スクリーンショット

説明

scapple: to work or shape roughly, without smoothing to a finish.
- The Chambers Dictionary

ROUGH IT OUT
Ever scribbled ideas on a piece of paper and drawn lines between related thoughts? Then you already know what Scapple does. It's a virtual sheet of paper that lets you make notes anywhere and connect them using lines or arrows.

MAKE CONNECTIONS
Join up your thinking however you want. Scapple doesn't force you to make connections—every note is equal, so it's up to you which notes have connections and which don't. You have complete freedom to experiment with how your ideas fit together.

IT’S SCAPPLE SIMPLE
Creating notes is as easy as double-clicking anywhere on the page; making connections between ideas is as simple as dragging and dropping one note onto another. And unlike real paper, in Scapple you can move notes around and never run out of space.

FEATURES
• Simple—and fun!—to use
• Write notes anywhere
• Connect notes using drag and drop
• Move and arrange notes easily
• Stack notes in columns of related ideas
• Label connections
• Create background shapes to group notes
• Customise the appearance of notes
• MathType support
• iCloud syncing
• Full screen mode
• Export to popular formats or print your ideas
• Easily drag notes into Scrivener for further development

SUPPORT
If you have any questions or feedback, you can contact us by email on scapple.support@literatureandlatte.com or via our support forum at http://www.literatureandlatte.com/forum.

新機能

バージョン 1.4

Scapple 1.4 provides compatibility for both macOS 11 Big Sur and Apple Silicon.

BIG SUR
UI and icons updated to match the new look of macOS 11 Big Sur.

APPLE SILICON
Scapple is now a Universal app, running natively on both Silicon and Intel machines.

CHANGES
• Drawing and zooming optimised - Scapple should now be much faster with large boards.
• Added a preference that allows you to use solid lines instead of dashes for connections without arrows.
• Numerous refinements and bug fixes.

評価とレビュー

4.6/5
47件の評価

47件の評価

Java the Bad!

これこそ本当のmaindmapアプリ

様々なマインドマップアプリを使ってきましたが、他のアプリはただ綺麗なだけ。
アプリの機能に頭を合わせなくてはいけません。自由じゃない。あんなので企画なんか立てられない。

一番の違いは、思いついたことをリターンキーでどんどん綴り、後で線をつなげて図にできる。
この方法だと黒板にアイディア書き出して、みんなで考えるってことができる。
後で図を見たとき、他人にも理解しやすいというのが最も大きいでしょう。

他のアプリは宣伝こそ派手ですが、騙されてはいけません。

私はこれこそ、本来のマインドマップアプリだと思います。

tomato&8877

相互の関連性を視覚化できるすばらしいソフト

(1)相互に関連しているかも知れないけれど、どのような関係づけをしたらよいか分からないとき、(2)相互の関連性を分かりやすくプレゼンしたいとき、非常に役立ちます。つまり、「システム」の記述に非常に重宝しています。あらかじめこのscappleによる相互関連図があれば、相互関連性が希薄になりがちなマインドマップなどの組織図的な(還元主義的な)記述をする際にも、思考経路の間違いが少なくなるようです。
また機能が絞ってあるだけ、使い方が非常に直感的で操作しやすいのも特筆ものです。その分、このソフトだけで綺麗なレイアウトは期待できません。これをもとに見栄えのよいプレセンにしたいなら例えばomniGraffleやillustratorなどの別ソフトが必要かも知れません。

Screen-Player

素晴らしいが、ノートが多くなると文字入力が重くなる

このシンプルなアプリのおかげで、脚本のアイデア出しからプロット作りまではかどります。
ただ、100以上のノートを作ると、文字入力が重すぎてアイデアを出すのにすらすら書けなくなってしまいます。
日本語だと、漢字に変換する必要もあるので余計ストレスです。
開発元ではこの問題を認識しているとのことなので、次期バージョンに期待しています。

Appのプライバシー

デベロッパである"Literature & Latte"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp