MEET THE DEVELOPER

人と自然をつなぐコミュニティ

「YAMAP」が生まれた理由と、
その先に目指すもの。

YAMAP / ヤマップ

登山を安全に楽しむGPSアプリ

表示

「日本はこれだけ豊かな自然がある国なのだから、もっと日常的に、自然の中で体を動かす習慣を持てるのではないか――」

登山・アウトドア愛好家向けに、地図サービスとユーザー同士が交流する場を提供する「YAMAP」は、株式会社ヤマップの創業者である春山慶彦さんが日頃感じていた、このような思いから生まれました。

登山中の経験から生まれたYAMAP

もともと趣味で登山を楽しみ、自然と触れ合う習慣を持っていた春山さんが、「YAMAP」が提供する「登山地図」の着想を得たのは、2011年5月のことでした。山の中でiPhoneを取り出し、地図を開いたところ、電波が届かない場所だったため、地図そのものは表示されませんでした。それでもGPSの信号を受信し、真っ白な画面に現在位置が表示されるのを見て、表示する地図のデータさえiPhoneの中にあれば、GPSの電波を受信して、山の中でも自分の居場所がわかることに気づいたのです。

体に電撃が走ったような感覚でした。iPhoneを活用することで登山を安全に楽しめるようになるのではと思いました

春山慶彦さん

自分のiPhoneで、通信の電波が届かない場所でも、あらかじめダウンロードしておいた地図で位置がわかる。GPS受信機より大きな画面で地図が確認でき、タッチスクリーンでの操作もわかりやすい。こうした、現在の「YAMAP」ならではのメリットを突き詰め、ツールとして使いやすいAppを作ろうと決めました。

ただ、春山さんは当時、プログラミングの経験もなければ、Appの開発に携わったこともありませんでした。アイデアを具体化する手段を持っていなかったのです。そのとき相談したのが、義理の兄であり、エンジニアだった樋口浩平さん(現ヤマップ最高技術責任者)でした。

樋口さんに「多分できるのではないか」と助言され、春山さんはAppの開発に取り掛かります。地元の福岡にいたiOSエンジニアに依頼して、1年10か月の時間をかけて「YAMAP」を作りました。

地図をiPhoneにダウンロードしておけば、ルートが記載された地図をオフラインでも確認できます。

しかし、まだ登山者の半分以上は、スマートフォンもGPS受信機も持たずに山に登っており、「YAMAP」の認知を広げていく必要があると春山さんはいいます。山の遭難事故で最も多いのは「道迷い」です。もし登山者が「YAMAP」を使っていれば、現在地を認識でき、本来のルートからそれたことに、容易に気づけるかもしれません。

大切なのはコミュニティ

「YAMAP」には、登山を楽しむ人に使ってもらいたいという目的だけでなく、「登山の楽しみを広げる」という目的もあります。だからこそ、「YAMAP」のユーザー同士が交流するコミュニティの運営は、今最も重要な活動です。

「YAMAPを、Appやネットだけでなく、現実の世界で人から人へ情報伝達できる場にしていきたいのです」

    YAMAP / ヤマップ

    登山を安全に楽しむGPSアプリ

    表示