スクリーンショット

説明

都会の生活に疲れ、海の見える街へ移り住んできた青年。
「潮騒の街」での様々な出会いと別れは、彼の心を変えてゆく……

実写映画化された「つぐのひ」シリーズなど、
数々の人気フリーゲームを手掛けてきたImCyan氏が
2010年に発表した短編アドベンチャーのリメイク作品。

戦闘や謎解きはなく、ストーリーを見せることに専念したつくりで、
ゲームの苦手な方でもお楽しみいただけます。
原作者監修・協力のもとグレードアップした、
優しく切ない物語を是非ご堪能下さい。


------ 使わせていただいた素材一覧 ------
ぴぽや http://piposozai.wiki.fc2.com/
白螺子屋 http://hi79.web.fc2.com/index.html
誰得・らくだのブログ http://miyabirakuda.blog62.fc2.com/
Ramine http://2ram.com/
DOVA-SYNDROME https://dova-s.jp/
効果音ラボ https://soundeffect-lab.info/
小森 平 http://taira-komori.jpn.org/freesound.html
G-sound http://g-miya.net/index.html
効果音辞典 https://sounddictionary.info/ambient-1/

新機能

バージョン 1.6.2

トルコ語、ロシア語、ベトナム語翻訳が追加されました。

評価とレビュー

4.6/5
3,323件の評価

3,323件の評価

隼マン91D4

賛否両論あるでしょうが…

私は個人的にとても気に入っています。

この先は多少(かなり?)ネタバレになってしまいますが、どうかご了承ください。

「自己啓発本を読んで努力すれば素晴らしい人生を送れる、なんてただの幻想でしかない…」
「世の中には偽善者が確かにいて、そいつらと深く付き合うとろくなことがない…」
「社会は汚れており、その汚れた社会に溶け込むために学校が存在する…」
という主人公の考え方に全面的に共感できる一方で、
・酷い自己嫌悪に陥ることがない人
・自殺願望を抱かない(抱いた経験がない)人
・現代社会に適合できている人
・成功者と評される人
など、現代社会に通ずるものがあるこのゲームの世界観に理解を示せない人からはとことん嫌われるだろうと感じています。

私自身、数年前にネットビジネスで成功するために、
・約1年半もの時間
・100万円を超えるお金
これらを躊躇なく費やして、ネットビジネスに打ち込んでいました。
しかし、結果は酷いもので、1円も稼げなかっただけでなく、このことがきっかけで家族から否定的な目で見られるようになりました。
結局何も得られないままネットビジネスから完全に手を引きましたが、ビジネス全般に深い憎しみを抱くようになりました。
その当時は生きることが嫌になりましたし、何かあった時に誰も味方にならないんだと絶望しました。
だからこそ、主人公の考えに(ネガティブな考えも含めて)全面的に共感できるんだと思っています。
個人的な話になり、大変失礼いたしました。

このゲームは賛否両論あるでしょうが、私は人生に疲れてしまった方にこそプレイしていただきたいと思っています。

ともちまん

賛否両論分かれると思いますが

私は好きでした。
DAIGOさんのゲームは何作かプレイさせて頂いてますが、独特な世界観のストーリーでいつも考えさせられます。
ただ今作はかなり重めの内容だったと思いますが笑
展開が少し早いのは私も思いましたが、これ以上長ったらしくするとかえってもっと重い話になりプレイヤーを飽きさせてしまう恐れがあるから?かもしれません。

ぜひプレイされる方は、クリア後のアナザーワールドのスタッフルームまで覗いて見て欲しいと思いました。
共感出来る部分もあり、少なくとも私には心に残る素敵な作品でした、制作スタッフの方々ありがとうございました(^o^)/

ぼくはくまたいよう

惜しい…!

低評価の方達が書かれているように、女性関連が急展開過ぎたのかな…?という気は少ししました。ただ、執着心の強い女性は切り替えられた瞬間、直ぐに別の男性への熱がMAXになる、という事も実際あるので、ある意味リアルだったなあという気もします。
スマホアプリのボリューム的に仕方なかったのかもしれませんが、もう少し、ボリュームがあれば大満足だったように感じます!
お婆さんの事件もちょっと急だった気もしました。お婆さんに愛着が湧くイベントがあれば尚感動したかも…。
酷評する程のものではないですが、題材や所々が素敵だっただけに歯がゆい気持ちにはなりました…。世界観、演出、音楽等素敵でした。今後に期待します。ありがとうございました!

Appのプライバシー

デベロッパである"Odencat Inc."は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ