iPhoneスクリーンショット

説明

その日、ゴリラ達は人類に反旗を翻した。
自然や森を脅かす人類をこれ以上許すことは出来ない。
その圧倒的パワーから人類は生き残ることができるのか。

ーーーーー狩りの時間が始まる。


オンライン対応鬼ごっこゲーム。

ゲームが開始するとプレイヤーの中から一人『ヒト』が選ばれ、
『ゴリラ』は『ヒト』を捕まえることで勝利。
『ヒト』は時間終了までゴリラから逃げ切ることで勝利となります。

『ゴリラ』は群れのチームワークと、バナナを食べることで習得出来る多彩なスキルで『ヒト』を追い詰めよう。

『ヒト』は逃げることしか出来ないが、レーダーでゴリラの位置を正確に把握することが出来る。上手く裏をかいて逃げよう。逃げ切ることが出来れば大量のコインやGストーンをゲット!!

さらにステージ上に存在する『ゴリラの秘宝』を『ヒト』が全て集めると....???


人類よ、野生を解き放て

新機能

バージョン 1.1.4

縮小スキル不具合修正
巨大化スキル不具合修正
表記間違い修正
お気に入りゴリラ機能実装

評価とレビュー

4.2/5
305件の評価

305件の評価

ココ165

長いけど運営の人呼んでください!このゲームをもっと良くするために!

面白いけど…一部ゴリラが使い方によってはぶっ壊れてる,例えばゴリラックマなどが使える壁生成,普通に使う分にはまあいいのだけど人の秘宝勝利が確実に阻止できてしまうのは少しアレだと思うかな(ゴリラが秘宝に張り込んだら自由に動く奴が減るので,秘宝狙いからタイムアップ狙いに変えるなどの戦略的な立ち回りができるが,壁を置くだけで張り込まなくても済むのはキツい),あとサメなどが持っている移動速度が思ったより早くなる奴,あれ人と同じくらいの速度か下手したらそれ以上でゴリラ一体でも余裕で追いつけるのは人が辛い w。前はステージ内に置かれてるバナナの数が今より少なかったので,人が頑張って集めればゴリラのスキル解放を遅らせることが出来るなどの戦略的な立ち回りが出来たけど,今はかなりの数のバナナが置かれてるのでスキル遅らせる事がほとんど出来なくなった…しかもゴリラ(と人の無敵モード)だけが壊せる障害物で道が封鎖されてる場所も多いので人が不利かなと(実際人の勝率が明らかに下がった,アプデ前はほぼ100%勝ててたのに,アプデ後は逃げに専念してもあまり勝てなくなりましたマジで)
いろんな非対称対戦ゲーム(例えば第◯人格とかデ◯バ)やってる人から言わせてもらうと,非対称対戦ゲームは人数の少ない方のチームを少し有利なくらいにしないといけないと思うので(人数の多い方は連携を取ればいいんだし)その辺のバランスは見直した方がいいと思います!
ここまで読んでくれてたらものすごくありがたいです!長文失礼しました!

ダレカな

ゴリラ語で運営に一言

ウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッウホウホッ

デベロッパの回答

開発ゴリラ「何言ってんだこいつ...?」
★5ありがとうございます!

大地球号

深夜2時半までプレイしてしまったウホ

『ゴリラオンライン』素晴らしい。

デッドバイデイライト、第五人格で溜まった『ヒト』への恨みが浄化されました。

ゴリラ3ゴリ、ヒト1人の非対称PVPです。
4人の中から、ヒトはランダムで選ばれます!

一試合150秒=2分半。
サックサクのサクサクマッチング。

最初プレイした時、ゴリラ側🦍のゆったり動く感じになんじゃこりゃと思ってましたが、
何回かやるうちに、あ、ゴリラ側もしかして種類ごとに特殊能力ある?と理解してからめちゃくちゃやりこんで深夜までプレイしてしまいました。

非対称ゲームでよく問題になる
・マッチングの遅さ
・それに伴う一試合あたりの責任の重さ
・それに伴う煽り合い、ping打ち合い
が一切ありません。

狩るゴリラ側は、チーム戦ではあるのですがヒトを殴ったゴリラに多めに報酬がはいるので、自分が殴るための駆け引きがあったりします

ヒト側は(みんなには楽しくプレイして欲しいので方法は伏せますが)コツをつかめるとほぼ勝てたりします。

ある意味、バランス調整が今後必要かもしれないのですが、その辺含めて、

そうそう、こういうので良いんだよ。

と楽しくプレイできました。
作者様に感謝。ウホ。

情報

販売元
kosuke sato
サイズ
180.2MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. 吹き飛ばしパワーアップ ¥490
  2. 広告無効 ¥370
  3. 初回Gストーン+15 ¥610

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ