今日の
APP

Koala Sampler

頼れるポケットサイズのサンプラーです

表示

「Koala Sampler」では、iPhoneやiPadのマイクを使って、使いたい音を録音して切り取り、それを組み合わせてビートや楽曲を作れます。

Appを開くと、16枚の赤いパネルが並びます。このパネルごとに、使いたい音を録音して新たなビートや楽曲の素材にすることを「サンプリング」と言います。サンプリングした音を簡単に加工したり、組み合わせたりできるのが「Koala Sampler」の大きな魅力です。

サンプリングした音が入ったパネルは、青く表示されます。

赤いパネルをタップしてホールドしている間、マイクから周囲の音が録音されます。例えば、手を叩いて「パン!」と鳴らしたり、繰り返して鳴らすために数小節分のメロディを録ったり、使い方は様々です。

「FX」というパネルをタップすると、録音したサンプルを、音を歪ませるファズや残響音を発生させるリバーブといった、8種類の効果で加工できます。サンプルから、使いたい部分だけを切り出したり、ピッチや音量を調整したりもできるので、自分のイメージに近づけていきましょう。

サンプリングした音を使って、楽曲を組み立てます。

使いたい音のサンプルを録音できたら、「SEQUENCE」をタップして演奏に進みましょう。「Koala Sampler」には、サンプルを入力して一続きの音楽として再生する「シーケンサー」の機能があります。

サンプルが表示されたパネルをタイミングよく押すことで、楽器を演奏するように、楽曲の一部を作っていきましょう。シーケンサーを使って作った音は、再び一つのサンプルとして使えます。サンプリングを何度も重ねることで、複雑な楽曲を作れます。

「Koala Sampler」で作った楽曲やサンプルは、WAVという形式のファイルに変換できるので、外部の機材でも高音質のまま使えます。あなたの周りの音で、気軽に音楽を作ってみてください。

    Koala Sampler

    頼れるポケットサイズのサンプラーです

    表示