スクリーンショット

説明

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真(画像)ファイルに記録されているExifをはじめとする、さまざまなメタデータを編集、削除、または、メタデータを含まない写真(画像)ファイルにメタデータを付加することができます。

対応ファイルフォーマット
・Jpeg、Tiff

編集または、追加、削除できるメタデータ
・TIFF, Exif, GPS, XMP, IPTC
・JFIF Segment of jpeg
・COM Segment of jpeg
・Exif内のメーカー固有のMaker Note内のデータの表示、編集には対応してません

特徴
・複数のファイルに対して一括編集
・JPEG画像にサムネールの追加または削除
・IPTC Photo Metadataを簡単編集
・IPTC 作成者連絡先データを複数プリセット登録
・よく使う文字列を登録し、コンテクストメニューで呼び出して効率よく編集
・ジオタグ(GPS)データについて
 Apple Map上でクリックし、GPSデータの追加や編集
 地名、建物名などで緯度経度の検索(要インターネット接続)
 場所リストには、世界98の国と地域の主要空港と国内47都道府県の主要駅の緯度経度が登録済
 新たな場所の緯度経度を登録して場所リストのカスタマイズ
・Google Depth Mapメタデータのオリジナル2D画像、Depth Map画像の表示、書き出し、削除。
・複数ファイルの日時メタデータを、同じ日時間隔で一括して進めるまたは戻す。または、等間隔で日時設定。
 対象の日時メタデータは以下の3つ
 - タグ No. 306: 編集日時
 - タグ No. 36867: 原画像の生成日時
 - タグ No. 36868: デジタル化の日時

新機能

バージョン 2.2.9

・Exifバージョン2.32に対応。以下の項目が追加されました。
 合成画像 (Tag No. 42080, 0xA460)
 合成画像のソース画像数 (Tag No. 42081, 0xA461)
 合成画像のソース画像露光時間 (Tag No. 42082, 0xA462)
・次期macOSで起動するとクラッシュする問題を修正
・コンテキストメニューにて「よく使う文字」を使用したときにクラッシュすることがある問題を修正
・内部コードの改善

評価とレビュー

4.2/5
6件の評価

6件の評価

ころchang7

使いやすい!しかし...

全体的にUIなど使いやすい。
・exif version 2.1 が使えない!対応してほしい!

schizo_kid

シンプル、簡単、超便利!

1000枚を超えるような大量の画像でもちゃちゃっと処理してくれます。

最初の購入目的は「フィルム時代の写真をスキャンしたときに手動でGPS位置情報をつけるため」
だったのですが、GoogleマップやAppleのMapを内部で使えるため、ドラッグしてピンを落とすだけでと
超かんたん! もちろん細かい緯度経度の数値入力もできます。

撮影日なんかももちろん書き加えられるのでAppleの「写真」に読み込む前に一括処理しておくと
ちゃんと日付通り表示できるようになるのでライブラリーがスッキリ。

その他、ボクは

・大量の画像の向きの一括修正
・サムネイルの一括作成、追加

などに使っています。普段、画像はNASに保存しているので、サムネイル付けとくと
高解像度の画像でもFinderでの表示がかなり早くなるのでとても便利です。

およそ1年程、Dockに常駐させてほぼ毎日使っています。作者のMIMORI様、作ってくれてありがとう!

9丁目

便利です

まだ大量の写真処理はこれからですが、今のところ問題なく、便利に使えています。

情報

販売元
YUJI MIMORI
サイズ
3.9MB
カテゴリ
写真
互換性

macOS 10.12 以降、64ビットプロセッサ

言語

日本語, 英語

年齢
指定:4+
Copyright
© 2019 Yuji MIMORI
価格
¥490

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp