iPadスクリーンショット

説明

2009年から現在までのシリーズ累計販売本数100万本突破!
テレビアニメも好評だった 「STEINS;GATE」が iPadに登場!
※こちらの商品はiPad専用となります。

■特徴
・iOS用に最適化されたフォーントリガーシステムを搭載! ゲーム中の携帯電話の扱い方で予想もつかないストーリーが展開される!
・ゲーム中の携帯電話は、本物の携帯電話のように、様々なカスタマイズが可能!
・ゲーム中に出てくる特殊は用語はTIPS LISTに登録され、解説も読める!
・CONFIGでは、様々な設定を変更でき、自分好みのプレイスタイルで楽しめる!
・音声はもちろんフルボイス!
・セーブデータをiCloudに対応! 異なるデバイスでもセーブデータを共有してプレイできます!
・ゲームセンター対応!
・総プレイ時間は30時間を超えるボリューム!
・タイムトラベルを題材にしたサスペンスあふれるアドベンチャーゲーム!
・リアルな秋葉原を舞台にし、SERN、ジョン・タイター、幻のレトロPC『IBN5100』等の題材も盛り込んだ、リアルとSFが織りなすストーリー!
・6人のヒロインが登場!(でも1人は男) ヒロインの固有ルートではさまざまな結末が!
・企画原案は志倉千代丸! キャラクターデザインにhuke、ガジェットデザインにSH@RP、シナリオに林直孝(5pb.)を起用!

※OPムービー、エンディングはXbox 360版に準じたものとなります。
※ゲーム内の言語はすべて日本語となります。
※キャラクター紹介、操作方法等の詳細な説明は
http://5pb.jp/games/smapho/app_steinsgate.html
をご覧ください。

※こちらの商品はiPad専用となります。
※ゲーム内の言語はすべて日本語となります。
※キャラクター紹介、操作方法等の詳細な説明は 
http://5pb.jp/games/smapho/app_steinsgate.html 
をご覧ください。 


■キャッチコピー
神をも冒涜する12番目の理論
ーーそれは、俺たちが手にした偶然の産物。


■商品概要
本作は5pb.とNitroplusのコラボレーションによる科学アドベンチャーシリーズの第2弾です。
2009年10月にXbox 360用ソフトとして発売され、プレイヤーからの評価を得て同年の ファミ通アワード優秀賞を受賞。
内容は従来のタイムトラベルを題材にしたフィクションではなく、タイムトラベルそのものの構造に重点をおいた「想定科学アドベンチャー」となっています。
ゲームを構成する設 定や用語のほとんどは、実際に科学的に論じられたものであり、またリアル路線上に構築されたサスペンスは説得力を持ち、プレイヤーに知的好奇心と衝撃を与えます。


■操作方法
直感的なタッチパネル操作で快適にプレイできます!

・共通操作方法
Phoneパネル:フォーントリガー呼び出し/しまいこみ
二本指タップ(もしくはピンチイン):メニュー表示
タップ:テキスト送り、決定
下スワイプ:ログ画面表示
上スワイプ:メッセージエリアの表示オフ
右スワイプ:既読メッセージスキップ
左スワイプ:強制メッセージスキップ
一本指タップ長押し:オートモード

・『STEINS;GATE HD』独自の操作
画面の右端で上スワイプ:フォーントリガー呼び出し
フォーントリガーの左側を下スワイプ:フォーントリガーしまいこみ


■ストーリー
岡部倫太郎―通称オカリン―は、いまだ厨二病から抜け出せない大学生。
自称『狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真』と名乗り、『未来ガジェット研究所』という、メン バーわずか3人だけのサークルでヘンテコな発明をする日々を送っていた。
そんな彼らがある時偶然から過去へと電子メールを送れる発明品、即ち『タイムマシン』を生み出してしまう―。
SERN、ジョン・タイター、幻のレトロPC『IBN5100』、タイムマシン、バタフライ効果、タイムトラベルにおける11の理論―
いくつもの要因が偶然に重なり合ったとき、秋葉原から巻き起こる世界規模の大事件!
“未来への選択”が委ねられたオカリン達が下す決断とは?

新機能

バージョン 1.76

・ダークモードでフォーントリガーが正常に表示されない不具合を修正しました。

評価とレビュー

4.7/5
45件の評価

45件の評価

三毛猫大好き!

歴史に残る傑作だと思います

 アニメの方を観たことがなく、また、初見プレイでした。

 時々フォーントリガーでのインタラクションが発生しますが、プレイヤーがゲームに介入できるのはそこだけで、基本的にはどんな選択をしてもゲームは進行していきます。進行を妨げる障壁はないように見えましたし、だから障壁を取り除くゲームらしいプロセスもないように見えました。そんなわけで、ストーリーを楽しむ一方通行のノベルゲームなのだと思い込んでプレイしていました。ところが実はそうではありませんでした。
 魅力的な題材・キャラクター(フルボイス)・ストーリー・グラフィックス・音楽にすっかり魅了されたまま、約30時間かけてエンディングを迎えると、そこで初めて実はマルチエンディングだったと知りました。なるほど、これは確かにゲームです。そこからさらに約30時間かけて全てのエンディングを迎えることができました。

 知的好奇心をくすぐる題材で、論理的に破綻しない説得力ある設定とストーリー展開でありながら、かつ、魅力的なストーリーで、その中で翻弄される主人公たちに、プレイヤーはいつしか心から幸せになってほしいと願わずにはいられなくなります。
 謎めいた伏線は全て解き明かされますが、何気ない出来事が実は伏線であったりと最後まで驚かされます。

 そんなこの作品を、私も歴史に残る傑作だと思いました。

カゲプロ厨乙

大好きな作品

※追記: よく見るとConfigの欄に、「音声再生時のbgmボリューム調整」という項目があり、それをオフにすると改善された。
しかし…それをするとボイス再生時のbgmが大きくなってボイスが聞き取り辛くなる。だからと言ってbgm音量を下げ過ぎると通常時もずっとbgmが小さいためなんとも。
もともとこのゲームはボイスの音量がシーンによって極端に小さい所があるという所も難点。クレーマーのように細かい指摘で申し訳ないが、大好きな作品なだけに辛口な評価で、星マイナス一個。

シナリオや演出については何も文句は無いのだが、タップしてテキストを次に送る時、「キャラボイス→キャラボイス」という条件下で一瞬ノイズが発生するのが気になって仕方ない。
このゲームはキャラボイス再生時にbgmが小さくなる仕様になっているのだが、タップして次のキャラボイスが流れる切れ間に、何故か通常時の音量のbgmが一瞬鳴ってしまうから、ノイズのような物が聞こえてしまうのだと思われる。
試しにAutoモードで送ると、ノイズは発生しなかった。タップ送りした時にだけその現象が起きる。
細かい事で気にし過ぎかもしれないが、少なくとも私はこのノイズが気になって物語に没入できなかった。今はAutoで読み進めている。
psp版の時には、こんな現象は無かった気がする。
今更改善するのも難しいのかもしれないが、どうか検討して欲しい。

ごおくん

傑作

ノベルスゲームの金字塔。これをiPadで出来る日が来るとは思わなかった

情報

販売元
MAGES. Inc.
サイズ
1.5GB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 12.0以降。iPad対応。

言語

日本語

年齢
12+
まれ/軽度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
まれ/軽度な性的表現またはヌード
Copyright
価格
¥2,940

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ