Qrio Lock(キュリオロック‪)‬ 4+

カギが自由になる生‪活‬

Qrio, Inc.

    • 無料

スクリーンショット

説明

※iOS 12.0以上のiPhoneでご利用いただけます。
※Apple Watchのご利用には、watchOS 4.3以上へのアップデートが必要です。
※Qrio Smart Lock (Q-SL1)のアカウントはご利用いただけませんのでご注意ください。

◇ハンズフリー解錠
ドアに近づくだけで、Qrio Lockがカギを解錠します。スマートフォンを取り出す必要はありません。

◇オートロック
Qrio Lockがカギの締め忘れを防止します。ドアが閉まったことを検知する、新しくなったオートロック。

◇様々なドアに対応し、設置工事も不要
日本の住環境に合わせ、様々なドアロックに対応した形を追求しています。カギ交換や穴開けの必要もなく。賃貸住宅でも安心して取り付けられます。

◇カギのスタイルをもっと自由に。家族で使えるQrio Lock
Qrio Lockは、合カギを作成して家族や知人に手軽に共有できるので、とても便利。Qrio Lockなら、あらゆる生活スタイルに合わせた使い方ができます。

◇リモート操作と通知機能で、安心のセキュリティ
Qrio Hubを連携すると、Qrio Lockを外出先から操作したり、操作した通知をスマートフォンで受け取ることができます。

※「ハンズフリー解錠」は、バックグラウンド時にGPSを使用するため通常よりスマートフォンのバッテリーを消費する場合があります。
"Continued use of GPS running in the background can dramatically decrease battery life.”

新機能

バージョン 3.2.6

安定性を向上しました。

評価とレビュー

2.4/5
751件の評価

751件の評価

とっとこさくたろう

他の人のレビューは重要ですね

Apple Watchで解錠も施錠も一度たりともまともに出来たことがないが、私の端末がおかしいと思っていたが、皆さんそうだったのだと知る(笑
ハンズフリー解錠は家に居て勝手に解錠されることがある←二人以上で登録すると誤動作するのはメーカー承知していた。
ツーロック設定でKey使用での解錠は片方しか解錠出来ない。←メーカーも原因わからないと放置。
リモート登録していると施錠されていてもたまに開いてますと表示されて閉めることも出来ない。←旅行中にやられるとパニックである。 全信用は出来ない。

更新
Apple Watchでの会場が稀に出来るようになった。
keyの動作は安定してきたが、稀に1ロック解除されない。
ハンズフリーは相変わらず。1人のみ登録して動作はしているが、2ロックのうち1つのみ開いている事がちょいちょいある。
リモートのトラブルはほぼ起きなくなった。

在宅中にカギが開く現象がある人は確認して貰いたいですが、2以上の端末でハンズフリー登録してませんか?メーカー曰く、閉め開いはワンセットで一つの端末が行わないといけないらしいです。2以上あるとワンセットの操作をしていないから誤動作(在宅中にカギが開く)するそうです。←メーカーは認知しているにも関わらすユーザーに周知しないのはかなり悪だと感じます。

kanoppi

Apple watchでの鍵同期できず、サポートの不親切さに驚き

Apple Watchでの開錠ができることを期待していたのに、全く同期できず。サポートへ問い合わせしたのですが、Apple Watchでの利用は諦めました。しかしレビューを読んでいると同期できてもマトモに動かないようで、、、??? みなさん問い合わせ対応いかがでした?当方、対応が、まあ、文句を言う気にもなれない、ユーザーを減らそうとしてるのかな?と思うような状況で、、、入居施設が導入した機器なので仕方なく使ってますが、システムに何かあっても何もしてくれなさそうなので物理鍵持ち歩きはマストだなあという感じです。 鍵というクリティカルな設備にも関わらず、去年はサービス終了製品で話題になりましたし、サポート体勢おざなりでも事業がよく続くものだなあと感心してます。観察対象としては興味深いです。

---
約半年経って、入居施設が更に鍵を増やしたためApple Watch対応を諦めきれず、問い合わせを再度してみました。チャットサポートは相変わらず役立たず。電話サポートは製品番号を聞いた挙句に「ここではわかりかねるので入居施設に聞いてくれ」とたらい回し。「大家さんマターではないのは明らかなので誰に聞けば分かるのか窓口を調べて教えてくれ」と押し戻したところ、社員ぽい人から折り返しがありました。
2024年3月時点での結論として:デバイスとは関係なく、個人向けと法人向けではバックのシステムが違い、法人はApple Watch非対応ということらしいです。
だったら、そう、書いとくべきでは? 電話口の説明も当初、まるで大家さんの選んだシステム“が”問題みたいな言い方でした。「結局、利用デバイスは個人法人変わらないが、個人はWatch対応していて、法人は対応してないってことですか?」と聞いたら、そうだと。言い訳がましい。

Updateして

QrioKeyは便利(ハンズフリー解錠機能は諦め)

前回レビューに記載した理由で残念ながらハンズフリー解錠機能は諦め、次善の策としてQrioKeyを購入したが、これが予想以上に便利だったので総合評価を更新した。
1. iPhoneやApple Watchでの解錠はアプリを起動して両手で操作する必要があるが、QrioKeyは指先の感触で凹部を押せば良く、片手で(見ないでも)使える。メッシュポケットに入れておけばポケットの上から凹部を押せるので取り出す必要もない。
2. ドアの数メートル手前でQrioKeyの解錠ボタンを押せば100%確実に即座に解錠出来る。ハンズフリー解錠機能のような遅れや解錠しない事が無い。
3. ハンズフリー解錠機能と異なり、QrioKeyは位置情報サービスをオフ(許可しない)にして使用出来る。
4. Lock本体の省電力モードが使えるので電池が長持ちする。

オートロック機能とQrioKeyで施錠/解錠が快適に操作出来ている。

以下 前回レビュー (ハンズフリーはリスク有り)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハンズフリー解錠設定時、自宅に居るのにGPS位置情報の一時的誤差が発生すると外出したと誤認識してハンズフリー解錠が準備(有効化)され、数秒後にGPS位置情報が正常値に戻ると帰宅したと判定し勝手に誤解錠されてしまう事象が頻発している。自宅に居る時に勝手に解錠されてしまう事象で、解錠通知に気づけば自分で施錠出来るが、就寝中や入浴中など通知に気付けない場合、ずっと解錠されたままと言うリスクがあり、怖くてハンズフリー解錠機能は使えない。

アプリのプライバシー

デベロッパである"Qrio, Inc."は、アプリのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります。

  • 連絡先情報

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません。

  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

このデベロッパのその他のアプリ

他のおすすめ

Nature Remo
ユーティリティ
Akerun App
ユーティリティ
280blocker - 広告ブロック-コンテンツブロッカー
ユーティリティ
Aladdin X
ユーティリティ
AirStationアプリ (旧StationRadar)
ユーティリティ
My IIJmio
ユーティリティ