エキスパートを目指す

RAW画像に対応した写真編集App

RAW画像を編集できるAppを紹介。

本格的なデジタル写真を仕上げたい時、RAW画像は究極の画像フォーマットと言えるでしょう。RAW画像には、カメラのセンサーが記録した通りの未加工データが含まれるので、ダイナミックレンジ、カラー、ノイズといった要素の調整など、画像処理の自由度が広がります。

Macの「写真」Appは、RAW画像ファイルを編集できます。RAW画像を写真ライブラリに追加して、編集ツールを使ってみましょう。以下で紹介するAppでもまた、RAW画像の加工や編集ができます。もちろん、ファイル変換の必要はありません。

Acorn

「Acorn」は簡単な操作で、露光、彩度、ハイライト、陰影、色温度などを調節できます。また、RAWファイルから複雑なマルチレイヤー画像を作成することもできます。

Adobe Lightroom

「Adobe Lightroom」なら、使いやすいフィルターから高度な編集ツール、さらには人工知能を用いた写真の整理まで、すべての機能でRAW画像を扱えます。また、RAW画像を保存しておいて、お使いのMacやiPhone、iPadからアクセスできるAdobeのサービス、Creative Cloudとも連携できます。

    Adobe Lightroom

    Edit, manage and share photos

    表示

Affinity Photo

「Affinity Photo」には、強力なRAW画像の編集ツールが備えられています。「現像ペルソナ」というRAW専用のワークスペースでは、RAW画像の非破壊編集が可能なツールを使用できます。

Luminar

「Luminar」はAIによるフィルターを備えた、初心者でも簡単に使える写真編集Appです。RAW画像にも対応するこのAppには、レンズ補正や遠近感の調整といった高度な機能も備えられています。

    Luminar 3

    The photo editor of the future

    表示

Photolemur

たいていの写真編集Appには、詳細を調節するためのたくさんのスライダーが用意されていますが、「Photolemur」には一つしかありません。編集は完全に自動化されているので、Appが写真を解析して、完璧なバランス補正を施した候補を提示してくれます。一つだけあるスライダーは、画像処理の強度を調節するために使います。

Pixelmator Pro

「Pixelmator Pro」では、複数のRAWファイルを組み合わせて同時に編集できます。お気に入りの編集手順をプリセットとして保存しておけば、複数のRAWファイルの加工も瞬時に行えます。

RAW Power

「RAW Power」はmacOSの高性能なRAW変換エンジンにアクセスして、「Noise Redulction(ノイズ軽減)」「Black Point(ブラックポイント)」「Sharpen(シャープ補正)」「Gamut Mapping(色域マッピング)」など、ほかのツールにはないような、RAW画像を念頭においた調節オプションを使用できます。