iPadスクリーンショット

説明

さっそくiPadでPhotoshopを使ってみましょう。Photoshopが含まれるメンバーシップを既にお持ちの場合は、Adobe IDでログインすればすぐにご利用いただけます。お持ちでない場合は、30日間の無料体験版をお試しください。Photoshop iPad版では、新しいクラウドテクノロジーを利用してPhotoshopデスクトップ版(macOSまたはWindows)と同じファイルを開くことができるため、どのデバイスでも作業を同期できます。

PhotoshopとAdobe Frescoを併用

ベクターブラシ、ピクセルブラシ、ライブブラシを使用できる、アドビのまったく新しい描画/ペイントアプリ、Adobe FrescoをPhotoshopと併用して、作品をレベルアップしましょう。Adobe Frescoは、PhotoshopまたはCreative Cloudコンプリートプランのメンバーシップに含まれており、追加料金なしで使用できます。PhotoshopとAdobe Frescoのドキュメントは、クラウドに自動的に同期、保存されます。

主な機能

Photoshop iPad版では、Apple Pencilやタッチ操作向けに設計されたよく使うツールを搭載しました。アドビの新しいギャラリーでは、インスピレーションあふれるヒントやテクニックを紹介しています。ライブストリーミングを使用して、クリエイティブコミュニティに向けてプロジェクトを共有して公開しましょう。毎月リリースする新機能について、アプリ内の最新情報ページでリリース予定をご確認ください。このページでは、追加を希望する機能など、Photoshopのさらなる改善に役立つご意見・ご要望もお寄せいただけます。

レタッチと合成:

画像の加工や、トーンカーブを使用した色調の調整が可能です。スポット修復ツールやコピースタンプツールを使うと、不要な要素を削除できます。Lightroomから写真を移動してPhotoshopで編集を加え、Lightroomカタログに戻すことができます。オブジェクト選択ツールや被写体を選択ツールを使用して、画像を合成する際にすばやく正確に範囲を選択できます。境界線調整ブラシツールを使用して、画像を微調整することもできます。

タッチとApple Pencilによるコントロール:

スワイプ、ピンチ、タップ、手書きなど、これまで以上に直感的な作業が可能です。Apple Pencilも使用でき、非常に高い精度で作業を進められます。

使い慣れたツール:

デスクトップ版と同様に、レイヤースタックやツールバーのツールを使用できます。UIは状況に応じてよく使うツールとパネルだけが表示されるため、常に整理された状態でカンバスに集中できます。

PSDに対応:

レタッチや合成、スポット修復、描画モードなど、使い慣れたPhotoshopの機能を使用して、iPadで制作できます。レイヤーはそのまま、解像度も同じです。デスクトップ、ラップトップ、iPadのどれで作業しても、まったく同じ品質のPSDを出力できます。

どこからでもアクセス:

デバイス間のPSD同期は簡単に維持されます。作業中のファイルは自動的にクラウドストレージに保存されるため、Photoshopさえあればどこからでもアクセスできます。新しいプリセットの同期機能により、デスクトップ版でお使いのブラシがiPad版で読み込まれるため、いつでもファイルを開いて作業の続きができます。

互換性:

iPadOS 13.1以降を搭載したあらゆるデバイスに対応しています。

ご利用になるには、年齢要件(13歳以上)を満たしており、かつ利用条件およびプライバシーポリシーに同意いただく必要があります。

https://www.adobe.com/jp/legal/terms-linkfree.html

https://www.adobe.com/jp/privacy/policy-linkfree.html

個人情報は販売不可:https://www.adobe.com/privacy/ca-rights-linkfree.html(英語)

アドビのモバイルアプリとオンラインサービスを使用するには、Creative Cloudメンバーシップ(すべてのレベルが対象)のAdobe IDの登録が必要です。国や言語によっては提供されていない場合や、予告なく変更または中止となる場合もありますのでご了承ください。アドビのオンラインサービスを利用するには、インターネット接続が必要です。

新機能

バージョン 2.0

Adobe MAX 2020カンファレンスがもうすぐバーチャルで開催されます。無料で参加できますので、オンラインで詳細をご確認ください。それでは、今月のアップデートについてご案内します。

- 画像のサイズ:クラウドドキュメントのプロパティの表示や、画像のサイズ変更が、カンバスからできるようになりました。ヘッダーバーに新しく用意されたアイコンを使って、画像のサイズ変更とリサンプリングが可能です。
- ライブストリーム:書き出しと共有メニューにあるライブストリーム機能を使ってワークフローを配信し、Photoshopコミュニティと交流することができます。ライブストリームをBehanceに配信、録音することにより、世界に公開することも可能です。
- 公開:Behanceコミュニティからライブストリームやプロジェクトを表示したり、自分の作品を公開したりすることができます。Behanceにアップロードされたプロジェクトの中から厳選された作品は、Behanceのホーム画面にある「""""見つける""""」から直接アクセスすることが可能です。
- 日本語の文字操作が改善されるよう、タイプエンジンを改良しました。
- スマートオブジェクトなどの特殊なレイヤーで非破壊編集ができるよう改良しました。
- クラウドドキュメントのパフォーマンスと安定性の改善と、アプリの一部機能の向上を目的としたバグの修正をおこないました。

MAX 2020をバーチャルでお楽しみください。皆様の安全をお祈りいたします。引き続き、皆様の制作作業にアドビ製品をご活用ください。

- Photoshopチーム

評価とレビュー

4.2/5
3,971件の評価

3,971件の評価

田中佃煮

趣味で描いている分には割と使いやすい

【追記】指描きの禁止がふつうにありました。
「スタイラスのみペイント」がペンでのみ書き込みができる設定でした。
<以下の文章は前回のレビューそのまま>

元々PC版でもあまり機能使えていないペーペーならこの少ない機能でも大丈夫かな。

現時点でこの機能は欲しいという点(知らないだけかも)
・指描きの禁止。
ペンで描いてる時に手のひらで描いちゃってて気がついたら大変な事に。
・ペン種類の追加機能
・紙の回転。(処理が重くなるようなら考えもの)
pad回せば良いけど腕が疲れる。

指描き禁止はいち早く欲しいところ。ペン使ってるためにスイスイ描くけど変な線が入るのは結構なストレス。
最優先で機能改善して欲しいところ。
個人的には結構好きなアプリ。頑張って

maxmimimaxqq

フォトプランに付いてくる

フォトショは仕事で毎日使っているので、手持ちのiPadでpsdを扱えるのはそれだけでもう大変ありがたいです。
psd形式で書き出すだけなら他のソフトでも出来ますが、それは一方通行です。フォトショで編集したデータをそのままの状態でアプリには戻せません。ソフトが違うので当たり前ですが。
これならpsdデータの行ったり来たりが可能という点で、凄くありがたいです。
会社や家で作業しているデータを出先で少し確認編集、また会社に戻って作業といった感じで行えます。

確かに制約も多く機能面ではデスクトップと同等とは今の段階では言えませんので、このアプリ単体だけで最初から最後まで作業を完結させるのは難しいと思います。

でも契約しているフォトプラン自体はフォトショップのそれ自体を使えるプランなので、デスクトップでもiPadでも今後フォトショップを使っていきたいと考えている方には要チェックなアプリであることには間違いないと思います。
既にプランに加入している人にとっては知る限りでは追加料金発生しないみたいなので無料みたいなものです。

逆にこのアプリから入られる方は、とにかくデスクトップ版のフォトショップも使うことを視野に入れることを強くお勧めします。
※というか使えるのを使わないのはもったいないです

フォトショ2020でもクラウドにpsdを投げれるようにもなりました、それをそのままこのアプリでも開けますので、明らかにサービス面でも連携させることを意識している気がします。

今後機能面でもよりツールなどが拡充されていけば使い勝手もどんどん良くなると思いますし、今からとにかく楽しみです。

個人的に次に来て欲しい機能はスマートオブジェクトかなと思います。

最後に、一発目だから最悪実装されないかもしれないと思った、フォルダにクリッピングマスク、入れてくれてほんっっとにありがたかったです。

Mr.Touch2

現状の機能では使い物にならない

Lightroomとの橋渡し連携機能が追加されたようですが、私の環境だとLightroomからフォトショへ移行しての編集はできるのですが、編集し終えたフォトショのデータをLightroomに戻そうと思っても
Lightroomに編集されたデータが移行されません。バグなのでしょうか・・?

ーーーーーー以下、前回のレビューですーーーーーー

プロのデザイン現場において、現状の機能やUIでは正直仕事では使い物にならない。
初期バージョンは機能を省いた簡易版ということだが、果たして今後フル機能が追加されるのだろうか。現状ではAffinityシリーズの方が何十倍も優れているのが現状。

【現状のいいところ】
動作が軽く、pencilに対応している点。

【今後対応してほしい内容】
ガイドが引けるようになってほしい。
テキストのカーニング、トラッキング、アウトライン、合成フォントが使用できるようになってほしい。
キーボードのショートカットキーは自分の好みにカスタマイズ出来るようにしてほしい。
アクションやヒストリー機能の搭載。
スマートオブジェクトの対応。
外部プラグインの対応。
シェイプやパスの描画の対応。
RAW編集の対応。
PC版に近いインターフェイスにしてほしい。ボタンはもっと小さく、メニューバーは必須。インターフェイスのカスタマイズなどなど。

今後の対応に期待です。

デベロッパの回答

ご意見ありがとうございます。 問題を確認するには、まずLightroomとPhotoshopの両方が先週のリリースに更新されていることを確認します。 これで問題が解決しない場合は、psmobile @ adobe.comに詳細情報を電子メールで送信してください。 ありがとうございました!/RD

情報

販売元
Adobe Inc.
サイズ
276.7MB
互換性

iOS 13.4以降。iPad対応。

言語

日本語、 ドイツ語、 フランス語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. Photoshop iPad版: 月々払い ¥1,080

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ