スクリーンショット

説明

このアプリは、LiDARを搭載したiPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max, iPad Pro (第2世代) 11インチディスプレイまたはiPad Pro (第4世代) 12.9インチディスプレイ以降を用いて、3D点群の取得ができます。
取得した点群は、その場でプレビュー表示と、 XYZRGB形式のテキストファイルへ出力することができます。そのデータは、CAD、CGアプリで利用したり、プロノハーツ社のVRシステム「pronoDR」にインポートすると、すぐにVR表示ができます。

ロックが解除されていない状態では、連続撮影可能回数が5回に制限されますが、それまでに取得された点群をファイルへ出力することは可能です。また、計測機能も追加されました。App Storeのアカウントで課金していただくことにより、それらの制限を解除できます。

新機能

バージョン 1.4.0

- 計測点指定の感度を向上 (タッチペン対応)
- 計測ポイントをドラッグ移動できるようになりました

評価とレビュー

4.6/5
222件の評価

222件の評価

balkazuya

計測距離について

MaxDistance10mとありますが、10mまで測定可能なのでしょうか?
10m程度の点群取得できないのですが、コツはありますか?

デベロッパの回答

現在のバージョン1.3.2では、5m以上遠い点群を取得できづらくなっています。次バージョンでは追加機能とともに改善する予定です。申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さい。
なお、LiDARの本来の性能では、5m以上遠い部分でのデータの信頼度は低く、不正確になる傾向があります。

20Nagano

計測時と観測した点群データに関して

動画モードや写真で複数回 取得した点群のズレ(重なり)を
軽減出来ないでしょうか?

また、計測時画面で表示される取得済点群の表示に関して
もっと見やすい色にならないでしょうか。
データ取得済か未取得箇所かの判断がしづらいので。

計測した点群がPCの点群処理ソフトなどに取り込んだ際に
近接する点間距離が 実際とは大きく異なる(数m程になってしまう)
現象は解消出来ないでしょうか?

デベロッパの回答

ご評価をありがとうございます。

点群のズレ対策について、現在鋭意研究開発中です。

計測中の点群をわかりやすく表示する方法についても、現在対策中です。

計測点群をファイルに保存する際の座標値は、mm単位としています。お使いになる点群処理ソフトでの単位の扱いについて、ご確認をお願いいたします。

ニンニンニャンコ

スキャンは出来るが、ずれが。。。

手軽にスキャンできて、非常に良い。
ただ、上手くスキャンするのにかなりコツが入りそう。部屋をぐるりでスキャンしようとすると、対象物がどんどんずれてきてしまう。
上手いスキャンの仕方とかホームページに掲載するなどして教えて欲しい。

デベロッパの回答

スキャンショットごとのデータのズレは、iPad/iPhoneから得られる測距データの誤差に起因しています。現在このズレ対策を研究中です。しばらくの間お待ち下さい。
また、こちらのホームページに、使い方のコツなどの情報を掲載していますので、ご参考になさってください。 https://prono82.com/pronopointsscan/

Appのプライバシー

デベロッパである"Prono Hearts Inc."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ