ゲームガイド

影が描く魅惑の世界

影がテーマのゲーム3選。

映画や写真を鑑賞していると、「色」が表現の大きな一部になっていることに気づかされます。

例えば、カラフルな色合いは、にぎやかな雰囲気を創出し、ポジティブで明るい印象を観る者に与えます。その反面、彩度が低いものや、モノクロームで描かれたものは、色と引き換えに輪郭や影を引き立たせるだけでなく、どこか不穏な雰囲気を演出します。

ここでは、そんな色彩表現の中でも、特に「影」に注目して、影が表現の中心になっているゲームを3本選びました。影が創り上げる世界観を体感してみてください。

ノワール調の追跡劇

とある港町に運び込まれていた、積荷を巡る謎や陰謀を解き明かしていくパズルゲームが「FRAMED 2」です。この作品では、登場する人物が黒く塗りつぶされたノワール調で描かれ、スパイ映画を想起させるジャズ調のラウンジ音楽とともに、ユニークな世界観を創り出しています。

この作品では、登場人物がノワール調で描かれています。

この作品をユニークなものにしているのは、世界観だけではなく、その操作方法でもあります。この作品は、コミックのコマを入れ替え、ストーリーを成立させて進めていきます。リアルタイムにコマを動かす必要があったり、コマそのものを回転させる必要があったりと、一筋縄ではいきません。

もちろんコマが正しい順序で並んでいないと、ストーリーは間違った方向に進みます。何度も繰り返し挑戦して、「FRAMED 2」のストーリーを解き明かしてみてください。

    FRAMED 2

    ゲーム

    表示

辺獄が舞台の過酷な旅

失踪した妹を探す兄となり、不気味なトラップや怪物たちが待ち構える過酷な世界を進んでいくのが「LIMBO」です。「LIMBO」とは、天国と地獄の間に広がる「辺獄」を意味する言葉です。モノクロームで描かれたこの世界に慈悲の心は存在せず、ひとりぼっちの兄に次々と試練が襲いかかります。

「LIMBO」の世界には多くのトラップが仕掛けられており、避けて進むのは容易ではありません。ほとんどの場合が、悲惨な形でのゲームオーバーとなるでしょう。そのようなシーンに、思わず目を背けたくなることもありますが、あなたは最後まで物語を進めることができるでしょうか。

    LIMBO

    ゲーム

    表示

影が作り出す魅惑の世界

その部屋には、不思議な形をした複数の物体が吊るされています。そこには光が当てられており、壁にはその影が投影されています。「Shadowmatic」は、オブジェクトを回転させながら壁に映し出された影絵を完成させるゲームです。

何も意味を持たない物体を回転させているうちに、急に影絵が完成することもしばしば。その瞬間、何とも言いがたい達成感が得られることでしょう。過去に、Apple Design Awardを受賞したこの影絵の世界を、じっくりとお楽しみください。

    Shadowmatic

    ゲーム

    表示