再発見

栄光への戦い

「Vainglory」の人気の秘密を探る。

Vainglory

クロスプラットフォームMOBA

表示

2014年のリリース以来、「Vainglory」はモバイル対戦ゲームの素晴らしい手本であり続けています。ゲームプレイの改良に、シーズン限定モードや数々の新ヒーローの追加によって、Super Evil Megacorpが誇るこのMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)は今や、多くのプレイヤーたちにとって定番のゲームとなっています。

他のMOBAと同様に、「Vainglory」の目的は敵の拠点を制圧することです。チームメイトと連絡を取り合い、多彩なスキルを持ったキャラクターを使い分けて、敵を出し抜かなくてはなりません。そうした戦いの中で、ペットを操り敵を攻撃する、花をモチーフにした「ペタル」や、危険なフックを投げて敵を捕らえる、凶悪な「チャーンウォーカー」など、いずれも癖のあるヒーローたちがアンロックされていきます。

危険な戦士と空中に浮かぶ不思議な生き物。最後に勝つのはどっち?

メインとなるのは、20分で争われる3対3の対戦プレイですが、他にもスキルを磨くためのモードが用意されています。「大乱闘モード」では、ランダムに選ばれるヒーローを使って、シングルレーンで敵チームと正面からぶつかり合います。このモードは、新しいキャラクターの操作を試すのに最適です。よりスピーディーな「電撃モード」では、敵のヒーローやタレットなどの標的を倒すとポイントが入り、15ポイントを先取するか、タイムアップ(5分)時にスコアの多いチームが勝利します。

新しいコンテンツが続々と増えているので、久しぶりにログインしたプレイヤーは驚くかもしれません。

最近のアップデートでは、チームメイトとのボイスチャット、バーチャルパッド(ジョイスティック)による操作、ヒーロースキンを作成できるシステムが搭載されました。また、ヒーローの数も増え続けています。今ではプレイヤーは40人以上のヒーローの中から選べ、ヒーローたちはそれぞれ、独特の戦闘スタイルを持っています。

「Ally Is Getting Ridiculous(味方が破竹の勢いです)」のメッセージには、思わず笑ってしまいます。

そして何より、今年に入って「Vainglory」にはより激しい5対5の対戦モードが追加され、3レーンを有するマップには、「アルファ」や「クラル」などのジャングラーが活躍できる余地が十分にあります。また、こうした25分間の過酷な対戦へと向かう前に、AIのヒーローたちと一緒に戦う「ソロ・ボット」モードで準備をしておくのもよいでしょう。

また、「Vainglory」の5対5のランク戦は、最も白熱する対戦です。スキル階層のトップへ上り詰めるには、臨機応変に戦略を切り替えることが不可欠です。敵チームが対抗策を講じたらすぐに別の手を打てるよう、戦い方の引き出しを増やしておきましょう。

世界を制する準備はできましたか?

    Vainglory

    クロスプラットフォームMOBA

    表示