iPhoneスクリーンショット

説明

毎日のセブン−イレブンでお得が貯まるコンビニアプリ。
お買い物の際にバーコードを見せるだけで、
キャンペーンに参加できて、クーポンがもらえる!

セブン−イレブン・アプリは、毎日のセブンイレブンを
もっとお得に楽しんでいただけるアプリです。
セール情報やキャンペーン情報もいち早く、
お届けします。
nanacoやセブン&アイ グループ共通マイルを、
貯めることもできます。

■バーコードを見せてキャンペーンに参加しよう ・お買い物の際、レジでバーコードを提示するだけで、簡単にキャンペーンやポイント付加に参加することができます。

■毎日のお買い物にお得な情報がたくさん
・新商品情報
・ピックアップ情報
・記事
・キャンペーン情報
・セール情報

■全国のセブンイレブンがカンタンに見つかる検索機能搭載
- 全国のセブンイレブンを探せる「店舗検索」
- お近くの店舗がわかる「現在地検索」
- フリーワードでお店を見つける「名称検索」

■ポイント連動
- nanaco連動
 nanaco残高およびポイント残高を確認できます。
- セブン&アイグループ共通マイル連動

■セブン&アイ グループの無料Wi-Fiが無制限に
- 無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」
 アプリなら通常の回数制限がなくなり、無制限でインターネットをお楽しみいただけます。

■各種サイトとの連携
・セブン&アイが提供するネットショッピング「オムニ7」
・本・コミック・雑誌・CD・DVD・ゲーム 通販の通販サイト「セブンネットショッピング」
・日替わりのお惣菜を宅配「セブンミール」
・セブン-イレブン公式ホームページ

■各種ソーシャルサイトとの連携
・セブン-イレブン公式Twitterアカウント
・セブン-イレブン公式Instagramアカウント
・セブン-イレブン公式Facebookアカウント

新機能

バージョン 2.1.4

■ver2.1.4 アップデート内容
・より安全にサービスをご利用いただくため、7iDパスワードの設定条件を変更しました。

セブン-イレブンアプリを今後ともよろしくお願いいたします。

評価とレビュー

2.3/5
1.5万件の評価

1.5万件の評価

雑魚プレマス

不便な点が多いです。

セブンイレブンのアプリが100人に6.7人しか使われていないという数値を出しているのに何故アプリが使われないかを考えたことはありますか?

そして、アプリを利用している人たちでも気付いてないサービスがあるということもご存知でしょうか?

お店と連携しているアプリは今では多いです。その中でもセブンイレブンアプリだけは特別使いづらいです。まず、クーポンの画面では未使用と全てという極端な分け方がされています。そして、未使用のクーポンを一度に多く使おうとすると使用済みのクーポンと混ざってしまいどのクーポンが使っていないかが非常に分かりづらいです。この画面を3項目にして、未使用 使用中 使用済みにするのはいかがでしょうか。
次にマイセブンの情報量です。スマートフォンを傾けている向きにバッジが降ってくる必要が分かりません。ここの画面にクーポン キャンペーン 会員情報 バッジ の項目を追加したほうがより便利になると思います。

これからセブン・ペイも始まるのでより多くのお客様に利用して頂くためにはアプリ内の見やすさを改善する必要があると思います。

長くはなりましたがどうか検討しては頂けないでしょうか。

たぬ五郎567

意味不明

7payがサービス中止になった時点でアプリの存在意義ゼロだと思います。

そもそもnanacoで御社は必要十分な顧客購買履歴を把握出来ていたのでは?だからこそセブンの商品力が他社より優れていたのでは?

なのに周りがバーコード決済を次々と導入するもんだから、場当たり的に7pay導入を決めて、サービスインを7月1日に設定して挙げ句の果てにはやっぱり辞めます的にしか見えません。

7pay導入に当たり0.5%に半減されたnanaco決済時のポイント付与率は1%に戻らないのでしょうか?

であれば私はポイント付与率が高いdカードで今後は決済します。他のnanacoヘビーユーザーの方の気持ちも恐らく私と同じだと思います。

いままで歩いて2分程のセブンまではnanacoだけ持って行けば良かったのにセブンアプリとnanacoの2本立てになり、いちいちスマホも持参しなければならなくなりました。

更に近隣のセブン店舗内のレジ近隣ではケータイの電波がなかなか掴めない状況。バーコード表示させる為に、スタッフの方に待って頂いて店舗入口付近まで移動する始末です。

セブンアプリリリース以降、omni7 の ID 、パスワードを再設定させたり、今回の7pay中止に伴いパスワードを強制変更させたり、迷走しまくっているようにしか見えません。

セブンアプリリリース時にもスタッフにアプリ導入の周知徹底がされておらず混乱した過去もあります。

バーコード決済でPayPay等も使えるようにした為、各社乱立していて赤字垂れ流しでポイントバック付与率の高いキャンペーンを打ちまくっている現在、私はセブンでも以前の様にnanacoでは決済せずに諸々使い分けています。要するに御社はヘビーユーザーの購買履歴を自ら外に逃しているのです。バーコード決済がある程度淘汰されるまで各社の競争は続くでしょう。

Suicaで莫大なユーザーを抱えているFeliCaは恐らく今後もなくなる事はないでしょう。 nanacoであれば電波状況の心配も無用です。

20円引きなんてセコイクーポン配信や、ユーザーにとって何の意味もないバッジ獲得的な機能は不要です。

以前の様にレシートに直接諸々の情報が印字されてた時の方が100万倍マシです。

とみいえ

ナンセンスな課題を抱えている

似たようなアプリで「スターバックスコーヒー」のアプリがあります。
セブンとスタバはどちらも固有の支払い用カードがあり、アプリと連携できるという環境がとても似ています。
比較として述べていきます。

①アプリへの反応
セブンのアプリは計上が何時とタイミングが決まっています。
スタンプやナナコの残高も即時反映ではありません。
一方スタバは即時反映です。

②リワードの明確化
セブンは買った商品のカテゴリ毎の累積によってバッジが、スタバは会計金額の合計によってリワードが貰えます。
スタバは「ポイントがたまると1杯ドリンク無料」というか明確化がありますが、セブンはバッジが貰えてもそれに対する対価が明記されていません。バッジをもらっても何も対価が貰えないことすらあります。

③店員の教育
セブンは理解している店員が少ないままリリースとなってしまいました。(店舗に資材は配置されているので教育はしたものと思われますが)
店員がアプリをどこまで理解しているかの徹底については一概に「店員が悪い」とは言えません。
というのもセブンのアプリは複雑過ぎるのです。
ナナコと連携してもオートチャージは自社のクレカでないとチャージ出来ないところからはじまり、マイルやらネット通販やらと連携していたり、内容が煩雑すぎてバイト一人にどうこうできるレベルを超えています。
その点、スタバはどのクレカでも登録出来、オートチャージ登録がされたスタバカードをスマホに登録すればあとはスマホのみで会計が出来ます。

◯総評
ユーザーが多く、利用者の年齢層が広いコンビニだからこそスマートさが必要だった。
UIも分かりにくく、理解深度が必要なアプリ。
またユーザーへの対価があまりにも少ない。
「会計後アプリへの即時反映」と「買い物が便利に出来て、買った分だけおまけがつく」というシンプル路線への変更が望まれる。

▲追記
スタバのアプリはカードと連携すると「スマホのみで会計残高も即時確認出来、会計も出来るのでスマホだけでよくなる」のだが、
セブンの方は連携してもナナコカードでの会計が必須なので「スマホもカードも必要」になる。
どのみちスマホでバッジや残高を確認するのだからスマホのみで完結できるようにするべきだ。
こう言った「せっかくユーザーに登録などの手間を掛けさせるのに何らスマートに終わらない」というのが現状。
今後に心底期待。

情報

販売元
Seven-Eleven Japan Co., Ltd
サイズ
71.7MB
カテゴリ
ライフスタイル
互換性

iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
このアプリケーションのダウンロードは、17才以上の方が対象です。
ギャンブルまたはコンテスト
Copyright
© Seven‐Eleven Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ