ハウツー

新しい場所で
暮らし始めた時に

地域のことを詳しく知り、不要物を処分したり
必要な物を入手したりするのに役立つApp。

引っ越しを終えて、新しい街での生活を始めたら、次はその地域について詳しく知り、生活のリズムを作っていきましょう。地域の情報収集と日々の生活の充実のために便利なAppがあります。

地域のことをよく知るために

住民に提供されるサービスや支援などは、自治体によって違いがあります。「マチイロ」を使うことで、自分が住む市区町村からの告知を「健康」「子ども」「イベント」などの分野ごとに一覧で確認できます。駅の改札などで見かける地域の広報誌も、App内で読めます。新しい情報が配信された時に通知が届くのも便利です。

地域住民や子どもを対象にしたイベントの告知などのほか、補助金や助成金の支給に関する発表などもあります。定期的に新着情報に目を通しておくといいでしょう。

住んでいる地域に加えて、「ふるさとの地域」を登録しておけば、実家がある地域や以前住んでいた好きな街、あるいはいつか住んでみたい街に関する情報も合わせて入手できます。街の雰囲気をつかむために役立ててください。

    マチイロ: 自治体のニュースで住むまちをもっと好きになる

    ブック

    表示

ゴミ出しの日を忘れずに

ゴミの収集日は、地域によって細かく違いがあります。分別が細かく定められ、資源のリサイクルなどに積極的な自治体もあれば、多くのゴミを可燃ゴミとして収集する自治体もあります。引っ越し荷物を解いたら、収集日に合わせて不要な物を処分しましょう。

まずは自治体のウェブサイトなどで、自分の住む地域ではどのようなゴミの分別が必要なのか、どのようにゴミを収集してくれているのかを把握してください。その際「ゴミの日アラーム」に、ゴミの種類ごとに収集日を登録しておくと、出し忘れが防げます。

アラームは、ゴミの収集日の前日もしくは当日の任意の時間に設定できます。前日の夜などに設定しておくのがいいでしょう。アラームは「隔週」や「3週毎」「毎月指定日」など、様々な周期に対応しています。

ゴミの種類ごとに異なる収集日を、アラームで知らせてくれます。

アラームに設定する名称には、「古紙・ペットボトル・缶」などのように、分別の種類を少し細かめに書いておくと、通知を見た時に分かりやすいのでおすすめです。

    ごみの日アラーム

    ゴミの収集日を通知するリマインダー

    表示

不要な物の処分や必要な物の入手に

新しい生活をはじめてみたら、不要なものや足りないものが出てくるかもしれません。

引っ越しの際に持って来たけれど、新しい部屋には合わなかったり、必要だと思っていたけれど、実はあまり使わなかったりするものがあれば、「ジモティー」で引き取り手を探してみてください。

あるいは生活の中であったら便利だな、と思うものを、安く譲ってくれる人が「ジモティー」で見つかることもあるでしょう。

家具や家電などは、生活環境の変化に伴い、その時々で必要なものや不要なものも変わっていきます。そうしたものを必要としている人に譲渡したり、不要になった人から譲り受けたりできれば、資源の有効利用にもつながります。

不要な物を譲ったり、誰かの不要になった物を譲り受けたりできます。

物のやりとりだけでなく、「教えて」「教えたい」「手伝って」「手伝いたい」といった助け合いに関する情報や、イベントの告知、メンバー募集など、地域に住む他の人との交流につながる情報の交換も「ジモティー」上で行われています。

新しい生活を充実させるのに、これらのAppを役立ててください。

    地元の掲示板「ジモティー」

    地元でカンタン!フリマよりも簡単でお得!

    表示