スクリーンショット

説明

Shade3D で作成したパノラマ画像をつかって簡単にVRの世界を体験できます
iPhoneやiPadで360度自由に見ることができ、iPhoneをセットしたVRゴーグルを通してその場にいるような没入感を実感できます。

◆2種類のVR体験
・単眼パノラマビュー
Shde3Dで作成したパノラマ画像はiPhone、iPadに転送して見ることができます。
転送された静止画はタッチパネル上でのスワイプにより向きたい方向に細かく指で操作するモード、端末の傾きを検知して向きに合わせてビューイングする「ジャイロ」モードを搭載。自由に動かして好きなアングルで見ることができます。

・2眼ステレオビュー(立体視パノラマビュー)
Shade3Dで作成したパノラマ画像はさまざまなVRビューアーと組み合わせることで簡単にVRの世界を体感することができます。
ステレオ画像設定を選ぶことで画面を左右に分割しますので、VRビューアーにiPhoneを装着し、VRビューアーを覗き込むと目の前に360度画像が広がります。
ジャイロモードをオンにすることでその映像は頭の動きに合わせて移動するので、まるでその場にいるかのような没入感を体験することができます。

◆Shade3DでVR用レンダリングの方法
Shade3D ver.18ではVRに対応した方法でレンダリングを行います。
詳しくはこちら
https://knowledge.shade3d.jp/knowledgebase/パノラマvrレンダリング

◆その他機能
細かな設定ができるのでお好みのVR空間が作成できます
視点結合方法:単眼パノラマ(1種類)、2眼パノラマ(4種類)
投影方法:球投影、キューブマップ、パーティカルクロス
ジャイロ:オンにすると頭の動きや端末の傾きにあわせてビューイングが可能

新機能

バージョン 1.0.1

画像選択時のUIが日本語になるように修正しました。

評価とレビュー

5.0/5
1件の評価

1件の評価

ありやなきや

面白い!

自作したVR3D画像をVRゴーグルで見るのに良いです!

難を言えば、今のバージョンは静止画だけで、動画は未対応と言うことでしょうか。
あと、ステレオでない一眼画像は二眼VR表示できないので、VRゴーグルで見られないのが残念です。
一眼画像でもVRゴーグルで見る楽しみはあるのです。

各社から出ているBluetoothのVRリモコンに対応してくれるとモアベター。
次の画像を見る時に、VRゴーグルから取りださなくて済みます。

後はスマホの画面サイズによって、ズームと、瞳孔間距離をもう少し調整できると、人によっての差を減らせるでしょうか。

Appのプライバシー

デベロッパであるShade3d Co.,Ltd.は、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。 詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ