Screenshots

Description

AR/MR/VRで立体迷路を遊べるアプリ。
既存の迷路を遊ぶだけでなく、迷路を作ることもできるので、自分だけの迷路を作って、周りの人に遊んでもらったり、タイムアタックに挑んだりできます。

アプリ1つで簡単に、立体迷路を作ったり、遊んだりする体験できるので、自宅の1室から広いスペースまで、様々な場所で1人でもみんなでも立体迷路体験を楽しめます。

スマートフォンのみでもARアプリとして遊ぶことはできますが、
だんグラを使用することで、MRやVRアプリとして、より没入感のある体験をすることができます。
https://ho-lo.jp/products/hardware/dangla/

※本アプリはカメラを使用します。使用中にカメラを指等でふさいでしまうと、予期しない動作が起こる可能性がありますので、ご注意ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――

【操作方法】
だんグラでは右のボタン、スマートフォン単体の場合は右下の▲ボタン付近を押すことで、メニュー上での決定や、迷路探索中の前進操作を行えます。
だんグラでは左のボタン、スマートフォン単体の場合は左下の▲ボタン付近を押すことで、
メニューを開きます(メニューを開いている際に押した場合は、メニューが再度正面に表示されます)。
中央には白い丸いカーソルが表示されており、そのカーソルをメニュー等に合わせて右ボタンを押すことで、選択操作を行います。
メニューのシステムメニューからはAR/MR/VRモードの切り替え、1眼/2眼の切り替え、画面サイズの設定等を行うことができます。

だんグラの場合は、MR、またはVRモードで、
スマートフォン単体の場合はARモードの1眼に設定してお楽しみください。
画面のサイズについては、スマートフォンの大きさに合わせてサイズの調整を行うことで、だんグラを使用した際の見栄えを調整できます。
基本的に画面のスマートフォンの画面が大きいか小さいかに合わせて調整していただくことで、キレイに表示されるようになります。

【迷路探索モード】
迷路探索モードでは、実際に歩いたり、移動操作を行ったりしながら、スタート地点からゴールを目指し、クリアまでにかかった時間を競います。
数メートル単位の迷路が目の前に表示され、その中を探索するため、
広いスペースでだんグラを使いながら実際に歩くことで、実際に立体迷路探索しているような体験も味わえます。

【迷路作成モード】
迷路作成モードでは、目の前に表示されるミニチュアの迷路に、壁となるブロックなどを配置して、オリジナルの迷路を作ることができます。
自分がミニチュア迷路の周りを移動することで、迷路を様々な角度から俯瞰的に観察することができ、手軽に立体迷路を作れるようになっています。
迷路の配置するブロック等を選択後、迷路上のマス目に右ボタンでブロックの配置、既に配置している場合はブロックの削除ができます。


【ご注意】
・当アプリは公道など人が多い場所で使用しないでください。
・小さなお子様は必ず保護者同伴で、常に安全を確保したうえで使用してください。
・だんグラを太陽に向けないでください。
・視覚の発達期にある13歳未満の方は2眼モードで使用しないでください。
・当アプリの使用で生じた損害は直接的、間接的に関わらず補償いたしません。

What’s New

Version 1.1.4

遊べる迷路ステージを追加しました。
迷路に置かれるギミックを追加しました。
迷路を作成する際に全体サイズが選択できるようになりました。

App Privacy

The developer, Hologram Co.,Ltd., indicated that the app’s privacy practices may include handling of data as described below. For more information, see the developer’s privacy policy.

Data Not Collected

The developer does not collect any data from this app.

Privacy practices may vary, for example, based on the features you use or your age. Learn More

Supports

  • Family Sharing

    With Family Sharing set up, up to six family members can use this app.

More By This Developer

You May Also Like