Pagesは、モバイルデバイスのためにつくられた最も美しい文書作成Appです。手始めにAppleがデザインしたテンプレートを使って、豪華なレポート、デジタルブック、履歴書、ポスターなどを素早く作成してみましょう。空白の書類を使って独自のデザインで作成することもできます。画像、ムービー、オーディオ、表、グラフ、図形も簡単に加えることができます。Apple Pencil(サポートしているデバイス)や自分の指を使って描画や注釈を挿入することもできます。PagesはiPad、iPhone、iPod touch専用に設計されています。

Apple Pencilや自分の指を使って描画や注釈を挿入
• ペン、鉛筆、クレヨン、塗りつぶしツールを使って簡単に描画を追加してから、それらをアニメーション化して、躍動感のある動きを表示することができます。
• スマート注釈を使って、関連付けられたテキストに常にリンクされるコメントやマークを追加できます。
• スクリブルとApple Pencilを使って、手書き文字を入力テキストに変換できます。

ほかの人と同時に共同制作
• リアルタイムな共同制作機能で、チーム全体で同時にMac、iPad、iPhone、iPod touchから、さらにはPCから書類の共同制作ができます。
• 書類を公開または特定の人と共有したり、現在同時に書類を使用している人を確認したり、ほかの人のカーソルを見て、その人たちの編集に付いていったりできます。
• iCloudまたはBoxに保存されている書類で共同制作できます。


美しい文書をつくる
• iPhoneのスクリーンビューを使えば、テキストやイメージなどの要素が画面内に収まるように最適化されて表示されます。
• Appleがデザインした90以上のテンプレートから選べます。
• ライブラリに用意されている700以上の図形を自由に編集して、書類の魅力を高めることができます。
• 画像、ビデオ、オーディオを簡単に追加できます。
• イメージギャラリーを追加して、同じページに写真のコレクションを表示できます。
• インタラクティブなEPUBブックを作成して、ほかの人と共有したり、ダウンロードまたは購入できるようにApple Booksに公開したりできます。
• Microsoft Wordおよびテキストファイルを読み込み、編集できます。

詳細ツール
• 目次を使用して、書類またはブック内を簡単に移動できます。
• コメントを追加したり、スレッド形式の会話に参加したりできます。
• 変更のトラッキングをオンにすれば、編集しながら文書に注釈をつけることができます。
• ブックマークを追加して、書類の一部を別の部分と簡単にリンクできます。
• 見開きページをオンにすれば、見開き2ページとして書類をフォーマットできます。
• ページテンプレートを作成することで、ページレイアウト書類のデザインに一貫性を持たすことができます。
• 脚注や巻末注を作成したり、文字数、単語数、段落数を確認したりできます。
• LaTeXまたはMathML表記の洗練された方程式を追加できます。
• 発表者モードを使って、スピーチ中に簡単にテキストを読んだり自動スクロールしたりできます。

iCloud
• iCloudをオンにすると、あなたのMac、iPad、iPhone、iPod touchに、またはMacやPCのブラウザからアクセスできるiCloud.comにあなたの文書が自動的に現れます。
• あなたが文書に加えた変更を、Pagesが自動的に保存します。

文書を共有する
• AirDropを使って、近くにいる人へ文書を送ることができます。
• メール、メッセージ、Twitter、Facebookで、あなたの文書へのリンクを素早く簡単に共有できます。
• EPUB、Microsoft Word、PDFフォーマットで文書を書き出せます。
• ページ範囲、部数、両面印刷などを選び、AirPrintを使ってワイヤレスでプリントできます。

一部の機能を利用するにはインターネット接続が必要です。使用料と利用条件が適用される場合があります。

新機能

バージョン 11.2

• iPhoneのスクリーンビューでは、テキストやイメージなどの要素が画面内に収まるように最適化された連続フローで自動的に表示されるため、今まで以上に書類を読んだり、編集したりしやすくなりました。
• 見開き2ページ、最適化されたイメージ、より柔軟なバージョン管理を使用してブックを公開できるようになりました。
• iPhoneのクイック・フォーマット・バーを使用して、段落スタイル、テキストフォーマット、配置、リストスタイルなどを素早く変更できます。
• テキストやイメージなどの項目をiPhoneのApp間でドラッグ&ドロップしてコピーできます。*
• 選択したテキストを瞬時に最大11言語に翻訳することができ、1回のタップで翻訳を書類に追加できます。**
• 参加者が共有書類にほかの参加者を追加できるため、柔軟に共同制作を行うことができます。
• レーダーグラフは、複数の変数を視覚的に一度に比較して、データの類似点と相違点を簡単に示すことができます。
• オーディオグラフを使用すると、ピッチを変えてオーディオトーンを再生することでさまざまな値が示されるため、目の不自由な方でもグラフにアクセスできます。**

* iOS 15が必要です。
** iOS 15またはiPadOS 15が必要です。

評価とレビュー

2.9/5
5,787件の評価

5,787件の評価

choufukusuru

慣れで使えるアプリ

なんとなく使い続けてます。
自分の使い方に合っていると思うのですが、いくつかの点において不便さを感じます。

・空白長押しによるカーソル移動
入力を行うまでは正常に行えます。しかし、何かしらの文字を入力し確定後、空白長押しカーソル移動をしようとするとカーソルが画面外(?)に吹っ飛びます。アプリを再起動するとまた同じように使えますが、やはり入力後は正常に動きません。他のアプリでのカーソル移動は正常に行えるため、pagesの問題かと思いレビューに記しました。
便利な機能なだけにとても残念です。そういう仕様でしたらすみません。

・振り仮名の自由度
文字を選択し振り仮名を振る際の特徴です。
たとえば「本気」などの単語の場合は、振り仮名設定を開くと一度に「テキスト」「ガイド(振り仮名)」が出てきてどちらとも自由に変更できます。(※1)「本気」に「マジ」と振り仮名を付けられます。
しかし、「気本」などの辞書に登録されていない語(?)に関しては表示された「ガイド」の選択のみが可能で振り仮名は自由に入力できません。
ただ、「気本」に好きな振り仮名を付けられないわけではありません。※1の部分であるように、大体の語は「テキスト」と「ガイド」を変更することができます。この場合、「気」のみ選択し振り仮名設定を開き「テキスト」に「気本」と入力し、「ガイド」に「ジマ」とか任意の振り仮名を指定することができます。

フォントが少ないという声もありますが、iPhoneに登録すればアプリ内でも使用できるため不便さはあまり感じません。

また、編集不可の閲覧モード(?)が導入されてから意図せず図が動いたりせず(図をロックすればいい話ですが)、書類が読みやすくなりました。

今でも使いやすいのですが、アップデートでさらに使いやすいアプリケーションになることを楽しみにしています。

macuser765

Wordと比較は無意味

よく「Wordと比較して」とか「あの機能がない」とかで「使えない」と結論を出している人を見ますが、そもそも比較すること自体がおかしいと思います。
日本的なWordの使い方がしたいのなら、WindowsパソコンとWordを何万円か払って買えば良いのであって、iPadやMac上でのPagesと比較して云々は違うのかなと思います。
ビジネスでWordの代わりに使っても、そもそもファイルが開けない人の方が多いでしょうし、変更履歴や版管理となると確かに弱いと思います。
が、個人レベルのドキュメントや少人数のグループ内ドキュメント、お店のPOP的なものであれば、iPadでサッと開いてサッと文章入力、さらにiPadで撮った写真をすぐ貼り付けたりと、短時間である程度のところまで作れるのが良いと思います。
フォントはもう少し欲しいところですが、普通なら1書体でも何十万円もするものですし、フリーフォントを自由にインストールというのは色々と問題があるのでしょうから、ここは致し方なしだと割り切ってます。
バージョンアップのたびにいろんな機能が追加されていくので、今後も楽しみです。

dymvfんっg

神すぎワロタ

神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神神😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎🤓😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😞😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎😎

おまけに🤓と😞探してみて。🤫

Appのプライバシー

デベロッパである"Apple"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

ストーリー

このデベロッパのその他のApp