スクリーンショット

説明

星の海を巡る物語と、ド派手な3Dアクションバトルを楽しめる
ハイエンドアクションRPGです。

≪プロローグ≫
宇宙暦539年
時空紋章を巡る戦いより2年――――
銀河連邦とクロノスとの戦後処理も滞りなく完了し、
連邦内は穏やかな平和を享受していた。

そんな中、深宇宙探索を進める連邦所属
GFSS-3214F探査戦闘艦に悲劇が襲う。
探査任務からの帰還中、3隻の宇宙海賊と思しき
戦闘艦の急襲を受け、艦体に大きなダメージを負ってしまったのだ。

多くの乗組員を脱出ポッドによって戦線離脱させ、
艦を守るため最後に残った艦長は緊急亜空間ワープを敢行。
重力ターンと同時に行われたワープは失敗。
眩い光につつまれ、意識は闇に飲み込まれてしまう。

目覚めた場所は連邦の管轄より遠く離れた宇宙。
見渡す限り荒野の広がる惑星の上だった――――

≪エピソード2 プロローグ≫
少女は『故郷から遠く離れた宇宙』に一人、漂っていた―
惑星ランビュランスを蝕む災いを取り除き、ベルダ・クレーマンを仲間に加えたイヴリーシュ達は、
未知の宙域を漂う救命艇から一人の少女を救出した。

少女の名は、ティカ・ブランシュ。
乗艦していた移民船の事故で、宇宙に投げ出されたという。

イヴリーシュ達は、ティカを故郷の家族の元へと送り届けるため、
救命艇のAIが指し示す惑星を目指す。
だが当該宙域に到達し、惑星をスキャンしたコロの分析は、
驚くべきものだった。

「この星はどう見ても未開惑星です」

ティカの故郷が、未開惑星のはずがない。
だがティカの持つ情報は、彼女の故郷が移民のための航宙艦どころか、
初歩の内燃機関すら存在しないその星だと告げていた。

「有るはずものが無く、無いはずのものが有る、その星の名は『ダフティーネ』。
異形の獣と過ぎたる力が、『月影の梯子』を求め永久の戦いを繰り返す星」

一人の少女の故郷を探す旅の果てに、
イヴリーシュたちは星の海に潜む闇と邂逅する。

≪エピソード3 プロローグ≫
星の海の戦火を駆ける青年は『地球人の遺伝子』を持っていた。

ダフト星系に潜む謎を紐解き多くの仲間を得た艦長達だったが、
未来から来た少女ティカを未来に送り帰す約束は、未だ果たされていない。

艦長たちは多くの人と情報が集まる独立自治小惑星帯『スターダスト・バザール』を
擁するアズライト星系を目指す。
しかしアズライト星系では、ヒューマンの支配する惑星ラーザと亜人の支配する
惑星オーベルによる星間戦争が勃発していた。

戦火を回避しようとした艦長達は、惑星オーベルの戦災難民を中立地帯である
スターダスト・バザールに送り届けるために救命艇を操る
惑星ラーザの軍人、ヒース・ビューローと出会う。

戦災難民の保護と中立地帯への護送を依頼された艦長達はヒース達の臨時乗艦を許可するが、
検査に当たったヴァルカ・S90から驚くべき報告が上がる。

『ミスタ・ヒースは……地球人だ』
あるはずのない『地球人の遺伝子』が、艦長達を、新たな宇宙の謎の淵へと導く。

≪ゲームの特徴≫

1.簡単操作でシリーズ最速のアクションバトル!
2.シリーズ初の最大4人までのマルチプレイ!
3.スマホの限界に挑戦したハイエンドグラフィック!
4.歴代キャラクターを自由に組み合わせるオールスターパーティ!

開発:
トライエース
音楽:
桜庭統

星の海は繋がり続ける。
新たな物語は、その手の中に。

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

新機能

バージョン 3.8.0

- ゲームの機能の一部をゲームサーバとの通信なしで遊べる「オフライン版」を実装しました。

■オフライン版でできること
・Episode1 ~ 3 の閲覧
・獲得したキャラクターモデルの閲覧
・ホーム画面のお気に入りキャラクター設定 等

※ただし、「オフライン版」の提供期間は当社がその裁量で決定するものとし、永続的な配信をお約束するものではございません。また「オフライン版」のサポートには対応いたしかねます。
その点、ご了承いただきました上で、「オフライン版」をご利用ください。

評価とレビュー

3.3/5
6,783件の評価

6,783件の評価

花潜り

運営の拙さと一部ユーザーの粘着でダメになった

マルチで友人も作り、かなりやりこんでいたので、サービス終了は残念です。

このゲームの全盛期のユーザーはスターオーシャンなんて弱小IPは知りもしないし興味もなかった。
自重しないチラ見えと歯応えのあるアクションを、綺麗なグラフィックで遊べるのが魅力だったのに一部の古参の声が大きく、運営がそれに屈して真逆の方針を取り始めた時からおかしくなった。
チラ見せを激減させ、ガチャにも滅茶苦茶ダサい昔のキャラを混ぜるようになった。

同じようなイベントばかりで、ガチャも天井もなしの渋めなバランスなのに、長所だったチラ見えとキャラクターの良さを除外したら何も残らない。
後半は操作が苦手な古参に配慮したのか、アクション性を破壊するような強すぎる技を持ったキャラも投入されゲーム性にもトドメが刺さった。そうして少しずつみんなが飽きていき、こういう結末を迎えてしまったと感じる。

一時期スタッフが一部のユーザーと遊んでいて、それが古参の逆鱗に触れた事件があったらしいが、最初に触れた通り、このゲームの最盛期に遊んでいた人たちはスターオーシャンなんて興味ない。
このゲームが売れたおかげかリマスター版が出ていたが、PVを見てあまりの古臭さにびっくりした。

ストーリーは結構たのしかったが、サ終に伴う打ち切りで残念。フルボイスだし、キャラも立っていた。

オフライン版が出るらしいが、キャラを見られるだけでクエストが遊べないと言うのは余りに微妙。
新しい遊びが全く増えなかったのはそんな作りに影響されていたのかも知れない。

ソシャゲ運営は自分たちの何が強みかと言う事を全くわかっていないといけないんだと教えてくれた反面教師的な運営でした。

アニメ化もしたけれど

スマホでやるからこうなる

スマホゲーである以上はインフレから逃れることは出来ず、初期実装キャラはほぼなんの役にも立たないレベル。覚醒機能でテコ入れしたと思ったら結局初期に覚醒したキャラは置いてけぼり。
水着などの期間限定キャラも次の年に一回だけ上方修正されるも、それ以降は何もないので結局戦力外に。
それらの戦力外キャラに出番を与えるべく全キャラ使用するダンジョンを実装するも、それまで簡単に入手できた石を報酬にぶっ込んだため、ただ石を回収するのを面倒にしただけという嫌がらせ。

難易度もインフレしているので、最高難度のミッションのマルチプレイは特定キャラでないと蹴られる可能性あり。というか特定キャラでないと倒すのが厳しい。
ただでさえその最高難度が不評なのに、新キャラが最高難度で使ってくださいと言わんばかりの新能力を備えているので、ユーザーの声を無視して集金に走っている感が凄い。しかもランキングを実装してユーザーを競争させようと煽っている。
敵の攻撃はワンパンで殺しに来るレベルなので、ヒーラー無しで全弾回避や無敵時間でゴリ押すのが主流。体力回復術を無限に使える結果がこれだよ。
ちなみに味方CPUはただ正面から単発で攻撃するだけなので一瞬で死ぬ。

良いところは過去作で2Dのデフォルメだったキャラも含めて良質な3Dモデルになっているところか。
スライムのように揺れる巨乳や、短過ぎるスカートから覗くパンツ(時々無駄に凝ったデザイン)など、セクシー要素が好きな人にはたまらないキャラもいるはず。
ただし前述のインフレ問題から観賞用に成り下がる可能性大。

結局はスマホゲーでアクションバトルを抜き出して作った結果、インフレによってバランスは崩壊し、お気に入りキャラは視姦するだけの存在になってしまった。
もういっそプライベートアクション主体のエロい恋愛ゲーム出せばいいと思う。

アクロバッター

原作をもっと大切に。

キャラクターのモデリングとか本当に素晴らしい技術です。しかし、サービス開始から何年も経過してるにも関わらず登場していない原作のプレイアブルキャラクターがワンサカいます。
追加されるキャラが特定のキャラクターの衣装違いや他ゲーのコラボキャラばかりなんです。
勿論コラボキャラなんかは嬉しいですが、ガチャの確率がかなり厳しく設定されているのでほとんど当たりません。☆5が最高レアなのですが、実質その中でも格差があり、優良☆5はその中でも当たりにくい設定になっています。
最下級レアも普通に課金ガチャで出る厳しさ。
ガチャももっと色分けして石を使ったガチャはせめて最低レアのキャラは排出されない様にして欲しいですし、10連回したら☆5が1枠確定などあっても良いのではないでしょうか。

また、サービス開始当初は面白かったですが、以前の炎上事件からかなり廃れている印象です。プロデューサーの1人が頑張って開発ブログなどを上げていますが、不祥事を起こした中心の2人に関しては野放しの様ですね。折角の良素材が多くの不安要素によって質が下がっています。ゲーム自体も必要な変化ぎ少なく、サービス開始当初とあまり変わりばえしていません。衣装を変えただけのキャラクターを追加するよりももっとシステム面での追加、変更をするべきですね。短期スパンでキャラが追加されるので、一人一人のキャラクターの有り難みがあまり有りません。初期のキャラは弱く、新キャラは強いをあからさまに行っています。正直、追加されている要素の中には必要性をあまり感じない物が多く、非常に勿体ない。装備する武器にしても使わなくなる武器が多く、そこにも救済措置が欲しい所ですね。例えばオーラブレードなんかはスターオーシャン1の主人公の最強武器なのですが、当アプリではただの産廃です。
こういった所に作品へのリスペクトが薄い様に感じてしまいます。
今一度、多くの事を見直して欲しいです。原作を貶すのではなく、思わず原作をプレイしたくなるアプリを作って頂きたいです。

Appのプライバシー

デベロッパである"スクウェア・エニックス"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ
  • ID

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • ユーザコンテンツ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ