ハウツー

ねぇ、
きれいに撮ってね

暗い毛色のペットを撮るためのヒント。

黒い毛の犬や猫は難しい被写体といわれています。せっかく撮ったかわいいペットが真っ黒な染みのように映ってしまった、という経験をしたことがある人もいるでしょう。

技術的には、これは被写体と背景のコントラストの差が大きすぎるために起こる現象です。カメラのダイナミックレンジ(最も明るい被写体と最も暗い被写体との明暗差をカバーできる範囲)には限界があるため、明暗差が大きすぎると対応できずに、背景が白く飛んでしまう(露出オーバー)か、ペットが黒くつぶれてしまう(露出アンダー)のです。

以下に紹介するヒントを読んで、大切なペットをいつでもかわいく写せるようになりましょう。

このiPhone Xで撮影した写真では、愛らしい顔にフォーカスと露出を合わせました。

ダイナミックレンジを広げる

iPhoneのカメラで撮影する時は、画面上のペットの顔をタップしてみましょう。主役にフォーカスが当たり、露出がロックされます。背景は多少白くつぶれてしまうかもしれませんが、心配はいりません。ここからが、HDR(高ダイナミックレンジ)モードの出番です。

HDRモードでは、露出の異なる3枚の写真をミリ秒間隔で連写し、よりバランスの取れた一枚に合成してくれます。ペットの艶のある黒毛をくっきりと映し出します。背景とのバランスを取るのも、ワンタップでOKです。

iPhoneのカメラでHDRモードを有効にするには、画面上部の「HDR」をタップしてください。カメラのツールバーにHDRが見当たらない場合は、「設定」から「カメラ」を開いて、「オートHDR」をオフにしてください。

黒い毛のディテールを捉えるには、近づいて撮るのがポイントです。

    Darkroom – Photo Editor

    高速かつ強力なフォトエディター

    表示