基本を知る

話題に乗り遅れない
情報収集術

「スマートニュース」を自分好みに
チューニングする方法。

スマートニュース

最新ニュースを配信。天気予報・雨雲レーダー・クーポンも

表示

世の中の様々な記事を、分野やテーマごとに整理してくれるニュースキュレーションApp「スマートニュース」。ニュース速報からオピニオン、詳細な分析などまで、注目すべきニュースや話題を、幅広いメディアから独自のアルゴリズムで集めてくれます。

初期設定のまま使っていても実用的ですが、カテゴリを自分好みにカスタマイズすると、さらに便利になります。「スマートニュース」を情報収集に活用するためにカスタマイズするコツを紹介します。

タブを追加して並び替え

「スマートニュース」には、「スポーツ」「政治」「ゲーム」「グルメ」といった主要なカテゴリがタブで用意されていますが、インストール直後の状態でタブに並んでいるのはごく一部で、様々なカテゴリのチャンネルが用意されています。また、様々なメディアの専門チャンネルもあります。

様々な記事が、チャンネルごとにまとめられています。

画面上部にあるタブの一番右に位置する「もっと」を開いて、面白そうなカテゴリーや普段よく読むメディアがないか見てみましょう。

プロスポーツのチームごとのチャンネルや、「釣り」「アート」といった趣味のカテゴリごとのチャンネル、都道府県別のチャンネルなど、自分が集めたい情報に合わせてチャンネルを追加するのがおすすめです。

海外メディアの日本語版と英語版をそれぞれチャンネル登録しておき、記事を読み比べて英語の勉強に役立てる、といった使い方もできます。英語で配信されている世界のニュースを集めた「World News」というチャンネルもあります。

タブを長押しすると、並び順を変更できます。

気になるチャンネルを選んだら、読みやすいように、タブの並びを変更しましょう。チャンネル名が記されたタブを長押しすると、選んだチャンネルが一覧表示されます。よく見るチャンネルは上の方に移動しておくと、閲覧時にすぐに開けます。

Twitterアカウントを追加する

「スマートニュース」で情報収集する際に忘れず活用したいのが、Twitterです。Twitterチャンネルを追加し、アカウントを連携させると、自分がフォローしている人たちが共有した記事やウェブページが集約されます。

「まとめ」チャンネルと違うのは、集まるのがTwitterでフォローしている人たちによってキュレーションされた記事である点です。普段からTwitterでチェックしている情報を、ニュースなどと一緒に閲覧できるのです。

Twitterチャンネルは、「もっと」の中の「話題・おもしろ」カテゴリから追加できます。

自分で選んだ人たちの多くがコメントしたり、リツイートしたりしている記事がチャンネルに表示されるため、自分の関心が高く、かつ話題になっている記事を追いやすくなります。記事のタイトルに加えて、誰が共有した記事なのかも、アイコンやアカウント名で分かるので、目に止まった記事が、今読むべきものなのかどうかも一目で判断できます。

連携させるTwitterのアカウントは、メインで使っているアカウントではなく、「スマートニュース」に記事を集めるため、フォローする人を厳選した専用アカウントを作ってもいいでしょう。

世の中で注目されている様々なニュースや記事に加えて、フォローしているTwitterユーザーによりキュレートされた記事を組み合わせられる「スマートニュース」を、あなたの効率的な情報収集に役立ててください。

    スマートニュース

    最新ニュースを配信。天気予報・雨雲レーダー・クーポンも

    表示