スクリーンショット

説明

200万DL突破!
バカゲーの定番ゲームでオンライン対戦!
----------------------------------
「お願い!神ゲー診断」神ゲーorクソゲー!?本当に面白いゲームなのか禁断のジャッジ!にて紹介!
マツコ&有吉の怒り新党で「新・3大 ついついハマるシュールなインディーズゲーム」として紹介!
九州のバラエティ番組「ドォーモ」にて紹介!
映画ソーセージパーティーとのコラボ実現!
----------------------------------

選ばれし者よ。
さあ、剣(ソーセージ)を取れ!

ソーセージを、振り回して戦うゲームが登場。
物理演算されたソーセージで、リアルな動作を実現。

操作方法
長押しでパワーを貯めて、指を離すだけ。

物理演算された世界のソーセージ。
リアルで美しい3Dグラフィック。
2人対戦プレイ。

全てのレジェンドソーセージを手に入れて、
世界に平和をもたらそう。

新機能

バージョン 2.2.0

チュロス、アメリカンドッグ、ペパロニピザ、全ノーマルソーセージのレベル上限解放。
シシカバブの下方修正。
バグ修正。

評価とレビュー

4.4/5
4,962件の評価

4,962件の評価

ристорифанатов

Последняя надежда человечества

Спустя 20 лет после 3 мировой войны последние выжившие люди прячутся на станциях и в туннелях московского метро, самого большого на Земле противоатомного бомбоубежища.
Поверхность планеты заражена и не пригодна для обитания, и станции становятся последним пристанищем для человека. Но люди не были готовы примириться в таком случае..
Я почти потерял всю надежду, "почему люди повторяют ошибку.. почему они никогда не замечают свою тупую ошибку.."
Но такой кошмар не продолжился так долго. Вдруг, да, тот герой появился в нашей жизни. "Легенда Колбасы", он сразу и быстро решил все проблемы которые мы, человечества никогда не могли решить через историю.
Большое спасибо за наше спасение!!
Ты настоящий герой!

アソコ洗い屋の仕事

「奏家のひみつ」

「清次ィ、おまんのソーセージはチッチェなぁ笑」

おじさんのこういうところが嫌いだった。
少し訛った方言も、平気でこころに侵入してくる図太さも、とにかく、当時のぼくにとっておじさんの存在は苦手なものだったと思う。

それはあまりにも突然だったので、よく覚えている。高校生1年生の夏休みの夜。まだみんな勉強なんて考えていなくて、お泊まりで定番の恋バナをしていたときだった。

ピリリリリ、

スマホが鳴る。
せっかく楽しい場が興ざめだ。静寂な夜、ヒソヒソした声のみが聞こえるこの雰囲気が楽しいのに。なんだかみんなに申し訳なくなりながら、ぼくは電話に出た。
「なに、用件があるなら早く言って。」
電話の向こうで、かすかにすすり泣く音が聞こえる。
「ん?なにって?よく聞こえないよ!」
「うぅぅ…ズズッ、清次、、今すぐ家に帰ってきなさい。すぐ出発するわ。」
パジャマ姿のまま、気がついたら友達の家を飛び出していた。なんだか、どことなく嫌な予感がした。家につくと、父さんと母さんは黒い洋服を着ていて、車に乗っていた。

見慣れた長屋。古びた玄関口。軋む廊下。風変わりなふすま。すっかり髪の白くなった叔父さん。そこに元気な姿は、もうない。枕元にはお医者さんがいて、ほかの親戚の人たちも集まっている。みんなうつむいている。あんなに苦手だった叔父さんだったのに、ぼくは自然と、叔父さんの手を握っていた。
「叔父さん、叔父さん、叔父さん…」
「んァぁ、?清次かぁ…よかった、清次ィ、おまんに伝えんといかんことがあらァ。おまんの名前ェ、清次って言うじゃろぁ、『奏 清次』おまんは立派なソーセージになれ。『ソーセージ・レジェンド』になれ。約束、守れるかァ?…………」

あとで聞くと、叔父さんはもう重度の認知症で、家族のことさえ忘れていたらしい。どうしてぼくのことだけ思い出してくれたのか、それは今でもわからない。それでも、やらなきゃいけないことができた。守らなきゃいけないことができた。

『奏 清次』これはぼくが、『ソーセージ・レジェンド』になる、ちょっとした物語。

名田 広前

この世の終わりに

この世の終わりに何をするだろうか。このアプリを開く以前の私なら「好きなものをたくさん食べたい」だとか「趣味に打ち込みたい」などの愚問に対して愚行を働くことになっていたと思う。だが今は違う。このアプリに出逢った今の私ならばこう答えるだろう。
『一戦でも多くソーセージレジェンドをプレイする』と。

気付けば私は日常を日常として見てしまっていたのだ。それは毎日を何も変わることなく過ごして日々を浪費していたのだ。そんな時、私はソーセージレジェンドを見つけた。それは翁がかぐや姫を見つけた時の使命感のような、それは本能寺で明智に裏切られた時の衝撃を受けた時のような、なんとも形容し難い感覚だった。それから私の人生は一変した。ある人は言うかもしれない、日常の工程の中にソーセージレジェンドをプレイする事が増えただけだと。そんな人に私は言いたい。それは否だと。ソーセージレジェンドを一戦する度に学ぶもの、得られるものがそこにはある。その大きさは日常の中の一歩を変えるものも在れば、人生においての一歩を変えることも在るでしょう。その中で私は今までにない後悔をした。何故このアプリをもっと早く見つけられなかったのだろうか。と。つまり私の人生は変わったのだ。日々を浪費し、何の生き甲斐も見出せなかった私に、ヒカリが差し込んだ。

その日、このアプリに出逢った日。私は夢を見た。そこは明るく、神々しいと言う言葉が適当だった。そこには神がいた。本能的に判った。この方は神だと。そして神は私に問うのだ。「貴方の願いを聞こう」私は答えた。「私の今までの過ちを許して欲しい」と、すると神は言った。「え、ソセレじゃなくて、ええんかい?」私はその瞬間、夢から覚めた。何故だか体が震え、気付けば私は裸足で家から飛び出していた。何処へ向かう訳でもなく、ただひたすらに走った。8月終わりの深夜二時半。心が身体を追い越した。辛い過去を乗り越えて、明暗の判らない未来へと飛び出した。走った。走って、走って、走った。まだコンクリートがひんやりとしている、とやっと裸足越しに気がついた。そんな時、私は自宅の熱海から250km離れた京都にいた。今なら何処までだって行ける気がする、そう思った。

そんな私が世界陸上で100m、5000m、10000mで金メダルを首に掛けることとなることは、また別の話。

兎に角、私はソーセージレジェンド。略してソセレに人生を救われた。という訳だ。

App内課金有り

150000 Coins
150000 game coins
¥6,100
50000 Coins
50000 game coins
¥2,440
20000 Coins
20000 game coins
¥1,220
7000 Coins
7000 game coins
¥610
1000 Coins
1000 Game Coins
¥120

Appのプライバシー

デベロッパである"Milkcorp"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • ユーザコンテンツ
  • 使用状況データ

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ