APPカルチャー

レシピでつながる
楽しみ広がる

つくれぽ、殿堂入りレシピなど
「クックパッド」で広がる料理の楽しみ方。

クックパッド - 毎日の料理を楽しみにするレシピ検索アプリ

時短レシピで毎日の献立やお弁当づくりをもっと楽しく!

表示

今年で20周年を迎えた「クックパッド」。掲載されているレシピの数は数百万種類に及び、多くのユーザーの毎日の料理をサポートしています。「時短・簡単」「子供のお弁当」といったタブから簡単にアクセスできる多種多様なレシピに加えて、「クックパッド」の魅力の一つは「つくれぽ」(「みんなのつくりましたフォトレポート」)に代表される、他のユーザーとのゆるやかな交流です。

「つくれぽ」は、掲載されているレシピを自分で作り、写真付きの感想をレシピ作成者に報告できる機能です。これが1,000件以上投稿されると「殿堂入りレシピ」に認定されます。

「簡単シンプル☆ひき肉と玉ねぎのオムレツ♪」「簡単美味しい☆ピーマンの肉詰め♪」など、複数の殿堂入りレシピを手がけている「クックパッド」ユーザーのsantababyさんは、「つくれぽ」によって料理がより楽しくなったと言います。

「最初は作った料理の写真だけ撮って、『クックパッド』に非公開設定で記録していました。少しずつ覚え書きとしてレシピをメモするようになったんですが、なんとなく公開できるかなと思って、やってみたら『つくれぽ』が来てびっくりしました。レシピの閲覧数が増えるだけでうれしくて、そこから自分の中で火がついた気がします(笑)」

そして2013年に投稿したレシピ「簡単チキンナゲット♪~鶏胸肉で~」が、初めて殿堂入りを果たします。

「本当にびっくりでした。チキンナゲットを作るときの大変さを考えて、なるべく簡単にすることを考えました。衣をつけるのをやめて、ガーリックパウダーもいらないねって、手順や材料をどんどん削ぎ落としていったんです。たっぷり油を使うとそれだけで大変だから、フライパンに少しだけの油で、火の通り方を均一にするためにスプーンでお肉を平らにして。そういった作りやすさが受けたんだと思います。いらない手順を省いて簡単にするのは、料理を楽しむ秘訣でもあります」

    クックパッド - 毎日の料理を楽しみにするレシピ検索アプリ

    時短レシピで毎日の献立やお弁当づくりをもっと楽しく!

    表示