はじめよう

iPhoneで
パスワード管理

オンラインショップでの買い物や、宿泊の予約、Apple Payの利用履歴の確認も、iPhoneならさっと画面をのぞき込むだけでスムーズに行えます。ユーザーIDとパスワードを何度も入力する必要はありません。難しいパスワードを考えることも、そのパスワードを覚えておくことも、iPhoneが手伝ってくれます。

iPhoneを使っていると、Appleが提供する様々なサービスを利用する際に、Apple IDとパスワードの入力を求められる場合があります。例えばApp StoreでAppやゲームをダウンロードする際も、パスワードの入力が必要です。あなたの顔を鍵にできる「Face ID」や、あなたの指紋を鍵にできる「Touch ID」を設定していれば、iPhoneはあなたを認識して、ユーザーIDやパスワードを自動で入力してくれるので、すぐにダウンロードが始まります。

iPhoneのロックを解除する際に、すでにFace IDやTouch IDを使っている人もいるかもしれません。これも、顔や指紋を使って本人確認をした上で、ロック画面でパスコードをあなたの代わりに入力してくれているものです。

パスワードの自動入力を設定する方法を、順を追って紹介します。

あなたの顔や指紋が鍵になる
Face IDやTouch ID

まずはFace IDやTouch IDを設定して、鍵の準備をしましょう。

Face IDやTouch IDを使うには、歯車のアイコンが描かれた「設定」Appを開きます。画面をスクロールさせると、「Face IDとパスコード」あるいは「Touch IDとパスコード」という項目があるはずです。それをタップすると、パスコードを入力する画面が出てくるので、iPhoneのロックを解除する時と同じ数字を入力してください。

Face IDを使うと、iPhoneのロック解除やApple Payを使う時などに、瞬時に本人確認ができます。

設定画面が開いたら、どのような時にFace IDやTouch IDを使うかを設定できます。「iPhoneのロックを解除」「iTunes StoreとApp Store」「Apple Pay」「パスワードの自動入力」のどれか一つに触れると、顔や指紋の登録画面に切り替わるので、画面の指示に従って頭を動かしたり、指をホームボタンに押し付けたりしてください。

登録が済んだら、Face IDやTouch IDを使って簡単にロックの解除やパスワードの入力をしたい項目のスイッチを緑色に変えてオンにしましょう。iPhoneでパスワード管理をするなら、「パスワードの自動入力」をオンにしておきます。

ユーザーIDやパスワードを自動で入力

Face IDやTouch IDで本人確認をして、ユーザーIDやパスワードの入力を簡単にできるのが「iCloudキーチェーン」です。

iCloudキーチェーンを有効にして、Face IDやTouch IDを使えるようにしておけば、最初にユーザーIDとパスワードを自分で入力した時に、これらの情報をiPhoneに記録できます。「このパスワードをすべてのデバイスで自動入力するためにiCloudキーチェーンに保存しますか?」と聞かれるので、「パスワードを保存」を選んでください。WebサイトやダウンロードしたAppで新規に会員登録する場合には、安全性の高いパスワードを自動生成することもできます。

iCloudキーチェーンを使うと、ユーザーIDやパスワードの入力が簡単になります。

すると2回目以降は、ユーザーの顔か指紋を認識させるだけで、ユーザーIDやパスワードを自動で入力できるようになります。ユーザーIDとパスワード自体は暗号化されて保存されるので、Appleを含め、あなた以外の誰かがそれを見ることはできません。

iCloudキーチェーンを有効にするには、「設定」AppからApple IDの設定状況を確認してください。手順は以下の通りです。

まず「設定」を開いて、自分の名前が書かれた部分(名前の下には「Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Store」と書かれています)をタップします。次に「iCloud」を開きます。

「設定」内の、自分の名前が書かれたApple IDのページを開き、「iCloud」をタップしてください。

「iCloud」を開いたら下までスクロールして、鍵のアイコンがついた「キーチェーン」の項目が「オン」になっているか確認してください。オンになっていない場合は、「キーチェーン」をタップして、「iCloudキーチェーン」を緑色にしてください。

「キーチェーン」が「オン」になっていればiCloudキーチェーンが使えます。

パスワードの自動入力機能は、以下の手順で設定できます。

「設定」を開いて、「パスワードとアカウント」の項目をタップすると、「パスワードを自動入力」という項目があります。この項目の右側にあるスイッチが緑色になっているか確認してください。もし緑色になっていない場合は、スイッチに触れて緑色にします。

「パスワードとアカウント」の設定で、「パスワードを自動入力」のスイッチが緑色になっているか確認してください。

これでユーザーIDとパスワードを記録し、2回目以降に自動で入力できるようにする準備ができました。

のぞき込む、または指で触れるだけで
ログインできる

ここまでの手順を踏んで自動入力をオンにすると、ウェブブラウザやApp内で、ユーザーIDやパスワードの入力を求められた時、キーボードの上部にある灰色の帯の部分に、ユーザーIDが表示されるようになります。これをタップすると、あなたの顔を認識するか、指紋を認識することで本人確認をして、iPhoneに記録されているユーザーIDとパスワードが、入力欄に自動的に入ります。

画面をタップしてFace IDで認証すれば、ユーザーIDやパスワードの入力もすぐに完了します。

「iCloudキーチェーンを使用してログインしますか?」というメッセージが表示され、「”ユーザーID”を使用」と書かれた青いボタンが表示されることもあります。この場合はボタンをタップするだけでユーザーIDとパスワードが入力されます。

Face IDやTouch IDとiCloudキーチェーンが使えるようになれば、Apple IDのパスワードがすぐにわからなくて慌てることはありません。銀行やクレジットカード会社のAppへのログインも簡単にできるようになるでしょう。安全のため、サービスごとに違うパスワードを設定しようといわれても、躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、Face IDやTouch IDとiCloudキーチェーンを活用すれば、それほど手間はかかりません。サービス利用の安全性を保ちつつ、パスワードを思い出すという作業から自由になれるのです。

関連するストーリー

    1Password - Password Manager

    Generate & keep passwords safe

    表示

    パスワード管理は顔認証と指紋認証のパスマネージャー

    PassManagerは簡単操作でしっかり管理

    表示

    Moneytree 家計簿より楽チン

    手をかけずに資産を一元管理

    表示