パンケーキタワー® 子供向け人気ゲー‪ム‬ 4+

2歳,3歳,4歳,5歳からの定番キッズアプ‪リ‬

OTOUCH INC.

iPad対応

    • 無料

スクリーンショット

説明

パンケーキをいくつ積めるか挑戦しよう!!!
たくさん積んでみんなに自慢しよう!!!


パンケーキタワーは家族で遊べる
子供向け無料ゲームです。
パンケーキを高く積むためのいろいろな工夫ができるので、子供たちの思考力、創造性を育みます。

大人でも十分楽しむことができるので、
家族とのコミニュケーションに是非お使いください。


Apps by O!TOUCH
オータッチのアプリ

新機能

バージョン 5.0

アプリの操作に関する不具合を修正しました。

評価とレビュー

4.4/5
2.4万件の評価

2.4万件の評価

愛桃 こはく

人生を変えてくれた。

それはある日の事だった。深夜1時、寝ようとしても寝る気がせず、無心でAppStoreを開いた。いつも通り「あなたへのおすすめ」と言う欄を見ていた。見ると何度か見た事があるような物が何個かあった。(つまらないなぁ…)と言う気持ちで下までさげたら、明らかに1つオーラの違うアプリがあった。アイコンを見ると、積み上がったパンケーキがこちらを向き、楽しそうな笑顔で笑っていた。私はそれを見た瞬間、吸い込まれるように入手ボタンを押していた。しばらくして、ホームに戻ると先程のパンケーキが居た。開くとおしゃれな音楽に先程のパンケーキが「いらっしゃい」とでも言うようにこちらを見ていた。早速プレイボタンを押すとリアルな焼き音と共にフライパンからパンケーキをお皿に落とすと言うシンプルな内容のゲームだった。特にこれといった特徴もない。なのに何故こんなにハマってしまうのだろう。これをプレイ中に寝てしまったのかもだが、朝5時。ふとスマホを見ると、パンケーキがいた。またやりそうになったが、この日は学校があったため、欲望を必死に抑え、準備をした。バスに乗っている時、暇で暇でしょうがなかった私は、迷いもせずこのパンケーキタワーと言うアプリを開いた。それから私の人生は淡々と変わって行きました。おすすめです。

闇深い漆黒の森羅万象

人生を変えるゲーム

それは、突然の出来事であった。Appleストアのオススメにパンケーキのアプリが現れたのであった。私は、驚愕した。何だ、このアプリは…?と。私は、ふとインストールボタンを押した。なぜ、押したかは自分でも分からなかった。そして、インストールが終わった。アプリを開いてみると、お洒落な音楽と可愛らしいパンケーキが目の前にあった。たまげた!なんだこのアプリは!と。さらにゲームを開始してみた。おいおいおい、嘘だろと私は驚いた。パンケーキが何枚も積み重なり、パンケーキ同士が一体となって上を目指すのだ。その時、私は思った。自分は周りと協力して、一体となって物事に取り組むことが出来ていたのだろうか、と。私は、パンケーキを積み重ねながらこれまでの自分を振り返った。出来ていない。全然出来ていなかったのだ。私は、協力出来ていると自分では思っていた。だか、それは違かった。表面上だけの協力で、心は一体になっていなかった。私は、パンケーキを積み重ねていく度に心にフォークが刺さる感覚がした。そして、私は決心した。パンケーキを積み重ねてる暇があったら行動しようと。今まで、ダメだった自分を変えるために、一歩一歩前に進もうと。
(あとがき)
皆さんは、このゲームで人生を変える事が出来たでしょうか?私の推測ですが、このゲームが本当に伝えたいのは周りと協力し、一体化する事だと思います。そして、表面上の協力ではなく心が一体化する協力を求められていると思います。学校での人間関係、上司や同僚との人間関係など全ての人間関係に置いて大切なことをこのゲームは教えてくれました。皆さんもぜひプレイしてみてください!

ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙推しが尊い人

感謝しかないよ

ちょうど8ヶ月前の昼、暇を持て余し、平凡でいつもと何も変わらない日常に飽きて半焦げの焼き魚のような目をした私は、自身のiPhoneで意味もなくApple Storeを開き、ただスクロール操作をしながら画面を眺めていた。
そのとき私は、Apple Storeからおすすめされたひとつのアプリに目を奪われた。ほぼ同時に脳に雷が落ちたかのような衝撃に襲われた。そしてレビューも何も見ずに、すぐにアプリをインストールしていた。
今まで、これほどまでに衝動的にアプリをインストールしたことがあっただろうか。普段ならアプリの説明やレビューの4、5件には目を通すが、このときだけは別だった。
今思えば、私はただの衝動ではなく、運命に突き動かされたのかもしれない。
私はアプリが完全にインストールされるまで目をこれでもかというくらいにかっ開いて待機した。数秒後ついにその時が来た。ついにアプリが私のiPhoneに完全にインストールされたのだ。
早速アプリを開いてみると、なんだこれは。
アプリアイコンにも描かれた可愛らしい丸い目がこちらをじっと見つめている。
丸い目の主はちょうどいい具合に焦げたような茶色のボディと美しいフォルムを持っていた。
私たちはしばらく見つめあったが、洒落たカフェに流れるような心地よいBGMで我に帰り、とりあえずゲームをプレイするため画面をタッチした。
画面が切り替わった瞬間、私はまたもや衝撃に襲われた。心臓の高鳴りを感じた。
フライパンに乗せられた、あの可愛らしいパンケーキが満面の笑みでまたこちらを見つめているではないか。私とパンケーキは再度見つめあいそうになったが、ジューッとパンケーキが焼ける音でまた我に帰り、下に置いてある皿に、画面越しに良い香りを漂わせるパンケーキをそっと慎重に運んだ。
パンケーキは綺麗に皿の中央にのせられた。私には皿に降り立ったパンケーキが喜んでいるように見えた。まるで天使のようだった。
曲線美を魅せるそのパンケーキたちは私によって焼き上げられ、私によってまっすぐに、ふんわりと皿の上に舞い降りた。
私は夢中になってパンケーキたちを積んだ。
それから何分か経ったころ、突然悲劇は起きた。私が積み上げたパンケーキたちが、なんと崩れてしまったのだ。42枚だった。
パンケーキたちがあの愛らしい丸い目を罰の形にして儚く散りゆくのを見て私は呆然としていた。一瞬のことに状況が理解できなかったが、状況をやっと理解した私は嘆いた。
どろどろとした罪悪感が私の体と脳を這いずり回った。
なんてことをしてしまったのだろう。
後悔と悲しみで私は号泣した。視界は霞んでは鮮明になることを繰り返し、無力な私は涙が頬をつたってこぼれ落ちないように、ティッシュペーパーで目の下を押さえることしか出来なかった。
そのとき、とめどなく涙が流れる私の目は画面に表示された文字を捉えた。
「もう一度」
私はその文字を見て、どろついた罪悪感が一気に体と脳から退いていき、体が温かさを取り戻す感覚と、安堵、歓喜などの感情を一気に感じた。
こんな気持ちになったのは初めてだった。
こんなに心が動いたのは初めてだった。
新たな美しい感情を見つけた私の人生は変わった。
人生で起きる全ての事が楽しく、やわらかで和んだ気持ちで色々なものと接することができた。
シンプルで単純なこのアプリは私の人生をこんなにも豊かにしたのだ。
本当に感謝している。星を何万個おくっても足りないくらいに。
ありがとう、アプリ開発に携わった全ての方々、パンケーキ。

アプリのプライバシー

デベロッパである"OTOUCH INC."は、アプリのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのアプリからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

このデベロッパのその他のアプリ

ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム

他のおすすめ

ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム
ゲーム