スクリーンショット

説明

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真(画像)ファイルに記録されているExifをはじめとする、さまざまなメタデータを編集、削除、または、メタデータを含まない写真(画像)ファイルにメタデータを付加することができます。

■ 編集または、追加、削除できるメタデータ
- TIFF, Exif, GPS, XMP, IPTC
- JFIF Segment
- COM Segment(コメント)
- Exif内のメーカー固有のMaker Note内のデータの表示、編集には未対応

■ 対応ファイルフォーマット
- JPEG
- TIFF(マルチページを除く)

■ 主な特徴
- 複数のファイルに対して一括編集
- JPEG画像にサムネールの追加または削除
- IPTC Photo Metadataを簡単編集
- IPTC 作成者連絡先データを複数プリセット登録
- よく使う文字列を登録し、コンテクストメニューで呼び出して効率よく編集
- ジオタグ(GPS)データについて
Apple Map上でクリックし、GPSデータの追加や編集
地名、建物名などで緯度経度の検索(要インターネット接続)
場所リストには、世界98の国と地域の主要空港と国内47都道府県の主要駅の緯度経度が登録済
新たな場所の緯度経度を登録して場所リストのカスタマイズ
- Google Depth Mapメタデータのオリジナル2D画像、Depth Map画像の表示、書き出し、削除。
- 複数ファイルの日時メタデータを、同じ日時間隔で一括して進めるまたは戻す。または、等間隔で日時設定。
対象の日時メタデータは以下の3つ
タグ No.306: 編集日時
タグ No.36867: 原画像の生成日時
タグ No.36868: デジタル化の日時

■ Appleの「写真」アプリで注意すること
- 「写真」は画像読み込み時にメタデータのインデックスを作りそれを参照表示しているため、読み込んだ後の画像のメタデータをPhoto Meta Editで編集しても「写真」では反映されません。読み込む前に編集するか、一度削除して再読み込みすると反映されます。
- 「写真」でタイトル、キャプション、キーワード、GPSなどのメタデータを編集しても上記のインデックスを書き換えるだけなので、Photo Meta Editで画像を開いてもそれらの編集内容は反映されていません。
- 「写真」は読み込んだオリジナル画像を編集することはありません。「写真」の予期せぬ不具合を避けるためにも「写真」に読み込む前にPhoto Meta Editでの編集を推奨します。
- Photo Meta Editは「写真」のライブラリやメタデータのインデックスを編集ことはできません。

■ 注意!
必ずデータのバックアップをとってからご使用ください。

新機能

バージョン 2.3.3

・いくつかの改善とバグ修正

評価とレビュー

4.1/5
41件の評価

41件の評価

ころchang7

使いやすい!しかし...

全体的にUIなど使いやすい。
・exif version 2.1 が使えない!対応してほしい!

schizo_kid

シンプル、簡単、超便利!

1000枚を超えるような大量の画像でもちゃちゃっと処理してくれます。

最初の購入目的は「フィルム時代の写真をスキャンしたときに手動でGPS位置情報をつけるため」
だったのですが、GoogleマップやAppleのMapを内部で使えるため、ドラッグしてピンを落とすだけでと
超かんたん! もちろん細かい緯度経度の数値入力もできます。

撮影日なんかももちろん書き加えられるのでAppleの「写真」に読み込む前に一括処理しておくと
ちゃんと日付通り表示できるようになるのでライブラリーがスッキリ。

その他、ボクは

・大量の画像の向きの一括修正
・サムネイルの一括作成、追加

などに使っています。普段、画像はNASに保存しているので、サムネイル付けとくと
高解像度の画像でもFinderでの表示がかなり早くなるのでとても便利です。

およそ1年程、Dockに常駐させてほぼ毎日使っています。作者のMIMORI様、作ってくれてありがとう!

tame1026

とても気に入っていましたが、、、

アプリのアップデートが自動でなされた際に登録していたGPS地図登録データが全て消えてしまいました。何十時間分の作業代を返してほしい!

デベロッパの回答

アプリのアップデート(自動・手動共に)や、アップデート後の起動にてアプリによる「GPS場所リスト」データの上書き・消去は行っておりません。アップデートによる損失ではないと推測いたします。

「GPS場所リスト」のデータは以下の「GPS Locations」に記録されています。
★ macOS 10.15 以前
/Home/ライブラリ/Containers/jp.tranquillitybase.PhotoMetaEdit/Data/Library/Application Support/Tranquillity Base/Photo Meta Edit/GPS Locations
★ macOS 11 (Big Sur)
/Home/ライブラリ/Containers/Photo Meta Edit/Data/Library/Application Support/Tranquillity Base/Photo Meta Edit/GPS Locations

Time Machine等でMacをバックアップしていれば、上記の/Home/ライブラリ/Containers 以下が残っていると思います。
過去のデータから「GPS Locations」をコピーして、現在のと置き換えれば再現されます。(Photo Meta Editを終了した状態で行って下さい)

ご質問などあれば eagle@tranquillitybase.jp までよろしくお願いいたします。

Appのプライバシー

デベロッパである"Tranquillity Base"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp