スクリーンショット

説明

SF恋愛アドベンチャーゲームひまわりが、
iPhone/iPadアプリとして完全移植!

▼ストーリー

2048年8月23日――高々度旅客機SA-DAN080型墜落事故。
2年前に起きたその事故は、僕からすべてを奪っていった。

例えば、僕の両親。
例えば、僕の記憶。

だけどそのことを悲しいと思ったことは一度もない。
僕の側には、明香や部長がいる。
個性的な仲間に囲まれて、毎日が楽しかった。
事故の悲惨な経験など、すっかり忘れていた。

……そう、思っていた。

星の名前を持つ少女が、空から落ちてくるまでは。


▼キャラクター

■アリエス

UFOと共に空から落ちてきた、記憶喪失の少女。
黄道十二星座の一つ、牡牛座の名前を持つ。
一人暮らしの主人公が保護することになる。

記憶喪失のためか、それとも元々の性格なのか、
考え無しの発言で主人公達を呆れさせることが多い。

手を触れるだけで怪我を治すといった不思議な力を持っているが、
本人は特別なことだとは思っていないらしい。

■アクア

主人公の周りに出没するようになる、謎の少女。
黄道十二星座の一つ、水瓶座の名前を持つ。

なにやらアリエスのことを知っているようだが……。
思わせぶりにほのめかすばかりで、
肝心なことは何一つ喋らない。

ツンとすました態度を取っているが、
その内面が意外と表情に出ていることを本人は知らない。

■西園寺明香

主人公の幼なじみで、学年は一つ下。
一応、巨大企業の社長令嬢であり、とびきりのお嬢様だが、
本人の言動を見る限り、とてもそうは思えない……。

世話焼きタイプで、一人暮らしをする主人公の家に通っては、
炊事・洗濯・掃除をこなしている。
宇宙部の活動に不満を抱いているが、
なんだかんだ言いつつ、結局いつも巻き込まれている。

■日向陽一

この物語の主人公。
この春で、高校二年生になる。

2年前の事故で記憶を無くしており、
現在は両親の遺した家で一人暮らしをしている。
高校では宇宙部という部活に属しており、
部長と共にロケットを作っている。
目標は、月へ行くこと。

新機能

バージョン 1.22

iPad Air (2020)に対応
メッセージウインドウの表示を改善

評価とレビュー

5.0/5
2件の評価

2件の評価

アッパー?

万人向けではないかもしれない

ストーリーは重く、鬱になるような要素も多い。
即ち、本作品は所謂"鬱ゲー"である。
また、キャラやストーリーもクセがあって世界観も少々複雑である。
ただ、複雑が故に世界観に引き込まれるし、重いが故にストーリーは奥深い。
万人受けはしないと思うが、私はとてもハマり何周もしてしまっている。
2周目以降に新たな発見や楽しさを見つけられることもあるし、世界観に浸っているだけでもとても楽しい。
個人的には3章やアクアアフターをプレイした後に1章をプレイして、各キャラクターの日常の変化を見るのが好きです。

Appのプライバシー

デベロッパである"Yuji Nakamura"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ