スクリーンショット

説明

AudioTools は、プロフェッショナルグレードのオーディオと音響信号を分析するためのアプリです。プロが使うほとんどのツールが、この価格に含まれています。(音圧レベル測定、RTA、FFT、スピーカー極性テスト、シグナルジェネレーター、オシロスコープ、CLF ビューワー、レコーダーなど)

iOS 6の元では、iPhone上で120 dB SPLまでの音圧レベル測定が可能です。

オプションモジュールを購入すれば、AudioToolsをあなたの要求にしたがってカスタマイズできます。オプションモジュールは、Smaart Tools I、SPL グラフ、インパルスレスポンスなどがあり、いつでも iOSデバイスにインストールできます。

ベーシックのAudioToolsパッケージからスタートし、必要な機能をアップグレードしてください。

iAuidoInterface2と組み合わせれば、プロフェッショナルオーディオに必要な音響テストや測定の完全なプラットフォームを作ることができます。

ユーザーの声:

「...AudioTools は、絶対に必要なアプリだ。」

「このアプリは過去購入した中でベストだ。」

「多くのお金を複雑な計測器につぎ込んできたが、それらもこのアプリにはかなわない。」

***** 価格に含まれる機能 *****

* SPL Meter
アナログのSPLメーターを充実に再現。A/C カーブ、Fast / Slow ANSI 減衰モード。全てのフィルターはANSI type 1の規格値を上回っています。

* RTA
1/3および1オクターブバンド のリアルタイムアナライザー。タッチによる、レンジ変更、カーソル制御、max/min バー、ノイズカーブオーバーレイが可能です。

* FFT
32876 ポイントまでのハイグレードなFFT。フル表示に加え、1/24、1/6、1/3、1 オクターブのスムージング機能を搭載しています。カーソル、スケーラブルグラフ、ピークトラッキングが可能です。

* Polarity
スピーカー極性チェッカー。テストシグナルをスピーカーに入力するだけで、画面上で極性を確認できます。

* CLF Viewer
Common Loudspeaker Formatで測定されたスピーカー特性データのビューワー。インピーダンスプロット、正面軸上レスポンス、能率、ポーラーレスポンス、6dBカバーレンジ、3Dバルーンプロットなどを表示します。

* Delay Finder
スピーカーから発したパルスの到達時間を測定します。

* Generator
サイン波、方形波、ホワイトノイズ、ピンクノイズ、などのシグナルジェネレーターです。

* Line Level Tests
ラインレベル信号のレベル測定器と周波数カウンターです。

* Audio Scope
デュアルチャンネルのオーディオオシロスコープ。オートトリガー、バリアブル・ゲイン/スイープレート、波形記録機能が搭載されています。

* Recorder
モノ/ステレオのオーディオレコーダー。8k-48kHzのサンプルレート、WAVファイル、圧縮フォーマットなどが選択でき、WiFiを介してデータを送ることができます。

* Files
WiFiを介してPC/Macに測定結果のファイルを送ることができます。

* Calculators
dBや波長の計算など、オーディオ用のスペシャルな計算機です。

***** AudioToolsオプションモジュール *****

* Smaart® Tools – シングルチャンネルモジュール
Smaart® のモバイル版。1/48オクターブバンドの リアルタイムアナライザーとスペクトログラフを搭載し、iPadでは個別表示が可能。

* Transfer Function – iAuidoInterface2が必要です
デュアルチャンネルFFTベースの伝達関数測定。サウンドシステムの特性を音楽信号やピンクノイズを音源として測定できます。

* ETC
エナジータイムカーブ測定。インパルスの減衰を時間的にプロットし、RT60(残響時間)を計算します。インターナルあるいは外部トリガー機能搭載。

* Impulse Response
インパルス信号あるいはスイープサイン波を音源として記録・解析することで、1オクターブあるいは 1/3 octave ETC、T30、C50、C80、CT、Definitionを計算します。さらに、FFT とSchroederカーブも表示します。

* SPL Pro
ANSI規格に基づいたSlow/Fast/Peak、インパルスモード、LEQ表示機能を持ったデジタルSPL メーター。A /C カーブと10個のオクターブバンドフィルターも搭載しています。

* SPL Graph
SPLを24 時間記録します。その際、録音も可能です。また、オプションのオクターブバンド・ロギングをインストールすれば、他の高価なプロ用SPLメーターと同じレベルにアップグレードできます。

* SPL Traffic Light
ライブサウンドのSPLとLeq をモニターし、シンプルな緑/黄/赤で状態を表示します。

* STIPA 音声明瞭度
避難放送システムや学校のためのNFPA(National Fire PA)コードスタンダードに適合しています。

* Speaker Distortion
スピーカーのTHD(全高調波歪)+ノイズを測定します。

* THD+n (iAudioInterfaceが必要です)

* Impedance Meter and Plot (iAudioInterfaceが必要です)

* Phase Meter

* Amplitude Sweep

さらにたくさんのモジュールが今後予定されています!

AudioTools は、iAudioInterface2とiTestMicが最適なパートナーですが、iOSデバイスのマイク、ヘッドホン端子のマイク入力、他のiOSコンパチブルなドック対応オーディオソースでも動作します。

新機能

バージョン 14.10

AudioTools, #1 audio test & measurement app
New in this release:
- Added: Full support for new iPads
- LARSA: Fixed user latency not being applied to ETC
- Fixed: “device not in database” message shows up too many times
- Added: Device ports can be now seen on email support page Audio button
- Fixed: plugging in iPrecisionMic would disable mic comp until restart
- Fixed: Mic Compensation is not applied when source is changed in module
- Added: More custom mic compensation files
- Fixed: Make sure it can’t load cal files multiple times- Fixed: Make sure it can’t load cal files multiple times

評価とレビュー

4.6/5
396件の評価

396件の評価

音響職人

シングルマイクで調整するなら、コレで充分!

測定マイク1本でする調整なら、このアプリで充分に用が足ります。
細々とPlugINを購入して、いろんな測定や解析にも使っています。
PA現場なら、TransferFunctionは必須でしょうし、RT60やETC,SmaartTool等も測定現場用や音響解析の為に購入しました。
それぞれのPlugINに対して、開発者が違うみたいで、統一感はありませんが、現場で触れば何とか使えています。
それぞれYouTubeに、デモ動画がありますが、誰かが字幕を入れて下さると、大変有難いのですが…。(専門用語が多く、英語力が無いので…)
このアプリによる解析結果が、信用出来ない人も居そうですが、それなりのマイクやI/Fを使えば、高価な測定器と変わらない結果が得られています。(不安なら専用のマイクやI/Fも、用意されています)

〈追記〉
iOS14.0.1にアップデートしたら、RTA画面が出なくなりましたが、一旦FFT解析をタップして、RTAに戻すと一応グラフが表示されます。
細かな対応については、新たにアプリ側のアップデートを待つ方が良さそうなんで、iOSのアップデートは、少し待った方が賢明かと思います。

SaintPegasus

異音診断に最適

軸受の損傷やカバー類の共振、サーボ制御軸の調整不良のような、熟練者が聞いて判断していた音響診断が容易に出来ます。端末毎のキャリブレーションが新機種・OSの更新毎に行われる事、測定値が校正された測定器とほぼ同じ数値となる事から、保全現場での一次診断に最適です。

iPhone。

正確に測定できる

iPhone内臓マイクにキャリブレーションされているのが良い。個体ごとに特性のばらつきがあるにしても、それは大した問題では無い。必要に応じて外部機器を使えば良いだけの話である。

Appのプライバシー

デベロッパである"Andrew Smith"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ