スクリーンショット

説明

バンドがテーマのキャラクタープロジェクト『SHOW BY ROCK!!』の熱狂バンドリズムゲーム!
『SHOW BY ROCK!!』の最高にRockな音楽を体感しよう!
2020年1月より新作アニメも放映中!

バンドメンバーと協力してゴーストタウンと化した街を復興し、
伝説のロックフェス開催を目指しましょう!!

▼直観的に遊べる王道リズムゲーム▼
収録楽曲多数!曲に合わせて画面をタップ&フリック!
お気に入りのキャラクターでバンドを編成し、ライブを楽しもう!
ライブ中はちびキャラが可愛く演奏します!

▼ボリューム満点のフルボイスストーリー▼
ゲームオリジナルの「メインストーリー」をはじめ、
アニメシリーズを追体験できる「69メモリー」、
各バンドの結成秘話などを描く「バンドエピソード」など、
『SHOW BY ROCK!!』の世界を堪能できる物語がフルボイスで楽しめる!
シーンに合わせてリアクションする、可愛い2Dキャラモーションも必見!

▼遊びが広がるショップ経営▼
ライブをして獲得したグッズをマイショップで販売。
稼いだサウンドルで楽曲や強化アイテム、アバター衣装などを購入しよう!
ステージ機材を購入すれば、ライブステージを自分好みにカスタマイズ!

▼協力してダークモンスターに立ち向かえ▼
タウンでは「負」の音楽エネルギーを持つダークモンスターが発生することも。
みんなの音楽の力(スコア)を集結させて、ダークモンスターを討伐しよう!(非同期型協力バトル)

▼出演声優▼
稲川英里、上坂すみれ、沼倉愛美、佐倉綾音
谷山紀章、内山昂輝、柿原徹也、細谷佳正
早見沙織、松井恵理子、潘めぐみ
宮野真守、村瀬歩、逢坂良太
野口瑠璃子、田中あいみ、木戸衣吹
遠野ひかる、夏吉ゆうこ、和多田美咲、山根綺
伊東健人、小松昌平、小野友樹、白井悠介
Lynn、芹澤優、鈴木みのり 他
※今後も続々と追加予定!

▼動作推奨OS▼
iOS9以降

新機能

バージョン 1.8.0

・新規イベント開催の準備

・新規ブロマイド追加
・新規エピソード追加
・新規楽曲追加
・新規バンド追加

評価とレビュー

4.7/5
1.9万件の評価

1.9万件の評価

ぽんたろ.

今後に期待

前作からプレイしている者です。前作と比べての評価になりますが、ご了承ください。
縦向き3レーンから横向き5レーンになり、正直音ゲー部分だけ見ると他の有名音ゲーとの違いがほぼ無く、個性が薄れたところが惜しいです。もちろん今作の良い点もありますし、会社が変わったのでどうしようもないですが…別のところで個性が出ることを期待。
譜面は最高難易度でもそこまで難しくありません。現在ノーツ速度の上限拡大が行われる予定ですが、音ゲー慣れしている人は物足りないかもしれませんね。

良い点
・ほとんどフルボイス、ストーリーの内容が前作より良くなった。前作は茶番が多く石回収のためスキップしていましたが、各バンドキャラ一人一人の魅力が感じられてとても良いと思います。

・スタミナ(イヤホイ)が切れてもプレイ出来る。報酬は貰えませんが回復を待たなくても良くなったのでありがたいです。

・ガチャの排出率が良い。若干ですが、最高レアリィティのSSRが出やすい気がします。石も集めやすくなりました。

気になる点
・ノーツが抜けやすい。特にスライドするロングノーツや、ロングノーツ後のフリックがよく抜けます。現在運営が判定範囲を調整中です。

・ミューモン(ミニキャラ)が可愛くなくなった。検索していただければわかりますが、他の方が言うように前作と比べてだいぶ酷いです。SB69のターゲットは主に男性のはずなので、どうにかならないかなと思っています。

・Live2Dのモーションが甘い。動きがおかしかったり、カクついているところが結構あります。

アプデで解消された不具合・要望など
・楽曲解放に必要なサウンドルの大幅変更
・フリックの左右色変え(予定)
・ダークモンスター戦などでノーツが流れてこない不具合の解消(予定)
・フリック、ノーツの判定調整(予定)
・ノーツ速度の設定上限の拡大(予定)

前作のバンドは現在実装されていませんが、最近発表された次のアニメには一部登場するので実装が間に合っていないのだと思います。ただ、前作からのファンを切るのはどうかと思いますが…フルボイスとなると声優のいないキャラや一部タイアップバンドは厳しいかもしれません。前作のタイアップバンド推しとしては悲しいですが、今後どうなるかはわかりませんので気長に待ちましょう。
ユーザーからの要望への対応が早く非常に助かっています。リリースしてまだ間もないため今後の期待を込めて☆4。

ありのまま(ままのりあ)

序盤が昔ながらのリセマラゲーで音ゲーカクツキすぎだが判定調整方法とやり込み設定は評価できる

ⅩSMAXでも音ゲーでガクガクになる原因は私の環境ではアクセスガイドが原因でした。上フリックがある音ゲーではホームバーを消さないと安心して操作できないので必須でしたが著しくゲーム内フレームレートに影響を与えるようです。アクセスガイドを切った途端にヌルヌルになりました。某アイドルゲームでもアクセスガイドありだと最近プチフリーズによる理不尽なコンボ切れを見かけるようになったのでこのゲームに限らないかもしれませんね。

という訳でフレームレート不安定を取るかタップの仕方に気をつけるかの二択を迫られることになりそうです。傾斜角30度にして判定ライン少し上辺りをタップするようにしています。

一方で判定調整は合わせやすいです。数字を変えたらずっと音に合わせて4分のリズムを刻み続ければ判定ラインとぴったり重なる位置が見つけやすいです。一度の調整で2小節程度分しか調整チャンスがなかったり、完全にリズムのみに頼らないといけない調整方法を採用してる他の音ゲーでも採用して欲しいくらいです。

判定ラインはデフォルトの四角いノーツの場合はノーツ下端と判定ライン上端が基準に思えます。多分弐寺と同じです。判定ラインど真ん中だとパーフェクトにならないので、ポップンなど判定ラインが沈んでる音ゲーに慣れててパーフェクトがでない方は若干早目に叩きましょう。

やり込み設定が中々良いです。スコアに直結します。音ゲー慣れしてると通常の判定が甘く感じますが、普通、厳しいにすると単発でも気を抜くとグッドになるため弐寺やユビートのハード慣れしてる人はスコア倍率も上がるので判定を厳しくしていいでしょう。

ただし譜面毎の報酬にパーフェクト回数があるのでパーフェクトが80%下回る譜面では判定を甘くした方がいいのと、オールパーフェクトがミッションにあるので最低1度は通常判定でオールパーフェクトを出しておく事をお勧めします。

押したレーンが想定よりずれる経験がある人はレーン傾斜角度を30度にすると多少マシになります。

ハイスピードが13で足りない人は画面内に映るノーツ量が多過ぎるせいだと思われますので紙で画面上部を隠すと改善できます(所謂Sudden+)。これは昔ながらの音ゲーマーがゲーセンでタオルなどでよく使っていた手法です。スマホならコピー用紙か黒い紙を少し浮かせて貼るか折って設置、でいいかと。

スライドするロングノーツの終点が抜けやすいらしいですが、スライドを終点で離す際に勢い余ってレーン外迄動かしてしまうとミスになるようです。勢い余って動かしすぎないようにしてみてください。秋雨純情歌Expertはそこを気を付けたらちゃんとフルコンボを取れました。ただしスライド終点に外向きのフリックがついてる場合はフリックでレーン外に持っていって大丈夫です。

シロ イチ

今後に期待できる

(最終更新:2020/03/27)
友達に誘われてはじめました。
・SHOW BY ROCKははじめて触りました。アニメも一切みていないです。
・アーケードで他のリズムゲームを経験しています。

【良い点】
・曲
(2020/03/27 修正)
これは好みの問題なので挙げるだけに留めます。各ユーザーで好きなものを好きといいましょう。私は「ネオンテトラの空」がオススメです(エキスパート譜面の完成度が高いです。構成がいいのはもちろん、ロングノーツの使い方がすごいうまい!)。

・ライブ設定
判定が3種類ある事が一番でかいです。「ふつう」判定でFullPerfectを目指してめちゃくちゃ楽しませてもらってます。おそらく大体のアーケードゲーム程度の判定とおもいます。
「きびしい」判定はマジできびしい。タッチである分かのbeat○aniaより厳しいのでは?ぐらいです。

・ウデマエレート
キャラクター性能依存な所もありますがモチベーションに繋がっていいと思います。すき。ただし...

【悪い点】
・ウデマエレート
あまり活かされていないです。残念。たとえば、
☆曲レベルや判定内訳も加味したレート計算式を実装し、より「意味のある」レートへ
☆レートの近いプレイヤー同士で対バンが行えるように(ただし対バン設定周辺の調整や修正も必須になるのでは)
...など、何かしらの形で活かして欲しいです。

・楽曲レベル(2020/03/27 新評価)
一部のユーザー間で、エキスパート譜面のレベル設定が「ノート数のみで決定されている」という説の下で雑である、という指摘が上がっています。確かにFalling RosesがLv21とは思えないので
☆何を目的とするか(クリア、Full Perfect、など)
☆局所難ならばどれがどのぐらい難しいか(16分乱打、三連符、左右の振りが激しい、など)
など、どこかでレベルの再設定があると親切だなぁと。

・サウンドル(ゲーム内通貨)
(2020/03/27 再評価)
2020/03/25の修正によりほとんどのアイテム価格に35%以上の下方修正がされました。ユーザーとしてはありがたいですが、今度は逆に余るのではないか、とひっそり運営を心配しています。
これは4月が終わる頃にまたレビューさせて頂きますが、もし「ふつうに遊ぶと高レアリティのアイテムは取捨選択が必要になる」という思惑があるのでしたら楽曲の価格を
初週5万(サウンドル)→2週目3万→3週目以降2万
のようにしてもよかったと思います。あくまで「楽曲を楽しむゲームなのに楽曲が恒常的に15万という価格設定があまりにもひどい」という話でした。

・譜面
いい譜面もありますが、「なんでそこでロングノーツおわるん?」「この音の取り方もったいない...」というものもちょくちょく...今後に期待ですね。

・ユーザー対応
(2020/03/27 新評価)
サウンドルは大胆な改修がなされ、もう事後なのでどうしようもないですがリズムゲーム周辺はまだ希望があるのでここにかきます。あれほど「やりこみ設定」があるのですから、フリックなどのリズムゲーム周辺は強気にでていいと思います。
たとえば、左右フリックについて、仮に左右で色を変えるとなれば...その「視認性の低さ」をウリとした高難易度譜面を提供できなくなります。若干は暗記要素があるぐらいがおもしろいと私は思っています。ロングノーツ終点のフリックについてはすこし思う所もありますが、視認性を改善するのは長期的にみると悪手では?

【総評】
(2020/03/27 再評価)
ライブめちゃめちゃたのしいので今の所オススメできるゲームです。
うごくまではおそい反面、対応がやや親身すぎるきらいがあると思います。

情報

販売元
SQUARE ENIX Co., Ltd.
サイズ
203.1MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
4+
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. メロディシアンパックB ¥490
  2. メロディシアンパックA ¥120
  3. メロディシアンパックC ¥980

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ