スクリーンショット

説明

数々の賞を受賞した『Monument Valley』のリードデザイナーがお送りする『Florence』は、若い女性の初恋をテーマに、出会いのときめきや、胸が痛む落ち込みを伝える、インタラクティブ・ストーリーブックです。

主人公のフローレンス・ヨーは最近少し… 行き詰まりを感じています。彼女の毎日は終わりのない仕事、睡眠、そしてソーシャルメディアに時間を喰われることの繰り返し。しかしある日、クリシュという名前のチェリストに出会い、それは彼女の世界観をガラリと塗り替えることになります。

プレイヤーは、シリーズになっているミニゲーム・エピソードを通して、フローレンスとクリシュの関係を、一鼓動ずつ体験していきます。出会ったあとの誘惑から、訪れる衝突、お互いの成長を刺激し合い、やがてさまよう心…。「実生活の一片」を描写したグラフィック小説やウェブコミックにインスピレーションを得た『Florence』は、親密で、忘れがたい物語です。

新機能

バージョン 1.0.5

Thank you for playing Florence!

This build includes additional international store support.

評価とレビュー

4.5/5
1,219件の評価

1,219件の評価

you`4

美しい音楽と共になぞる一人の女性の物語

気になっていたもののなかなか買う機会がなく敬遠していた本作。
120円といつの間にか缶ジュースより安い値段になっていたのでこれは!と思い購入、遊んでみてびっくり。
操作がユニーク!
けれど決して難しい訳ではなく、直感的なパズルを解いてクリアすると物語が進行していくスタイル。

メインのゲームは3ピース程度のパズルを解いて吹き出しを作ったり、指で写真をこするだけの、子供でも簡単に解けそうなものですがこれがまー物語とうまく組み合わさって主役二人にどんどん感情移入させてくれる素敵な仕掛け。
アプリで楽しむ大人向けの仕掛け絵本、という感じです。
吹き出しパズルの難易度で関係性の変化を表したり、角の丸みで和やかなのか刺々しいかをうまく表現していて、会話もないのに何を喋っているか理解できる粋なギミックに脱帽。

物語はすごく丁寧。
初恋、恋人との楽しい日々、人生のつまずき、才能の限界、不和、複雑な親子関係。
そういった誰しも一度は味わったことのある人生のビターな風味を美しい音楽に乗せて再び蘇らせる素晴らしい作品。
だからこそ惜しいのがフローレンスの国籍がわやわやになっている部分。混ざりやすいのはわかるけど、リアリティの為にそこはもう少し丁寧に調べて欲しかった。飲茶とか食べたかった。

作品としては短く、ゲームを遊ぶというよりも短編小説を楽しむくらいの感覚が吉。クリアまで1時間かかりません。
クリアしてみて、なんとなく映画のジェニーの肖像を思い出しました。
ビターながらも爽やかな後味が胸に響く。
おすすめの作品です。

ジャスミンティー@

良い作品を見れて嬉しいです😌✨

ずっと気になってはいたけれど、手が出ないまま……という所でふと思い出して良い機会だと購入してプレイしてみる事にしました。

※ネタバレ込の感想です

本当に必要最低限の言葉のみ。
色彩、音楽、パズルや絵を描くような動作で紡がれていく物語に心惹かれました。

彼らが嬉しく幸せな時は明るい色と楽しく早いテンポの曲で進み、変わって悲しい時はモノクロに、切ない曲調で彼らの心を表すように変化していくのが凄く素敵でした。

個人的には会話の表現をパズルのピースの多さや丸み、角、等で表し、二人がすんなりと話せている時にはピースが少なく丸く、キツい言葉が続く時には角が増えていく……。言葉のやり取りをこのような形で表現しているのは本当に素晴らしいセンスだと思います。

恋をしたくなる、または恋を思い出すような作品でした。

音楽が素敵なので、サントラも沢山聞きたいと思います。

心に残る作品をありがとうございました✨

ジェーン稲荷

一言で言うなら大人向けの絵本

登場人物の心情を分かりやすく視覚で訴えてくるのは斬新でした。
結局は単なるミニゲーム集なんですけどもそこに登場人物を絡めることでミニゲーム集という枠から一歩抜け出せていて好印象。
そして単純なミニゲームだからこそストレスを感じさせずサクサクと進めます。
ストーリーの内容は賛否両論ありますが…そもそも2人が出会わなかったらそれぞれの夢を諦めてしまい生活の為に仕事に追われるだけの味気ない毎日を過して終わっていたと思います。
そうならなかっただけでもハッピーエンドな気が…。
フローレンスというタイトルである以上は主人公フローレンスの物語であって別離によって彼女の人生という舞台から退場していった人間が一切登場しなくなるのも個人的には納得出来ますね。
フィクションだからこそそのドライ感が受け入れられないのかもしれませんけども。
そういう気持ちも分からなくはないです。

Appのプライバシー

デベロッパである"Annapurna Interactive"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 使用状況データ

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

ストーリー


このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ