スクリーンショット

説明

•説明
武蔵野美術大学 美術館・図書館の公式アプリケーションです。
「やきものの在処 デジタルアーカイブ」では、武蔵野美術大学 美術館・図書館が所蔵する陶磁器から選んだ5点の3D画像、CTスキャン画像、高精細画像をご覧いただけます。全方向からみることのできる3D画像や陶工の手跡まで分かるCTスキャン画像、肉眼とは異なる気づきが得られる高精細画像からは、やきものという造形がどのように成り立っているのか、実際の作品を肉眼でみる視点に加え、また別の視点からお楽しみいただけます。本アプリケーションは私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成25年度–29年度)の採択を受けて企画された展覧会「やきものの在処」(2017年9月4日–11月11日)の一環として作成されました。

•主な機能
− 3D画像 陶磁器を自由に回すことで全角度から見ることができます。
background color 機能では、白から黒にかけて背景色を変更することができます。
texture on/off 機能では、釉薬や土の色情報のある/なしを選択し、見ることができます。
lighting 機能では、陶磁器に当たる光源の高さ(height)や角度(angle)を変化させることができます。

− CTスキャン画像 陶磁器の内部構造を、その閲覧ポイントとともに見ることができます。

− 高精細画像 3635万画素のデジタルカメラで撮影した画像をズームアップして見ることができます。

− 5点の陶磁器について、基本情報と解説を閲覧できます。

•注意事項
当アプリケーションを利用する際には、インターネット接続が必要です。お使いの端末がインターネットに接続していることを確認してからご利用ください。高解像度画像取得のため、Wi-Fi環境をおすすめします。

新機能

バージョン 1.2.0

ダウンロードエラーを修正しました。
iOS 13に対応しました。

評価とレビュー

3.4/5
5件の評価

5件の評価

peeeee1

見られない…

iphone7 ios12.3.1の環境では電源のリスタート等しても3D,CT,高精細写真全て見ることができませんでした。
トップのミニモデル、高精細のプレビューのみ出てきましたが、各画面では再生されず、下のほうにある3本バーを押すとアプリが落ちました。
点数も少なめですが企画としても素晴らしい試みだと思うので是非改善願いたいです。

のりまき せんべい

作者は実際に実機で内容をチェックしているのだろうか?

iphoneの方と同じく、iPad-Pro 12.9inch 最新版でも同じ結果。これは学生の習作と考えても余りにもお粗末。始めにWiFi云々の注意書きが出てくるので多分かなり古い機種で動かしたのでしょうが、このようなAppのプログラミングに提供される画像処理ユーティリティはiOSが更新される毎に引数を含めて構造が大幅に変更されることを忘れていてはなんとも致し方ありません。予算の関係からこのような状況になっているのかもしれませんが、事は所属大学の名誉にも関わる事と思いますので、早急に修正されることをお勧めします。

楽俊

表示出来ない

表紙の3Dは、回転、拡大など表示出来ました。
4つの焼物のページでは3Dはまったく表示されず、HD、CTはサムネイルだけ表示されサムネイルをタップすると真っ黒な画面でした。前のページに戻るボタンなどテキストは表示出来ていて動作も問題ない様です。

使用環境は、iPad Pro9.7インチ、iPadOS13.3、Night Shirtの時間帯で作業

情報

販売元
Musashino Art University
サイズ
62.1MB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ