基本を知る

必ず、脱出するために

初めて「Identity V」をプレイする人へ、
覚えておきたいサバイバーの遊び方。

Identity V

Call of the Abyss

表示

「Identity V」は、逃げる側のサバイバー4人と、追いかける側のハンター1人に分かれて競う、鬼ごっこのようなゲームです。と言っても、子どもの頃に遊ぶような鬼ごっこではありません。不気味な施設で繰り広げられる、捕まるか生き延びるかを賭けた、緊張感あふれるサバイバルゲームです。

本作では、サバイバー、ハンターどちらでプレイするかによって、目的と遊び方が変わります。ここでは、サバイバーで初めて遊ぶ人に役立つ情報と、おすすめの立ち回り方を紹介します。

サバイバーの目的は脱出すること

サバイバーの目的は、施設内の各所に設置された5つの暗号機を解読して脱出ゲートを開き、施設から脱出することです。暗号機の頭上に取り付けられた光るアンテナを目印にして、薄暗い施設内を探すといいでしょう。暗号解読中には、左から右に動くバーをタイミング良くタップして解読を進めるアクションが発生します。

次々に暗号機を解読していきます。

自分1人が脱出できても勝利にはなりません。勝利するためには、3人以上のサバイバーが脱出する必要があります。重要なのは、仲間と協力して脱出することです。

時間のかかる暗号解読中にハンターに見つかったら、作業中でもすぐにその場から逃げましょう。ハンターが近づくと、キャラクターの胸の鼓動は激しく高鳴り、プレイヤー自身の恐怖心もあおられます。サバイバーで遊ぶ魅力は、緊張感の中で脱出を試みるスリルと、仲間と協力して達成したときの達成感です。

ハンターに見つからないように

ハンターに見つかって、2回攻撃されると動けなくなり捕まってしまいます。捕まるとロケットチェアに運ばれ、縛り付けられて、一定時間が経過するとゲームから退場させられてしまいます。サバイバーになって遊ぶ上で、常に気をつけなければいけないのは、ハンターに見つからないように立ち回ることです。サバイバーの行動のいくつかには、ハンターに現在地を知らせてしまうものがあるので、注意しておきましょう。

例えば、暗号解読中にバーをタップするタイミングを誤ると、一定時間暗号解読ができなくなるだけでなく、ハンターに居場所が知られてしまいます。また、暗号解読が完了した時も、ハンターに通知が行ってしまうので、解読が終わったらすぐにその場を離れるように心がけましょう。

ロッカーに隠れて身を潜めます。

また、カラスにも注意が必要です。一定時間、脱出に貢献するアクションをとっていないと、頭上をカラスが飛び回り、居場所がハンターに知られてしまいます。積極的に暗号機を探したり、ロケットチェアに囚われた仲間を救助したりして、脱出を試みましょう。

施設内を歩いているときや、暗号機を解読しているときは、常にカメラアングルを切り替えて後ろを振り返り、ハンターが近くにいないか確認するようにするのがコツです。ハンターは赤いライトを進行方向に向けてサバイバーを探しているので、赤いライトを見つけたら、すぐに逃げるか、隠れるかしましょう。障害物の影にしゃがんで身を隠したり、近くにロッカーがあるなら、そこに隠れたりしてハンターが通り過ぎるのを待つのも手です。

戦略的に逃げる

ハンターに見つかったら、すぐにその場から逃げて、ハンターの追跡を振り切ります。ただ、直線的に逃げても、足の速いハンターにすぐに追い付かれてしまいます。ポイントは、戦略的に逃げることです。

障害物に回り込んで、ハンターとの距離をうまく取りましょう。建物の壁にある窓枠は、基本的にサバイバーの方が早く乗り越えられるので、活用するのもいいでしょう。

ハンターは赤いライトが目印です。

また、板を使うのも効果的です。ハンターが背後に迫ってきたら、わざと板が置いてあるところを通って、ハンターが通過する時に板をぶつけると、少しの間気絶させられます。タイミングが難しければ、板を当てなくても倒しておくだけで、進行を邪魔して時間を稼げます。こうして、うまくハンターから逃げて、身を隠して、また暗号解読に向かうのです。

板をハンターにぶつけます。

走っている時は足跡が地面に残ることも覚えておきましょう。足跡を頼りにどこまでも追いかけられてしまうので、安全な場所に来たら、足跡のつかない歩きやしゃがみの動作に切り替えることも有効です。

捕まった仲間を救う

サバイバーが勝利するには、仲間との協力が不可欠です。仲間は多ければ多いほど有利に運ぶので、もし仲間がハンターに捕まってしまったら、すぐに縛り付けられたロケットチェアから解除してあげましょう。

ロケットチェアから仲間を救いましょう。

もちろん、ハンターもサバイバーが仲間を助けに来ることをわかっているので、待ち伏せしているかもしれません。十分注意して救出に向かいます。

サバイバーごとの能力を活かす

もう一つ覚えておきたいのが、サバイバーごとに設定された固有の能力の存在です。メイン画面のサバイバー情報のページで各サバイバーの項目に移ると、「外在特質」にそれぞれの能力が書かれています。ゲーム前に確認しておくと、立ち回り方がわかっていいでしょう。ロケットチェアを破壊できる「庭師 エマ・ウッズ」や、ハンターを突き飛ばせる「オフェンス ウィリアム・エリス」など、個性的なサバイバーがそろっています。

初めのうちは、地図を使って暗号機の場所がわかる「弁護士 フレディ・ライリー」がおすすめです。ハンターに見つかる前にアンテナを探し出して、効率的に暗号解読を進められます。また、自分で治療ができる「医師 エミリーダイアー」も便利です。負傷時に回復しておけば、もう一度攻撃された際にダウンすることを防げ、生存確率が高まります。

まずは暗号機の解読に専念しましょう。慣れてきたら、施設内に隠されたアイテムを使ったり、サバイバーそれぞれの特殊能力を駆使して様々な立ち回り方を試してみたりと、「Identity V」の楽しみは広がります。

    Identity V

    Call of the Abyss

    表示

こちらのストーリーでは、初めてハンターで遊ぶときに役立つ立ち回り方を紹介しています。サバイバーとはまた違った、追いかける側のゲームプレイもぜひ試してみてください。