MEET THE DEVELOPER

デベロッパと振り返る
2017年

第3回: Fantamstick ベルトン シェインさん

2017年に活躍したデベロッパの皆さんとのインタビューをお届けします。

第3回は「算数忍者」、「国語海賊」など、子ども向けの教育Appを手がけるFantamstickの代表取締役、ベルトン シェインさんです。

ベルトンさんと共に、彼の2017年を振り返り、ARや教育についても伺いました。


ベルトンさんから見て、2017年はどんな年でしたか?

「やっとスタートラインに立った」と感じた年でした。子ども向けのAppを4年ほど作ってきましたが、今年になって認知が上がって、受け入れてもらえるようになってきました。

その大きなきっかけはAR(拡張現実)ですね。iOS 11のARKitの発表があった時に、ARなら子どもが動きながら遊べるので、教育に新しい体験をもらたらすのではないかと思いました。ARKitが発表された瞬間に、これは「街」を作れるなと思い、それが「算数忍者AR」のアイデアにつながりました。

「算数忍者AR」では、忍者の街を舞台にゲーム感覚で算数を学べます。

「算数忍者AR」についてお聞かせください。

ARで現実空間に忍者の街を映し出し、画面上の計算式の回答を持った村人をその中から探す、という教育Appです。

お子さんが抵抗感なく勉強できる方法を考え、ARを使って子どもたちに動き回ってほしいと思いました。どうやって動いてもらおうかと考えた時に、「探す」という行為が子どもたちの好奇心につながるのでは、と考えたんです。


そもそも「教育」というジャンルにフォーカスしたきっかけは?

初めてiPadが発売された頃、自分の子どもたちが幼稚園の年中と小学1年生でした。彼らにiPadで算数のAppを触らせたら、幼稚園では教わっていないはずの簡単な計算ができたんですよ。

なぜできたのか考えたら、鉛筆や紙が学習の障害になっていたような気がしました。それ以前は、そこまで直感的に学習できなかったので、教育的には革命だと思いました。ちょうど当時、ソーシャルゲームを作っている会社を辞めようと思っていた時でもあったので、完全に教育にシフトしてやっていこうと決めました。


お子さんたちにAppをテストしてもらうこともありますか?

そうですね。子どもの目線が大事なので、作ったらいったん、何も教えずに子どもたちに渡してみます。それを返してこなければ「やった!」。すぐに返してきたら、(熱中してくれなかったので)やり直し、という感じで開発しています。子どもたちも完全にチームの一員ですね。彼らから、こういうAppを作って、というリクエストがあったり、企画書まで書いてくれたり(笑)。

    算数忍者AR

    超立体!!ARでたし算を遊ぼう!!

    表示