基本を知る

必ず、捕まえるために

初めて「Identity V」をプレイする人へ、
覚えておきたいハンターの遊び方。

Identity V

Call of the Abyss

表示

「Identity V」は、逃げる側のサバイバー4人と、追いかける側のハンター1人に分かれて競う、鬼ごっこのようなゲームです。と言っても、子どもの頃に遊ぶような鬼ごっこではありません。不気味な施設で繰り広げられる、捕まるか生き延びるかを賭けた、緊張感あふれるサバイバルゲームです。

本作では、サバイバー、ハンターどちらでプレイするかによって、目的と遊び方が変わります。ここでは、ハンターで初めて遊ぶ人に役立つ情報と、おすすめの立ち回り方を紹介します。

ハンターの目的はサバイバーを捕まえること

ハンターの目的は、施設からの脱出を試みるサバイバーを捕まえて、ゲームから脱落させることです。サバイバーは施設内の暗号機を5つ解読して、脱出ゲートを開いて逃げようとしています。サバイバーに攻撃してダウンさせ、脱出を妨害しましょう。

サバイバーを追いかけて捕まえます。

捕まえたサバイバーはロケットチェアに拘束でき、時間が経つとロケットチェアごと打ち上げられて、ゲームから脱落させられます。ハンターが勝利するには、サバイバーを3人以上脱落させる必要があるので、施設を歩き回って、次から次へサバイバーを捕まえていくことになります。

圧倒的な力を誇るハンターですが、仲間との協力と、様々な能力を駆使して立ち回るサバイバーを簡単には一網打尽にできません。ハンターの魅力は、サバイバーとの駆け引きに勝ち、力の差で徐々にゲームを制していく、独特のゲームプレイが楽しめるところです。

まずはサバイバーを見つける

サバイバーは、物陰に隠れたり、走って距離をおいたりして、ハンターに居場所が見つからないように動いています。時間が経つほど多くの暗号機を解読され、サバイバーに有利な状況になってしまうので、まずは歩き回ってサバイバーを探します。ハンターには、暗号機が青く表示されるので、サバイバーが集まる暗号機を巡回します。

サバイバーを見つけるために役立つ、いくつかのコツを覚えておきましょう。サバイバーが暗号解読作業に失敗する、あるいは暗号解読を完了させると、ハンターの元にその場所を示す通知が届きます。通知された場所にはサバイバーがいるということなので、すぐに探しにいきましょう。

赤いマークでサバイバーの居場所が通知されます。

ハンターのスキルを使うのも有効です。好きな能力や効果をハンターに付与できる「内在人格」で、「耳鳴り」を装備しておくのがおすすめです。これは、サバイバーが36メートル以内にいるかどうか、画面左上にアイコン表示の形でわかるようになるものです。

また、ゲーム中、時間経過とともにゲージが溜まり、何回でも使用できる「補助特質」も積極的に使いましょう。補助特質の一つ、「リッスン」を使用している間は、走ったり解読作業をしているサバイバーの位置がわかります。これらは、ゲーム前に装備しておけます。

戦略的に捕まえる

サバイバーを見つけたら、追いかけて捕まえます。攻撃を2回当てることができるとサバイバーは動けなくなり捕まえられるようになります。

サバイバーに2回攻撃を当ててダウンさせます。

サバイバーを追いかけるコツは、足跡を追うことです。サバイバーが走って逃げた地面には赤い足跡がつくので、それを頼りに追跡ができます。足跡は数秒で消えてしまいますが、足跡があるということは、近くにサバイバーがいるという手掛かりにもなります。

ハンターの方が足は速いですが、サバイバーは板を倒してきたり、ハンターよりも早く飛び越えられる窓枠を使って逃げたりします。うまく逃げ切ろうとするサバイバーを確実に捕まえるために、板を破壊する速度が上がる内在人格の「破壊欲」や、特定の場所に瞬時に移動できる補助特質の「瞬間移動」を活用するのも有効でしょう。

また、暗号機の解読や治療をしているサバイバーに攻撃を当てると、一撃でダウンさせることができます。積極的に狙うのも勝利への近道です。

サバイバーを紐で縛ってロケットチェアまで運びます。

サバイバーを捕まえたら、ロケットチェアに運びます。ただ、運んでいる途中にサバイバーが暴れると逃げられてしまうことがあるので、近くにあるロケットチェアに運ぶことが得策です。

次の獲物へ

一人捕まえることができたら、次のサバイバーを探しにいきましょう。捕まえたサバイバーが、仲間のサバイバーに救出されないように注意しながら、新たなサバイバーを探して、捕まえて、椅子に拘束するという流れを繰り返します。

サバイバーをロケットチェアに拘束。

サバイバーが救出されて逃げ出してしまったら、一度捕まえたサバイバーを優先して捕まえましょう。拘束されたことのあるサバイバーは脱落しやすくなるので、効率よく脱落させていけます。

ハンターごとの能力を把握

ハンターは、攻撃を当てるほど「存在感」の値が溜まっていき、固有の能力を発動できるようになります。この固有の能力を駆使して戦えるようになると、さらに有利に立ち回れるようになっていきます。

メイン画面のハンター報告のページで各ハンターの項目に移ると、「外在特質」にそれぞれの能力が書かれています。ゲーム前に確認しておくと、立ち回り方がわかっていいでしょう。クモの糸を張って追い詰める「結魂者 ヴィオレッタ」や、サバイバーに急接近できる「芸者 美智子」など、恐ろしくも個性的なハンターがそろっています。

初めのうちにおすすめのハンターは、「リッパー ジャック」や「道化師 ジョーカー」です。「リッパー ジャック」は離れていても攻撃ができ、移動速度を上げることもできるので、サバイバーに攻撃を当てやすいハンターです。「道化師 ジョーカー」は、高速でダッシュする能力を持ち、サバイバーへの追撃を行いやすいハンターです。ゲーム内通貨で安価に獲得できるのも、始めたばかりの人には遊びやすい点です。

まずは、なるべく早くサバイバーを見つけ出し、確実に攻撃を当てられるように練習してみてください。慌てふためくサバイバーを捕らえて、ゲームの支配者になるのです。慣れてきたら、サバイバーの個性に合わせて戦略的に追撃したり、ハンターそれぞれの特殊能力を駆使して様々な立ち回り方を試してみたりと、「Identity V」の楽しみは広がります。

    Identity V

    Call of the Abyss

    表示

こちらのストーリーでは、初めてサバイバーで遊ぶときに役立つ立ち回り方を紹介しています。ハンターとはまた違った、追われる側の緊張感あるゲームプレイもぜひ試してみてください。