こころえほんJr‪.‬ 4+

思いやりの気持ちを育むアプリ 小学校中学年~高学年向‪け‬

Yuko Honma

iPad対応

    • 無料

iPadスクリーンショット

説明

「こころえほんJr.ゲーム」アプリは、子どもの他者の気持ちを思いやる能力(役割取得能力)の発達を促すことを目的とした、タブレット端末用の絵本アプリです。トレーニングにより、障害のある子どもを含む、子どもたちの学校への適応を促し、学校生活の充実に寄与することを目指しています。
「こころえほんJr.」ゲームアプリは、「こころえほん」アプリ、「こころえほん あかペン」アプリ(幼児~小学校低学年を対象)よりも年齢の高いお子さんである、小学校中学年~高学年の児童(発達障害児含む)を対象としています。

「こころえほんJr.」アプリは絵本と質問のみで構成されているのに対し、「こころえほんJr.ゲーム」アプリは、より、トレーニング的側面を強化するため、ゲーミフィケーションを活用し、採点機能、トレーニング後のごほうびとして、「まちがい探し」ゲームと「神経衰弱」ゲームを行うことができます。これらのゲームは、ごほうびとしての意味もありますが、認知機能の発達への効果もねらっています。

【こころえほんJr.ゲーム】の主な内容・特徴
-「その1」と「その2」で計8つのトレーニング用物語課題を収録
-物語課題の後の計6つの質問を大人と子どもで考えることで、他者を思いやる能力(役割取得能力)をトレーニングできる
 ※別途、トレーニング用ワークシート(無料)がありますので、https://kokoro-ehon.com/ からダウンロードしてご使用ください。
-朗読音声に合わせたプログレスバー(特許番号:6813196)により、発達障害をもつお子さんの注意を引きつけながらトレーニングできる
-背景タップによる字幕表示により、聴覚障害をもつお子さんにもトレーニングできる。
-朗読音声と文字表示により、外国人児童の日本語学習にも応用できる
-朗読音声に加え、登場人物のタップでセリフ音声も流れることで、心情理解を容易に行うことができる
-質問に対する子どもの回答を、星の数(5段階)で採点でき、採点結果が記録される
-採点結果が「とくてんのまとめ」で視覚的にフィードバックできる
-絵本と同じイラストを使っている、「まちがい探し」ゲームが15回行うことができる。
-「神経衰弱」ゲームが「かんたん」(3レベル)、「ふつう」(3レベル)、「むずかしい」(3レベル)」の9レベル行うことができる。

 【その他】
  トレーニング用のマニュアル(全12ページ)がありますので、https://kokoro-ehon.com/ からダウンロードして、参照して頂くことを推奨します。

 〇製作者プロフィール
  本間優子
  新潟青陵大学 准教授
  https://researchmap.jp/yukohonma
  発達・教育心理学を専門としている。公認心理師。主著に、「児童期における役割取得能力と学校適応の関係」(ミネルヴァ書房,2020)等がある。

アプリのプライバシー

デベロッパである"Yuko Honma"は、アプリのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのアプリからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

他のおすすめ

きそきそ さんすうたしざん
教育
きそきそ さんすうひきざん
教育
ことばのべんきょう(光村図書版)3ねん
教育
すしくいざん
教育
脳トレ123:ランダム表示&難易度調整が可能!子ども,高齢者
教育
タッチ教科書 小学4年算数【スクール版】
教育