iPadスクリーンショット

説明

Smooth Reader は、高速性を重視した PDF リーダーです。

○最大の特長は、小さな文字を拡大したまま読める「ホームビュー機能」です。拡大したい部分をホームビューに設定すると、その範囲を画面一杯に表示します。文字を拡大したままフリックやタップ操作だけで本を読み進められます。使い方をやさしく説明した解説書が付属しています。

○二番目の特長は「立体スクロール機能」です。並んでいる本の表紙画像を遠近感が付くように立体表示し、それを自動スクロールさせることができます。あたかも本棚に沿って歩いているかのようにして本を見つけ出すことができます。

○最後の特長は、多数のファイルを効率よく整理する「棚分類タグ機能」です。ファイルに“棚分類タグ”を貼ると、本棚ではそのタグ名が付いた棚にファイルが並びます。タグは自由に追加・削除でき、1つのファイルに何枚でもタグを貼れます。たくさんのファイルを、様々な視点で分類整理できます。

新しく取り込んだファイルには「◆新着」というタグが、最近読んだ本には「◆最近読んだ本」というタグが自動的に貼られます。(スマートタグ機能)

【機能一覧】
《対応ファイル形式》
・PDF
《読書方向》
・左から右[横書用]/右から左[縦書用]/上から下
《見開き表示》
・1ページ/見開き2ページ (iPadの縦向き/横向き対応)
《ページめくり》
・フリック/タップ/タッチしたまま押さえる(連続ページめくり)
(見開き2ページ時は、1ページまたは2ページ単位でページめくり可)
《閲覧機能》
・ページサムネール機能(縮小ページ一覧機能) (ピンチイン操作で) 【要 iOS 6 以降】
・PDFに埋め込まれた目次(アウトライン、しおり)の一覧からジャンプする機能
・しおりを付けてしおり一覧からジャンプする機能
・PDFリンクからのジャンプ(ページ、URL、メールアドレス)
《ホームビュー機能》
・小さな文字を拡大して読むための機能。
(拡大したい部分をホームビューに設定すると、その範囲を画面一杯に表示したまま読み進められる。はみ出た部分は、ドラッグやフリック操作で移動して読める。拡大したままフリックやタップ操作だけで本が読める)
《ファイル選択画面》
・書庫(すべてのファイルが並ぶ画面)
・図書室(棚分類タグが付いたファイルだけが並ぶ画面)
《ファイル情報表示》
・表紙形式/リスト形式。
・ファイル名/ファイルサイズ/更新日時/総ページ数/現在ページ番号/著者名(PDFプロパティから引用)の表示。
・ファイル名順/更新日時順/閲覧日時順/登録日順/著者名順で表示。
《立体スクロール》
・表紙形式(書庫・図書室)での立体スクロール
・開始操作、静止時間、スクロール速度を設定可
《棚分類タグ》
・棚分類タグの作成、削除、名称変更、順番変更
・スマートタグ機能(「◆新着」「◆最近読んだ本」)
《図書室・表紙形式》
・表紙画像をドラッグして自由な場所へ移動可 (タグの付け替え)
・表紙画像の削除 (タグの取外し)
《ファイル管理》
・ファイル名変更/ファイル削除
《ファイルの取り込み》
・iTunes上のファイル共有機能による取り込み
・内蔵ブラウザを使った取り込み
・アプリケーション連携(Open-in)を使ったブラウザ(Safari)、メールソフト、Dropbox等のクラウドストレージアプリからの取り込み
《専用コンテンツ》
・PDFライブラリ
・電子書籍ストア
《その他の機能》
・Retinaディスプレイ対応/ヘルプ機能/
《対応言語》
・日本語/英語/中国語(簡体字)/韓国語

※スクリーンショットの中に現れている書籍はサンプルです。本アプリには含まれていません。
※本アプリに含まれる書籍は、解説書(4冊)と棚分類の使い方を示したサンプル書籍(3冊)のみです。

【Twitterアカウント】 http://www.twitter.com/Smooth_Reader

新機能

バージョン 2.5.2

対応 iOS バージョン: iOS 10以降に変更

評価とレビュー

4.0/5
1件の評価

1件の評価

PC Gyao

残念です。

GoodReaderより良いと聞いて、GoodReaderより高いお金を出して買ったのに、大失敗でした。
もう少し値段を考えるか、先ずはフリーで叩き上げるかしないと製品としては難点が有ると思うアプリでした。
多分、このアプリケーションは、つかうひとがげんていされるのだと思います。そして、その限定と言うのはかなり狭い物で、自炊する人しか対象に成らないのではないかと思うぐらいです。
理由は、大きいpdfファイルで効果を出すアプリですが、検索ができないと言う致命的な問題が有るので、大きいマニュアルや辞書にて使い物に成りません。
と言う事で、私にとっては"☆"ゼロ個のアプリです。

カノンロンド

iPadを縦横回すと便利

技術書など細かな横書きの本をiPadを横にしてホームビュー設定すると大きな文字でページの上半分、下半分、そして次のページと全てワンタッチで読めるので便利。このとき、iPadを縦にすると1頁全体が見えるので、目的のページを探したりするのにはこっちを使い、そのままiPadを横にすれば拡大表示できる。これは便利。このほかにも、見開き2頁表示のとき、ピンチアウトで拡大が見開き同時にできるようになった。美術書など見開きで絵を見て、説明はiPadを縦にすると大きな字で読める。なかなか使える。

FTP impossible

まだまだ発展途上

初期の頃に比べて随分改善されたようなので先日購入しました。
他のPDFリーダーにはない、連続ページ移動やホームビュー機能、棚分類タグなど
便利な点も多いですが、まだまだ不都合な点が多いように感じました。

●PDF埋め込みのしおりが使用できない
●横画面時に1ページ表示にするなどの設定は、個々のPDFで設定を変える必要がある。
一括で変更できる機能も欲しい。
●縦画面では文字が見づらい時に横画面を利用するのだが、
横画面1ページ表示の際、左右の幅を合わせる設定がない。
(ホームビュー機能で個々に設定すれば不可能ではないが、あまりに面倒。)
●連続ページ移動時の進む早さを調整できない(軽いPDFだとあまりに早すぎる)
●メニューを開いてページ移動する際に、サムネイルが表示されると使いやすい。
設定次第でサムネイルのキャッシュができるようになるとなおよい。
iBooksのようにページ移動にサムネイルを利用できるようになれば、
連続ページ移動と相性がよくなると思う。

情報

販売元
Personal Media Corporation
サイズ
23.4MB
カテゴリ
ブック
互換性

iOS 10.3以降。iPad対応。

言語

日本語、 簡体字中国語、 英語、 韓国語

年齢
17+
無制限のWebアクセス
Copyright
価格
¥610
App内課金有り
  1. エニアック ¥1,720
  2. 新・思考のための道具 ¥1,840
  3. システムの科学 第3版 ¥1,840

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ