iPadスクリーンショット

説明

Swift Playgroundsでは、楽しみながらプログラミングを学び、本物のAppを作ることができます。“コーディングを始めよう”では、説明に従ってインタラクティブな問題に取り組み、“Appの作成を始めよう”では、Appを作成するための基礎を身につけます。さまざまな課題やサンプルを試すことで、ユニークなコーディング体験が得られます。

Swift Playgroundsはプログラミングの経験がなくても遊べるので、8歳から108歳まで、これからプログラミングを始めようという方にピッタリです。Appleが開発し、世界中で多くの人気Appの作成に使われているパワフルなプログラミングテクノロジーであるSwiftとSwiftUIを、じっくりと学ぶことができます。iPadと実際のiOS SDKを活用した、ほかでは得られない学習体験を楽しめます。

標準で付属しているレッスン
• Appleがデザインしたレッスンでは、コードを書いてステージをクリアしながら、プログラミングの基礎を学べます
• 書いたコードを実行すると、美しい3次元のステージでキャラクターが動き出します。ステージは指で回転させたり、ピンチして拡大/縮小したりできます
• ステージの合間に、プログラミングに関する新しい知識を楽しいアニメーションでご紹介します
• 用語集とヘルプページが付いているため、使用できるコマンドやフレームワーク、用語の詳細を見ることもできます

チャレンジ
• インタラクティブなコーディング画面では、コードの横にその結果が即座に表示されます
• ステップ実行機能を使って、プレイグラウンド内のコードを1行ずつハイライトしながら実行できます
ブックには、グラフィックス、サウンド、タッチ操作を使った自分だけのプレイグラウンドを簡単に作成できる“スタート地点”が用意されています
Appギャラリーでは、タブを使ったナビゲーションや、デバイスのセンサーから入力を受け取る方法など、Appの仕組みを1つ1つ順を追って学べます

iPadでAppを作成
SwiftUIを使って、iPadで本物のAppを作ることができます
コードを修正すると、それによってAppがどう変わるかがリアルタイムで表示されます
コードの入力候補がコード行内に表示されるので、素早く正確に入力できます
Swiftパッケージのエコシステムを活用して、Appの機能を拡張することができます
プロジェクト全体を対象に検索して、コードを調べることができます

スマートなプログラミングを支援
コードを並べ替えたいときは、コマンドをタッチして押さえたままドラッグすると移動できます
ループや条件文のかっこをドラッグして、コードブロックをかっこの内側に入れることができます
よく使うコードのスニペットをプレイグラウンドに直接ドラッグ&ドロップできます
コード行内に入力候補が表示されるので、よくあるスペルミスなどを修正できます
コードのフォーマットが自動調整されるので、きれいなコードを書くことができます

本物のSwift、SwiftUI、iOSコード
プロのデベロッパがApp Storeで公開するAppを作るために実際に使っている、パワフルなSwiftプログラミング言語を学べます
最新の方法でユーザインターフェイスを作ることができるSwiftUIを使って、ダイナミックで美しいAppを作成できます
2Dゲーム用のSpriteKit、3Dグラフィックス用のSceneKit、UIKitなどのiOSフレームワークを利用できます
ジャイロスコープ、加速度センサー、カメラ、タッチイベントなど、iPadのハードウェアをコードで直接操作できます

共有と公開
メッセージ、メール、AirDropなどの共有方法を使って、完成したプロジェクトを家族や友達に送ることができます
AppプロジェクトをMacのXcodeに移動したり、また戻したりできます
Appが完成したら、App Store Connectを使ってApp Storeに提出できます

新機能

バージョン 4.0

Swift Playgrounds 4.0の機能:

iPadで、SwiftUIを使ってiPhoneやiPadのAppを作ることができます(iPadOS 15.2以降が必要)
App Store Connectと統合することで、完成したAppをApp Storeにアップロードできます
Appに変更を加えると、Appのプレビューにアップデート内容がライブ表示されます
フルスクリーンのプレビューでは、Appが隅から隅まで表示されます
コード行内に入力候補が表示されるので、コードを素早く正確に入力できます
Appプロジェクトにより、プロジェクトをXcodeに簡単に移動し、また戻すことができます
プロジェクト全体の検索により、複数のファイルからの結果を表示できます
“スニペット”ライブラリでは、SwiftUIが提供するさまざまなコントロール、記号、色を利用できます
Swiftパッケージに対応したことで、公開されているコードを再利用してAppの機能を拡張することができます

評価とレビュー

3.6/5
424件の評価

424件の評価

waxchi

おもしろい

23歳ですがとても楽しんでいます。

全然レビュー関係ないんですが
「2つのループ」
と言うコースで
for i in 1...4{
while !isOnClosedSwitch || !isOnOpenSwitch {moveForward()}
if isOnClosedSwitch {toggleSwitch();turnRight();moveForward()}
else if isOnOpenSwitch {turnRight();moveForward()}}
とやっているんですがforの文を無くしてもスイッチの上で止まりません、歩き続けます。何故ですか
While !ClosedSwitch {moveForward()}に変えてやってもスイッチの上に途中でスキップしてスイッチだけ入れて右を向かずに終わります

あああああおこ

おお!

これ全部やればアプリ作れるわけじゃないけど、Swiftを初めからやってみたい人はこれでいいと思う。 Appleのアプリは「どうなっている」のかがこれでやんわりとわかると思います。 これである程度わかればMacでXcodeやり始めるのも簡単かと。 Swiftで一からプログラミングしたい人はまずこれですね。 追記9/22 iOS 15ですね! アプリを作れると聞いたのですが、変わっていません。 どう言うことでしょうか? 次のアップデートかな? 期待してます。

追加
アプデ来てました!
アプリを作るテンプレもあり
非常に良いです!

みなさん
ぜひインスt(殴★ ボコボコボコッ o(`ω´ )o\ (つД`)ノ コイツデース
おっとっと!

でもいいアプリですよ〜ぜひインs… ボコッo(`ω´ )o ( ̄ー ̄)チーン

epc-w_f-

概ね満足

皆さんが言われている通りアップデートをしてから動作重くなったり、予期せぬエラーが起きましたと言うことで画面がフリーズしたりといったバグも見られます。しかしプログラムの実行速度を通常の速度にして実行し停止を押すといったことを2、3回行うと基本的に戻るので学ぶ上ではギリギリ問題ないと思います。

話しは変わるのですがコードを学ぼう2でスタート位置の指定が可能となりました。しかし複数回指定可能なため、ステージを上下させるといったギミックをせずにクリア出来てしまいます。これは明らかな欠陥ですので早急にスタート位置は1回のみ指定可能といった対策をしてください。

Appのプライバシー

デベロッパである"Apple"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

ユーティリティ
写真/ビデオ
エンターテインメント
仕事効率化
仕事効率化
仕事効率化